競馬の指数は種類によってわかる能力が違う!4種類別判断方法

更新日:
競馬 能力 指数
競馬予想ノウハウ

競馬予想で指数を使っている方はいませんか?

競馬の指数を簡単に説明すると「出走馬の能力を数値化」したものです。

競馬の指数一つとっても「スピード指数」・「ペース指数」・「上がり指数」・「先行指数」などあり、指数によってわかる能力が異なります。

各指数の見方もご紹介しますので、ぜひご確認ください。

毎日王冠
3サイトで無料提供!

競馬の能力がわかる4つの指数

競馬 指数 能力

競馬の指数とは「出走馬の能力を数値化したもの」です。

何をもとに出走馬の能力を数値化するかによって指数が変わります。

代表的な競馬指数は以下の4つです。

・走破タイムを数値化した「スピード指数」
・レースのペースを数値化した「ペース指数」
・上がり3ハロンを数値化した「上がり指数」
・出走馬の平均評価を数値化した「先行指数」

上記4つの中で一番有名な指数は1975年にアメリカの競馬評論家「アンドリュー・ベイヤー」が提唱した「スピード指数」です。

日本でスピード指数と呼ばれるのは競馬評論家「西田和彦」による「西田式スピード指数」が主です。

現在、競馬の能力指数は個人でも作れるようになり、信憑性の低いものも混じっていますので、信用できる能力指数を見わけるためには根拠や実績を見て判断する必要があります。

走破タイムを数値化した「スピード指数」

スピード指数は全ての競争馬が同じ「馬場状態」・「コース」・「負担重量」で走ったと仮定し、そのタイムを比較するための数値です。

レースのペースを数値化した「ペース指数」

ペース指数とはスピード指数と上がり3ハロン(ゴール前の600m)に分割計算し、上り3ハロン前後でどれだけスピードが変化したのか数値化したものです。

指数が低いとスローペース、数値が高いとハイペースだったことを表します。

基本的に短距離ほどペースが速くなり、長距離ほどペースが遅くなります。

上がり3ハロンを数値化した「上がり指数」

上がり指数とはスピード指数を前半ペースと上がり3ハロン(ゴール直前600m)に分割して計算し上がり3ハロン部分の指数のことです。

指数が低ければ勝負どころで上がりのペースが落ち、高ければ上がりのペースが良かったことを表します。

出走馬の平均評価を数値化した「先行指数」

先行指数とは距離・クラス別に標準値が設定されたペース指数の標準値と比較して数値化したものです。

先行指数が高ければ逃げ馬や先行馬だったことを表します。逆に低ければ集団の中段以降に位置することが多くなります。

競馬の4種類の指数を使い分けて能力を判断する方法

競馬の指数を使って各出走馬の能力判断する方法をご紹介します。

・スピード指数
・ペース指数
・上がり指数
・先行指数

参考元:西田スピード指数
URL:http://www.rightniks.ne.jp/index.php?action=external&filename=include/spguide.html&pain=2

スピード指数の判断方法

スピード指数は指数が高いほど馬の能力が高いことを表しますので、とても簡単に判断できます。

G1、G2などクラス別標準指数と見比べて該当する指数の高い馬を選ぶと良いです。

クラス別標準指数
G1 95~
G2 85~90
G3 85~90
オープン 80~85
1600万 80~85
1000万 70~80
500万 60~70
未勝利  ~50

ペース指数の判断方法

ペース指数は基本的に短い距離ほどペースが速く、長い距離ほどペースが遅くなります。

下のクラス別ペース指数より数値が低いとスローペースとなりスピード指数が低く表わされていることもあります。

ペース指数48未満がハイペース、48から56が平均ペース、56以上がハイペースと判断しましょう。

クラス別ペース指数
G1 0 5
G2 -5 5
G3 -5 5
オープン -10 0
1600万 -10 0
1000万 -15 -5
500万 -20 -10
未勝利 -30 -20

上がり指数の判断方法

上がり指数は前半のペースに左右された結果の数値なのでペース指数とセットで比較して使います。

クラス別上がり指数
G1 18
G2 15
G3 15
オープン 13
1600万 10
1000万 8
500万 6
未勝利 4

ペースの遅いレースでスピード指数が低くてもクラス別上がり指数を示していれば標準的な能力があると判断しましょう。

先行指数の判断方法

先行指数はG1、G2などクラス別で標準値が変わります。

クラス別先行指数
G1 15~20
G2 10~15
G3 10~15
オープン 10~15
1600万 5~10
1000万 0~5
500万 -5~0
未勝利 -10~-5

先行指数が高い馬は逃げ馬だったり先行馬だったりします。逆に先行指数が低い馬は集団の中段以降に位置する傾向にあります。

無料で登録!無料で稼げる!おすすめ競馬予想サイト3選

taiko 「どの競馬予想サイトを選べば良いか分からない…。」

そんな人に総合力がある優良競馬予想サイト3つおすすめいたします!

どのサイトも総合的にみて実力のあるサイトなので、どれを選んでも外れなし!

競馬with 174万8780円的中!
おもいで競馬 117万8760円的中!
ウマくる 128万3760円的中!

登録はもちろん無料!無料予想も充実!

ここで悩むくらいなら登録すべき3サイトです!!

おすすめ①:競馬with

競馬予想サイト 競馬with

競馬予想サイト「競馬with」のおすすめポイント

競馬withは初心者でも当たる・勝てる予想を提供!!

新しいサイトながら精査した専属馬券師50名以上を抱え、厳選した予想のみを提供している!

無料で利用できるコンテンツも多く、初心者が初めて使う競馬予想サイトとして超優良なサイトといえます!

初回料金 24,800円
初回平均獲得額 557,200円
平均回収率 4520%
平均的中率 87%
初心者でまずは稼ぎたい!当てたい!」を求めているという方は競馬withのご利用をオススメします。

おすすめ②:おもいで競馬

おもいで競馬 競馬予想サイト

競馬予想サイト「おもいで競馬」のおすすめポイントと詳細

おもいで競馬は365日毎日、予想が貰えるので自身のペースに合わせて楽しむことができます!

お手軽に利用できるというメリットがありながら、おもいで競馬の検証段階では的中率100%!100万円越えの配当を獲得!という結果を叩き出しまた。

お手軽に毎日、高配当・高的中を狙いたいユーザーにピッタリな競馬予想サイトです!

初回料金 9,800円
初回平均獲得額 50,000円
平均回収率 510%
平均的中率 73%
365日稼げるチャンスが欲しい」方はおもいで競馬がオススメです。

おすすめ③:ウマくる

ウマくる

競馬予想サイト「ウマくる」のおすすめポイント

ウマくるの特筆すべきは「無料情報のバランス感」「有料情報の安定感」です!

無料情報に関しては、ワイドという馬券の特徴を上手に使い、ある程度のオッズを狙いつつ的中を出しているところが非常に評価できます。

無料情報に定評があるサイトではありますが、安定感のある有料情報も楽しめるので、ぜひおすすめします!

券種 3連単
予算 4,800円
平均回収率 2660%
平均的中率 90%
「無料情報のバランス感」「有料情報の安定感」」を求めているという方はウマくるのご利用をオススメします。

まとめ

競馬の指数といっても

・スピード指数
・ペース指数
・上がり指数
・先行指数

など指数によってわかる競馬能力が異なります。

当記事では西田式競馬指数をもとに各指数でわかる能力と判断方法をご紹介しました。

ぜひご参考ください。

競馬予想ノウハウ