競馬ワイドの最強の買い方とボックスと流しの違いをご紹介 

投稿日: 最終更新日:
競馬 ワイド 買い方

競馬のワイドの買い方を知りたい方はいませんか?

当記事ではボックスや流しを含めたワイドの買い方をご紹介します。

ぜひご参考ください。

競馬のワイドとは

競馬のワイドとは

競馬のワイド(正式名称:拡大馬番号二連勝複式)とは3着まで入る馬2頭の馬番号を当てる馬券です。

1着・2着・3着の着順は関係なく2頭が1着から3着の間に入っていれば的中となりますので、競馬初心者の方でも比較的当てやすい馬券です。

例えば、1番・2番・3番の馬を選んだ場合、1着-2着、1着-3着、2着-3着で的中です。

ただし、3着が同着の場合(3着-3着)は不的中となりますので、注意しましょう。

ワイドのメリット

ワイドは人気順で組むと配当が100円代と当たっても面白くないものの、不人気馬を入れると配当が跳ね上がります。

「この馬人気ないけど来る!」と確信した穴馬がいれば、人気馬2頭に穴馬1頭を絡めたワイドを買うとリスクを押さえながら高配当を狙えます。

また、ワイドは3頭を予想して3頭とも3着以内に入れば「1着-2着、1着-3着、2着-3着」とトリプル的中となります。

ワイドは当たっても配当が低い反面、トリプル的中など面白い馬券です。

ワイドのデメリット

ワイドのデメリットは3連単や馬単など着順通りに当てる馬券に対して配当が低いことです。

例えば3連単なら100円で数万円から数百万円の配当がつきますがワイドではほぼありませんので、ワイドで稼ぐなら1点の掛け金を100円以上で賭ける必要があります。

1点で大きく稼ぎたいならワイドはおすすめできません。

また、ワイドはオッズ幅があり、プラス収支になるように賭けてもマイナス収支になることもあります。

的中した時にいくらの配当になるのかわからないのがワイドのデメリットです。

競馬のワイドの買い方

ワイドのメリットとデメリットについてご紹介しました。

次に3頭以上馬を選ぶ場合、買い方は「ボックス」と「流し」に分けれます。

ワイドボックス

ボックスとは複数選択した馬番の組み合わせを全て購入する買い方です。

例えば、1番2番3番の馬をワイドボックスで勝った場合、「1-2」、「1-3」、「2-3」と3点となります。

ボックスで買えば点数が多くなり当たりやすくなるものの、その分トリガミのリスクも高くなります。

一方でワイドボックスはトリプル的中も狙えます。

前述の例で1番2番3番馬が1番1着、2番2着、3着3番と3頭とも3着以内に入れると、ワイドは着順が問われませんので3つとも的中(トリプル的中)となります。

ワイド流し

流しとは軸になる馬番を1頭選択して、相手馬を複数選択してその組み合わせを購入する方法です。

軸が3着以内に入らなければ不的中となりますので、ボックスと比較すると的中率は下がるものの、点数が低くなるため配当より馬券代が上回る「トリガミ」の確率も低くなります。

1番を軸に2番・3番を流すと買い目は「1-2」・「1-3」の2点となり、ダブル的中を狙えます。

最強のワイドの買い方は軸2頭ヒモ3頭以内の「流し」

当サイトとしてのワイドのおすすめの買い方は軸2頭ヒモ3頭以内の「流し」です。

予想印だと「◎〇-◎〇△△△」となります。

・軸馬に人気馬
・ヒモに穴馬を1頭必ず入れる

これで軸馬が全て外れる確立が低くなり、穴馬も入っていますので回収率も高くなります。

流しについてもっと知りたい方は競馬の流し10の買い方と超効果的なレースの選び方をご確認ください。

まとめ

競馬のワイドの買い方についてご紹介しました。

ワイドの買い方は「ボックス」と「流し」がありますが、当サイトとしては軸2頭ヒモ3頭以内の「流し」をおすすめします。

このワイドの買い方だ軸馬が全て外れる確率が低くなり、穴馬も入るので配当面でも美味しい購入方法です。

ワイドの買い方でお悩みの方はぜひご参考ください。

競馬予想サイト おすすめランキング