誰も教えてくれない『競馬予想サイト』の作り方

競馬予想サイト 作る

巷に溢れる競馬予想サイトの9割は「悪徳競馬予想会社」です。

適当な競馬予想会社の口コミを一度調べてみてください。「当たらない」や「騙された」など悲痛な投稿が簡単に見つかります。

それもそうで、競馬予想サイトを作っている業者の大半は競馬のド素人だからです。

もし、競馬予想会社を利用して負債を負った方がいれば、その悔しさは計り知れないと思います。

自分は高額な有料情報と馬券代を買って負債を負っているのに、競馬予想サイト側には一切、ダメージがありません。

そこが競馬予想サイトを作るメリットでもあるんですけどね。

当記事では、誰にでもできる競馬予想サイトの作り方を紹介します。

競馬予想サイトを作るには「サーバー」・「ドメイン」・「ホームページ」が最低限必要です。

さらに、人気競馬予想サイトにするために絶対必要な「考え方」も紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

競馬予想サイトの作り方

競馬予想サイトの平均寿命は1年未満と言われいます。

競馬予想サイトは大きく2つに分けられます。

1つ目は「目標集金額に達成すると即刻閉鎖を前提にした競馬予想サイト」。

2つ目は「長期運営を前提とした優良競馬予想サイト」です。

現在の競馬予想サイト界隈は前者の「目標集金額に達成すると即刻閉鎖を前提にした競馬予想サイト」がほとんどです。

競馬予想サイトの平均寿命は短く、競馬予想サイトの9割は悪徳と言われているのは上記の理由だからです。

当記事を読んで頂いている方には、ぜひ、後者の「長期運営を前提としたまともな競馬予想サイト」を目指して頂きく思います。

それを前提に競馬予想サイトの作り方を紹介します。

有料サーバーをレンタルしよう

サーバーは無料でレンタルできるところもあります。

しかし無料サーバーをレンタルする際には広告が表示される場合がありますので注意が必要です。

本気で競馬予想サイトを作ろうと思っているのなら有料サーバーのレンタルは必須です。

有料サーバーをレンタルすると「動作が快適」や「独自のドメインが取得できる」などメリットがあります。

おすすめの有料サーバーは、更新料もずっと無料で独自のドメインを1つプレゼントしてくれる「エックスサーバー」です。

エックスサーバー

エックスサーバー

また、安定性を求めるのなら創業20年の「さくらのレンタルサーバー」をおすすめします。

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー

独自ドメインを取得する

まず初めに、ドメインを簡単に表すと「インターネット上の住所」です。

ドメインは必ず独自のものを取得しましょう。

理由は簡単で検索の時に上位に表示されやすくなるからです。

ドメイン名は作ろうとしている競馬予想サイト名に絡めたり、販売業者名に絡めたりするのが一般的です。

ここで注意したいのがオールドメインを使ったとしても、運営実績の捏造は絶対に行わないようにしましょう。

例えば昨日サイトをリリースしたばかりなのに、競馬予想サイトとして箔をつけようと「創業10年信頼!!」と掲載したとします。

確かにオールドメインを使用したら、このようなことは簡単にできますが、景品表示法の「誇大広告」に該当します。

最悪、2年以下の懲役もしくは3,000,000以下の罰金が課せられます。

大半の競馬予想会社はオールドドメインを使用していますが、まっとうな競馬予想会社を作ろうと思うのなら必ず、独自のドメインを取得してください。

競馬予想サイトのホームページを作ろう

競馬予想サイトのホームページを作るのなら「ワードプレス」がおすすめです。

ワードプレス

ワードプレスは基本無料で利用でき、ワードプレスはオープンソースなので無料にも関わらず広告が入りません。

競馬の予想を販売しているのに、化粧品の広告などが表示されれば、その競馬予想サイトの信頼度はガタ落ちでしょう。

そしてワードプレスを利用する最大のメリットは「SEO」に強いことです。

例えば「必勝うまうまホース」という競馬予想サイトを作ったとします。もしワードプレスを利用しかつSEO対策を行えば、「必勝うまうまホース」の氏名検索で上位表示を獲得できます。

競馬予想サイトは顔が命

競馬予想サイトを作るにあたって一番大事なことは実は運営方法や予想の精度より、競馬予想サイトの顔であるデザインでしょう。

競馬予想サイト サイトデザイン

昔は質素なデザインの競馬予想サイトでも「競馬の予想を代行してくれるサイト」という物珍しさから集客を行えましたが、今は競馬予想サイト戦国時代。

1,000を超える競馬予想サイトの中で、生き残るにはしっかりとしたサイトデザインが必須です。

人の第一印象は「9割が見た目」と心理学者アルバート・メラビアンが言っています。

彼の論文の中で人が第一印象を決める要素は3つです。

言語情報(話す内容)
聴覚情報(声)
視覚情報(見た目)

この法則は競馬予想サイトを作る上でも応用できる理論でしょう。

流石にサイトなので聴覚情報は満たせないでしょうが、「話す内容」と「見た目」はサイトデザインで表現できます。

要は「しっかりとしたサイトデザイン」で「ユーザーを納得できる予想ファクター」を表示していれば、あなたが作った競馬予想サイトを見たユーザーは「結構しっかりしてそうじゃん。ここ当たるかもしれない。」と思って登録してくれるわけです。

大手競馬予想サイトは資本が豊富にあります。

豊富な資金で優秀なウェブデザイナーを雇い、ログイン前ページやログイン後ページ、各コンテンツ、バナーなどを製作します。

しかし、当記事を読んでいる方は組織ではなく、個人で競馬予想サイトを作ろうとしていると思います。

「競馬の本質は予想だ!!見た目なんて気にしなくて良い」と思って競馬予想サイトを作ったら100%失敗するでしょう。

競馬予想サイトを作るにあたって最も資金を投入すべきところがサイトデザインであることを必ず念頭に置いてください。

もし、ご自身にサイトを作るスキルやセンスが無い場合、「ランサーズ」や「クラウドワークス」でサイトデザインを頼んでみましょう。

「競馬予想サイト 作る」で検索すると、サイト作成依頼を待っている方も結構います。

クラウドワークス

また、競馬予想サイトの作成を代行してくれる業者もありましたので紹介します。

競馬予想サイト作成代行会社

この競馬予想サイト代行業者が「優良」なのか「悪徳」なのかは調査を行っていませんので断定できませんが、このような業者があることも覚えておいてください。

提供予想は3連単高額狙いがベスト

競馬予想サイトの器を用意したとしましょう。

次に問題になるのが運営方法ですねよ。

うまく集客が行え、かつ継続参加会員がいれば、個人で競馬を行っているわけではありませんので、レースが外れても毎週定期的な収益を出せます。

集客方法は上述した通り、サイトデザインの良し悪しでほとんどが決まります。

問題は継続参加会員をどう獲得するかです。

そのために、まず最初にサイトのコンセプトを作りましょう。

競馬予想サイトのコンセプトは大きく分けて「高額配当重視」と「的中率重視」のサイトです。

大穴の予想が得意な方は「高額配当重視」の競馬予想サイトを作ることをおすすめします。

回収率

不的中が続き悪評が広まることを恐れて「単勝や複勝、馬連、3連複」など比較的的中率の良い馬券ばかりを提供している競馬予想サイトで成功したところを見たことがありません。

「競馬予想サイトを利用するユーザー」を想定すると、上記の馬券で的中をコツコツ当てるより「3連単1発100万円獲得!!」といった、「夢」を抱いている方が多いでしょう。

もし、大穴を狙って不的中に終わっても滅入ることはありません。

勿論、会員は不的中で激怒するでしょうが、継続参加で回収率に期待してほしいと付箋を貼っておくと良いでしょう。

しかし、最低限の的中率は大事ですよね。

競馬予想サイトには「短期閉鎖を目的とする悪徳競馬予想会社」と「長期運営を目的とする優良競馬予想サイト」に大別できると言いました。

当記事を読んで頂いている方は競馬素人でないことを願います。

単純に自分が競馬予想サイトを選ぶ際に的中率が低い競馬予想サイトと的中率が高い競馬予想サイトのどちらを選びますか?

勿論、的中率の良い競馬予想サイトですよね。

的中率90%とは言いませんが、的中率70%程度を掲載できる実力があれることが重要です。

まとめ

以上、競馬予想サイトの作り方を紹介しました。

もし当記事を読んでいるあなたが「他社より秀でた予想ファクター」を持っているのなら、ぜひ競馬予想サイトを作ることをおすすめします。

競馬予想サイトは最低限「サーバー」・「ドメイン」・「ホームページ」があれば作れます。

しかし人気競馬予想サイトにするには、ちょっとしたコツが必要なことも覚えておきましょう。

もちろん、競馬予想サイトは商品を販売するわけですからリスクが伴います。リスクの覚悟と資本があれば誰にでも競馬予想サイトを作成できます。

もし当記事が競馬予想サイトを作りたいと思っている方のお役に立てれば幸いです。