WIN5の払い戻しは全自動でOK!払い戻しの仕組みと計算方法を紹介

更新日:
win5

WIN5って最高6億円でしょ?払い戻しってどうなるの?
WIN5って同意やって払戻金が決まるの?」

JRAの発売する馬券でもっとも破壊力のある馬券WIN5。

的中すれば大きな払い戻しを受け取ることになりますが、どうやって受け取ればいいのか?気になるところです

この記事ではWIN5配当の受け取り方法や、WIN5の配当金の計算方法、さらにどの程度の配当が期待できるかなどに関してまとめていきます。

一撃必殺の破壊力を秘めたWIN5。

まだ的中したことがないという方も、払い戻しの方法や計算方法を事前に知っておきましょう


>>競馬予想サイトランキング

WIN5の払い戻しは自動入金

WIN5の購入は、インターネット投票か、JRA-UMACAを利用しての投票ということになります。

投票自体はこの2つの方法でいいとして、では払い戻しはどうなるでしょう?

基本的には他の馬券の的中払い戻しと同じ手順となるため、WIN5だからといって特別な操作は必要ありません

また、特別な操作をしなくても、自動的に登録している銀行口座に振り込まれますので、特に出金方法を覚えておく必要もないといえばありません。

どうしてもすぐに現金が欲しい場合は、手動で出金指示を出すこともできますので、そのあたりを中心に、WIN5ならびにそのほかの馬券の払戻金を出金する方法をまとめておきましょう

即PATの場合

JRAのインターネット投票を利用する場合、まずは登録している銀行口座から、JRAの投票用の口座に現金を移す(入金)の作業が必要になります。

この入金したお金と、払い戻しを受けた配当金は同じJRAの投票用の口座に一旦は入金され、このJRA口座から、登録している銀行口座に移される(出金)と、投票者が自由に使える現金になります

即PATの場合、「節」ごとに自動精算が行われますので、この自動精算をまてば、勝手に自分の銀行口座に払戻金は振り込まれます。

「節」とは、一般的には毎週土日の2日間をひとまとめにした単位

3日間開催などの場合は、3日目終了時点でその節は終了となります。

つまり、土曜日に入金した金額や払い戻しを受けた金額も、そのまま放置しておけば、日曜日のレース終了後に登録銀行口座に振り込まれるということです。

ちなみに自動出金のタイミングは以下の通りになります。

登録している銀行口座 出金されるタイミング
PayPay銀行 節終了当日の24時までに
楽天
住信SBIネット銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
auじぶん銀行
三井住友銀行 節終了翌日の午前中
三菱UFJ銀行 節終了後の翌営業日の午前中
ゆうちょ銀行 節終了翌日の9:30までに

少々分かりにくい書き方をしましたが、通常の土日開催と想定した場合は以下の通りになります。

  • ・節終了当日の24時までに → 日曜の夜のうちに
  • ・節終了翌日の午前中 → 月曜日の午前中
  • ・節終了後の翌営業日の午前中 → 月曜日の午前中※月曜日が祝日の場合、火曜日以降の銀行営業日の午前中
  • ・節終了翌日の9:30までに → 月曜日の9:30までに

ここまでが自動的に払戻金が自分の銀行口座に戻ってくるタイミングです。

このほかにも、手動で出金指示(JRAの口座から自分の口座に振り込む指示)を出すこともでき、この手動出金はレース開催中でも好きなタイミングで指示を出すことができます

A-PATの場合

A-PATを利用している場合、即PATとは違い、手動での出金指示ができません

A-PATで使用する銀行口座は、JRA投票専用の口座であり、通常開催前日の夜から、節終了翌日の昼まで口座ロックがかかります

口座がロックされている間は入出金ができませんので、払戻金も受け取れないということになります。

口座がロックされる時間は、登録している銀行により多少の違いがありますので確認しておきましょう。

銀行 口座ロック開始 口座ロック解除
みずほ銀行 金曜日の深夜24時 月曜日の正午
三菱UFJ銀行
りそな銀行
三井住友銀行
金曜日の21時 月曜日の正午
東邦銀行 金曜日のATM営業時間終了後 月曜日の正午
第四北陸銀行
広島銀行
福岡銀行
北洋銀行
金曜日のATM営業時間終了後 月曜日の
銀行営業時間終了時

これは一般的なカレンダーで、土日開催が行われた場合のロック開始タイミングと、ロック解除のタイミングです。

つまり、A-PATの払い戻しを受けられるのは、月曜日の午後以降ということになります。

JRAダイレクトの場合

登録したクレジットカードから馬券が購入できるJRAダイレクトも、手動での出金指示はできずに、定められたタイミングで払い戻しを受けることになります。

払戻金は、クレジットカードの利用代金が引き落とされる銀行口座にに自動的に振り込まれる形となり、そのタイミングは以下の通りとなっています。

銀行 振り込みタイミング
三菱UFJ銀行 月曜日中
三井住友銀行
みずほ銀行 月曜日午前中
PayPay銀行
ゆうちょ銀行 火曜日中
その他の金融機関 月曜日中

月曜日が祝日等でJRAの開催が行われる場合、原則払戻金の振り込み日は1日遅れることになります。

ただし、三井住友銀行は、月曜開催があっても月曜日中に払戻金が振り込まれます。

過去の最高払戻金と最低払戻金

WIN5の払戻金の受け取り方法は上記の通り。

では、その肝心のWIN5はどの程度の配当が期待できるのかを確認しておきましょう。

まずは、過去最高の払戻金と最低の払戻金を確認しておきましょう。

※2022年4月現在 過去最高 過去最低
払戻金額 554,446,060円 6,050円
発生日 2021年3月14日 2018年10月8日
勝ち馬人気 4→4→10→8→3番人気 1→1→2→2→1番人気

最低・最高の金額はご覧の通り。

これだけではWIN5の全容は見えてきませんので、2021年に行われたWIN5の結果からいろいろと統計を取ってみましょう

2021年のWIN5結果統計

2021年に発売されたWIN5は全55回。

この55回におけるデータを確認します。まずは払戻金に関するデータです。

平均配当 41,505,864円
最低配当 159,750円
最高配当 554,446,060円
1億円以上 5回(約9.1%)
1,000万円以上1億円未満 13回(約23.6%)
100万円以上1,000万円未満 21回(約38.2%)
10万円以上100万円未満 16回(約29.1%)

過去最高配当が出たこともあり、平均配当は4,000万円超えとかなり高い数字になっています。

しかし、配当のボリュームゾーンを確認すると1/3以上が100万円台、1,000万円未満が67%以上を占めていますので、イメージとしては100万円台前半が配当の中心となりそうです。

とはいえ最低配当でも15万円超えですので、的中させるのはかなり難易度が高い馬券ということが再確認できます。

続いて勝ち馬の人気面について確認しておきましょう。

WIN5対象レースは全部で275レース。この275レースの結果をまとめます。

人気 勝利数 占有率
1番人気 69勝 25.1%
2番人気 54勝 19.6%
3番人気 33勝 12.0%
4番人気 34勝 12.4%
5番人気 25勝 9.1%
6番人気 14勝 5.1%
7番人気 13勝 4.7%
8番人気以下 33勝 12.0%

1番人気の占有率が約1/4ですから、1度のWIN5で1回以上1番人気が勝っている計算になります。

4番人気以内で全体の70%近くになりますので、まずはこの4番人気以内をしっかりと見極める作業が重要といえそうです。

8番人気以下は全部合わせて12%ほど。

大穴馬の激走はそこまで多くなく、また大穴馬を無理に指名しなくとも大きな配当は狙えると考えることもできるでしょう。

WIN5の予想はまず人気サイドを重視し適宜穴馬を狙う、そして買い目は少々多くなっても当たればプラスになる可能性が高いという結論になります。

そのほかWIN5を買う際のコツなどは、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

WIN5の払戻金計算方法とキャリーオーバー

配当金が非常に魅力的なWIN5ですが、このWIN5はどのように払戻金が計算されているのかを確認しておきましょう。

WIN5は総売り上げを的中者で山分けする馬券です。

分かりやすく例を挙げると、WIN5の売り上げが全部で1億円の売り上げがあったとします。

この時的中者が1人(的中した口数が1口)だった場合、払戻金は1億円となります。

的中者が2人(2口)なら各5,000万円、1万人(1万口)であれば各1万円の払い戻しということになります。

とはいえこれは単純計算した数字。

実際に払い戻される金額には「控除率」が掛けられます

この控除率について解説しておきましょう。

控除率は30%

控除率とは、分かりやすくいってしまえばJRAの取り分です。

競馬開催に必要な経費、レースの賞金、従業員の給与、宣伝広告費などなど。

JRAも営利企業ですので、自らの儲けなくして馬券の販売はできません。

そのJRAの取り分は控除率として公表されており、馬券の種類によってそれぞれ定められています

WIN5の控除率は30%

JRAの馬券の中で最も控除率が高い(JRAの取り分が多い馬券になっています。

上の例でいうと、実際にWIN5が1億円売れた場合、的中者が1人(1口)の場合は、控除率を差し引いて7,000万円の払い戻しということになります。

キャリーオーバー発生時はチャンス

穴

この控除率を踏まえて考えると、チャンスが大きいのは「キャリーオーバー発生時」となります

過去JRAで発売されたWIN5は全部で588回(2022年4月11日現在)。

この588回のうち的中ナシ、つまりキャリーオーバーが発生したのはわずか7回と約1.1%とさほど多くはありません。

だからこそ、次にキャリーオーバーが発生したときは、チャンスを逃さず参加しましょう

キャリーオーバー発生時がなぜチャンスかといえば、単純に控除率が下がるからです。

仮に1億円の売り上げがあったWIN5で的中者が現れず、次回にキャリーオーバーをなったとします。

次の週も1億円の売り上げがあると、払い戻しに当てられる金額は、キャリーオーバー分の7,000万円と、新規に売れた分から控除率を除いた7,000万円で、合計1億4000万円となります。

1億円の掛金で1億4000万円が払い戻されるという現象が発生するわけです。

実際はキャリーオーバーが発生すると、翌週は売り上げが伸びますので、ここまで顕著になることはないとは思いますが、キャリーオーバー分はすでに控除率差し引き済みの金額ですので、新たに控除率は差し引かれません

単純に払い戻しに期待できる金額が跳ね上がりますので、普段よりもしっかりと軍資金を用意し、当てに行きましょう。

後藤孝雄!太鼓判!競馬予想サイト厳選3選

太鼓判

最後に当サイト専属監修の後藤孝雄氏が激推しするおすすめ3サイトを紹介していきます!

それぞれのサイトにそれぞれの特性が自分のスタイルに合わせて選べます!

ぜひ、今後の競馬予想サイト選びの参考にしてみてはいかがでしょうか!

>>競馬予想サイトランキング

おすすめ①:競馬with

競馬予想サイト 競馬with

競馬予想サイト「競馬with」のおすすめポイント

競馬競馬withは無料情報で的中!有料情報で高配当!を出す、優秀なサイトです!

競馬玄人だけではなく、初心者にも競馬の魅力が伝わるように無料コンテンツも充実しているので、ハードルが低くなっています。

かといって手を抜いておらず専属の馬券師も多数抱えているので、手抜きな予想は一切提供していません!

初回料金 24,800円
初回平均獲得額 557,200円
平均回収率 4520%
平均的中率 87%
とりあえず的中を狙いたい」という方は競馬withのご利用をオススメします。

おすすめ②:ウマくる

ウマくる

競馬予想サイト「ウマくる」のおすすめポイント

ウマくるの特筆すべきは「無料情報のバランス感」「有料情報の安定感」です!

無料情報に関しては、ワイドという馬券の特徴を上手に使い、ある程度のオッズを狙いつつ的中を出しているところが非常に評価できます。

無料情報に定評があるサイトではありますが、安定感のある有料情報も楽しめるので、ぜひおすすめします!

券種 3連単
予算 4,800円
平均回収率 2660%
平均的中率 90%
「無料情報のバランス感」「有料情報の安定感」」を求めているという方はウマくるのご利用をオススメします。

おすすめ③:令和ケイバ

令和ケイバ 競馬予想サイト

競馬予想サイト「令和ケイバ」のおすすめポイントと詳細

令和ケイバの特筆すべきは「南関競馬の無料情報」「有料情報の回収率」です!

高配当をウリにしている競馬予想サイトは他にもありますが、令和ケイバは「数十万円の配当が高い確率で当たる」競馬予想サイトです。

中央&地方で高配当を狙いたいユーザーにピッタリな競馬予想サイトです!

初回料金 9,800円
初回平均獲得額 50,000円
平均回収率 510%
平均的中率 73%
500円の馬券代で毎日地方競馬で稼ぎたい」方は令和ケイバがオススメです。

まとめ

競馬新聞

WIN5の払い戻しといっても、通常の馬券の払い戻しと同じです。

即PAT利用者は、手動での出金が可能ですが、A-PAT、JRAダイレクトを利用している方は、規定通りの日に登録口座に振り込まれますので、それまで待つ必要があります。

ちなみにJRA-UMACAで購入した場合は、入出金機での出金が可能。

ただしJRAサイトにも1度の出金の上限金額が記載されていませんので。高額の出金ができるかどうかは不明です。

2021年に発売された55回のWIN5では、最低でも15万円を超える払い戻しになっています。

しっかりと過去のデータを参照し、的中を目指しましょう。

特にキャリーオーバーが発生しているときは、大きなチャンスということは覚えておきましょう。

win5