日経新聞は競馬情報の宝庫!その競馬予想の特徴について徹底解説

投稿日:
日経 競馬 予想

日経新聞とは「日本経済新聞」の略称です。経済についてより深く知ることができる新聞として、経済に関心のある大学生・専門学校生などの学生・ビジネスマンに人気があります。

そんな日経新聞ですが、実は競馬欄があることはあまり知られていません。

この記事では、日本経済新聞(日経)の概要から競馬との関係、予想の特徴から競馬予想に関することを紹介していきます。

日経新聞は競馬と深い関連性があ

日経新聞とは正式名称を「日本経済新聞」といい、東京と大阪に本社があります。前身となる「中外物価新報」が創刊したのは1876年で、140年以上の長きにわたって日本経済全体を報じてきた伝統ある全国紙です。

その名前の通り、株価に関する報道やその他経済・産業関係記事が充実しています。その他、政治や社会に関する記事も定評がありますが、スポーツや芸能関係にはやや弱いようです。

ただし、競馬に関しては別で、他の全国紙にはない「競馬欄」が存在します。その充実度は競馬雑誌も圧倒するほどで、予想も含めて充実した報道がされています。

先にも書いたように、日経新聞は競馬欄が存在します。競馬に関する報道・記事は他の全国紙・スポーツ紙を圧倒しているのが特徴です。

以下では、日経新聞と競馬の関連性について解説していきます。

系列のラジオ局で競馬中継を行っている

系列のラジオ局で競馬中継を行っている

日経新聞は、競馬界とのつながりが大きい新聞です。その理由としてあげられるのが、中央競馬の実況です。

競馬場内のレース実況は、ラジオでは日経系列のラジオNIKKEI(日経ラジオ社)が担当しています。タイトルは「中央競馬実況中継~EAST~」です。

同番組は「日本短波放送」と呼ばれていた1956年に中継が開始され、中央競馬が行われる土曜・日曜を中心に放送されています。

「EAST」という名前の通り、東日本(※)で開催されるレースを全レース生中継しています。

※東京・中山・福島・新潟・函館・札幌

その他、「競馬が好きだ!」や「競馬LIVEへGO!」など、競馬関連番組も多数放送されているので、競馬好きにはたまらない放送局といえるでしょう。

協賛レースも多数開催している

協賛レースも多数開催している

また、日経新聞関連の協賛レースも多数開催されています。

重賞レースでいえば1月の日経新春杯(G2)、日経賞(G2、天皇賞のステップレース)、ラジオNIKKEI賞(G3)。重賞以外では、札幌日経オープンや小倉日経オープンなどが有名です。

このように、スポンサーとしての関係を長年継続しているという強みがあります。

日経新聞のサイトには無料で読めるコラムが充実

日経新聞では本誌の競馬欄も充実していますが、それと同じくらい充実しているのが公式サイトの競馬記事です。

特に注目すべきコラムは、以下に紹介する3つ。

レーシングワールド

レーシングワールド

「レーシングワールド」は、日経で有名な競馬記者の野元賢一氏と関根慶太郎氏がレースを振り返るコラムです。

レース結果を詳しく分析しているので、その次に出走するレースの参考になるでしょう。

その他、世界の競馬にも触れられているので、世界競馬の予想にも役立ちます。

スペシャル

スペシャル

「スペシャル」では、G1レースの展望や有力馬を紹介しています。

有力馬については、新馬戦でのコメントや上がり3ハロンのタイムなど、有力馬に関する知らない情報を紹介するコラムなので、G1シーズンは「スペシャル」に注目すると予想に大きく役立つ情報が得られるかもしれません。

競馬実況アナ日記

競馬実況アナ日記

「競馬実況アナ日記」は、その名前の通りラジオNIKKEIのアナウンサーがレースや競馬場に関する知識や各種イベント情報などを紹介しています。

また、中央競馬だけでなく地方競馬に関する情報も書かれており、競馬好きにはたまらないコラムといえるでしょう。

競馬担当記者がおり、予想精度も高い

競馬担当記者がおり、予想精度も高い

日経新聞は「競馬欄」というコーナーを設けているだけあり、専門雑誌も顔負けの詳しい情報が掲載されている新聞でもあります。

それだけ競馬に力を入れているので、競馬番記者の予想も精度が高いことで有名です。

日経新聞で行われる競馬予想印

競馬の予想といえば、競馬予想印ですね。日経の競馬予想でも当然使われていますが、他の競馬新聞などと意味合いが少し異なるものも。

以下では、日経の競馬予想で使われる予想印の意味やその特徴について解説していきます。

日経の競馬予想で使われる印とその意味

日経の競馬予想で使われる印とその意味

日経新聞の競馬予想で使われる印は全部で5種類。

「◎」「○」「×」「△」「注」です。

「◎」は本命です。レースでもっとも勝つ可能性が高い馬につけられます。
「○」対抗。本命に対抗できる力があり、2番目に高い評価の馬につけられます。
「×」は単穴で、1着になる可能性があると思われる3番手評価の馬につけられる印です。
「△」は複穴です。1着までには至らないものの、連下(2着)までであれば入る可能性のある馬につけられます。
「注」というのは、上記4つの印がついた馬以外で注目される馬につけられる印です。

一般的には、「×」は大穴なので、ここには注意してください。

日経競馬予想の精度は高い!予想の特徴と理由、注目記者

日経新聞の競馬予想は、精度が高いことで知られています。実際、競馬新聞より日経新聞を片手に予想する人も多くいるほどです。

そんな日経新聞の特徴はどのようなものなのか、その理由、注目記者について解説していきます。

本命を中心にした手堅い予想

本命を中心にした手堅い予想

日経新聞の競馬予想は、穴狙いなどの奇をてらった予想はありません。

本命・対抗を中心に組み立てる、王道ともいえる手堅い予想がその特徴です。

客観的に競走馬の能力・コースの相性・血統などを見て予想を行い、大きく勝つというよりはコツコツと積み上げていき、的中率で勝負する予想といえます。

東西の専門記者が集めた情報を徹底分析

東西の専門記者が集めた情報を徹底分析

日経新聞には競馬欄があるくらいなので、競馬には力を入れている新聞です。

東運動部には東西でそれぞれ競馬を専門とする記者を配置しており、その記者たちが競馬関係者やトレーニングセンターで聞き込みを行って情報を集め、その情報を徹底分析し、予想に活用しています。

有名な競馬専門記者を2人紹介

日経新聞には、競馬界でもレベルの高い予想を行うことで知られる記者が2人います。彼らの予想を参考にして、見事的中させる人も多くいるほどです。

以下では、その2人を紹介します。

高い的中率を誇る野元賢一

高い的中率を誇る野元賢一

まず、最初に紹介する日経の競馬記者が野本賢一さんです。野本氏は、客観的に競走馬の能力を見た上で本命を中心とした手堅い予想を出します。

的中率は抜群に高く、2016年5月1日に東京競馬場で行われた12レースのうち11レースで、本命・対抗にあげた馬が1着に入るという離れ業があったほどです。

日経新聞の競馬欄を読むときは真っ先に野本氏の予想を確認してみてください。

初心者がお手本にすべき関根慶太郎

初心者がお手本にすべき関根慶太郎

次に紹介する日経の競馬記者は、関根慶太郎さんです。関根氏の予想の特徴は堅実な予想。当日の馬場傾向やコースとの相性・血統などさまざまな要素を見た上で、本命中心の予想を行っています。

また、ラジオNIKKEI第2のレギュラー解説者でもあり、競馬に関する防府な知識を活かした初心者にわかりやすい解説を行っている記者です。

競馬欄をチェックするときは、先にあげた野本氏と関根氏の予想に注目してみるといいでしょう。

まとめ

この記事では、日経新聞の競馬予想について紹介しました。日経新聞は他紙にはない「競馬欄」があり、競馬に関する記事が充実しているのが特徴です。

また、的中率の高い記者がおり、彼らのコラムも無料で読めるので、予想する際はぜひ参考にしてみてください。

競馬予想サイト おすすめランキング