地方競馬の重賞格付けは摩訶不思議!?重賞予想3つポイントを徹底解説

更新日:
地方競馬 重賞 格付け
地方競馬予想

地方競馬って重賞が多い気がする
どの重賞がどの程度のレベルか分からない

普段地方競馬の馬券を買わない方にとって、地方競馬の重賞に関してイメージしにくい部分があるかもしれません。

地方競馬場ではそれぞれ重賞格付けを行っており、それぞれの競馬場で重賞が開催されています

この記事では何より「重賞とは何ぞや?」という基本的な疑問から、重賞の表記にいろいろな種類がある理由、さらに重賞日程や予想のポイントを紹介していきます。

これから地方競馬を楽しもうという方は、重賞のような大きなレースから入るのがおすすめの方法。

そんな地方競馬の重賞格付けに関して、基本から知っておきましょう。

毎日王冠
3サイトで無料提供!

>>よく当たる地方競馬予想サイトおすすめBEST6!

競馬の重賞格付けに関して

日本ダービーイメージ

競馬における「重賞」とは、その競馬場(競馬主催団体)が定めるもので、もっとも格付けの高いレースになります。

格付けが高いのと同時に賞金総額も高く、レース自体にスポンサーがつくケースも少なくありません。

また、重賞とひとくくりにしても、重賞を定める団体により表記も変わりますし、その内容も変わります

まずは、日本国内にある重賞の種類に関して説明していきましょう。

重賞の格付けを行う3つの組織

3

日本国内で重賞競走の格付けを行っている団体は3つ。まずはこの3つの団体に関して簡単に説明しておきましょう。

【JRA】JRAで行われる重賞を格付け

JRA001
JRAで行われる重賞は基本的にJRAが格付けを行っています。また、JRAが格付けしている重賞はすべて「国際競走」に認定されており、国際開放されています。

【日本グレード格付け管理委員会】ダートグレードレースを格付け

JBCクラシックイメージ
地方競馬場で行われる、JRA所属馬も出走できる重賞競走を「ダートグレード競走」と呼びます。

このダートグレード競走の格付けを行っているのが「日本グレード格付け管理員会」となります。

【地方競馬場】地方重賞の格付けを行う

黒潮盃イメージ
各地方競馬場で行われる「ダートグレード競走」以外の重賞は、それぞれの競馬場(もしくは競馬組合)が格付けを行っています

そのため競馬場(競馬組合)ごとに重賞の表記も異なります。

また、他地方競馬場(競馬組合)にそのレースを開放するかどうかも各地方競馬場が決定することになります。

ちなみにJRAとそれ以外の2つの組織の大きな違いは、「ICSCのパートⅠ国に指定されているかどうか」です。

ICSCとは「国際セリ名簿基準委員会」の略称で、このICSCが、競馬開催を行っている国のランクを決定しています。

最高ランクのパートⅠ国に格付けされると、その組織が定める重賞はすべて国際競走に認定され、国際開放を義務付けられます

つまりJRAの重賞はすべて国際競走であり、ICSCのパートⅠ国に認定されていない他2団体の定める競走は、基本的に国際開放されていないということになります。

日本国内の重賞格付け一覧

帝王賞イメージ

では、それぞれの団体が定める重賞の表記やその内容を簡単に表にまとめておきましょう

地方競馬の重賞格付けに関しては、さらに細かく説明する必要がありますので、後に詳しく解説していきます。

一般的な呼称 認定団体 表記 特徴
国際重賞
JRA重賞
JRA GⅠ・GⅡ・GⅢ ・すべて国際競走
・1レースを除きJRAが施行
障害重賞 JRA JGⅠ・JGⅡ・JGⅢ ・障害競走のみ
・国際開放されていない
統一重賞
ダートグレード競走
日本グレード
格付け管理委員会
JpnⅠ・JpnⅡ・JpnⅢ ・1レースを除き国際開放されていない
・地方競馬場開催
・JRA&地方所属馬すべてが出走可能
地方重賞 各地方競馬場 SⅠやHⅠなど
詳細は後述
・国際開放されていない
・出走条件はレースごとに異なる

重賞はその中でも格付けがあり、主に「Ⅰ~Ⅲ」で表記されます

ローマ数字が小さいほど格付けやレースレベルが高く、さらに賞金も高い傾向にあります。

上で紹介したICSCがランク付けを行うのは平地レースのみ。障害競走は対象外であり(正確には障害レースを開催している国はパートⅣ国でまとめられており、ランク付けは行われていない)、障害重賞に関しては国際開放などが義務付けられていません。

そのため障害重賞は特別な表記になっています。

ダートグレード競走について

ダートグレードレースイメージ

この記事では地方競馬場で開催される重賞の格付けを紹介する記事ですので、JRAの重賞はおいておき、ダートグレード競走と地方重賞に関して詳しく解説していきます

まずはダートグレード競走に関して紹介していきましょう。

ダートグレード競走の特徴

2022川崎記念出馬表

★ダートグレード競走の特徴

  • JRA所属馬も出走できる
  • 地方重賞よりも賞金が高額であるケースが多い
  • JRAや他地方競馬場の出走枠はレースによって異なる

ダートグレード競走とは、日本全国の地方競馬場で行われる重賞競走。

基本的にはJRAおよびすべての地方競馬場所属馬が出走可能なレースであり、各競馬場においては注目度の高いレースとなります。

出走馬のレベルが高くなり、さらに賞金が高いことから、地方競馬所属馬はもちろんJRA所属馬にとっても目標となるレースとなります。

とはいえ、一般的にJRAの競馬場ほど広くない地方競馬場では、1レースに出走できる頭数に限界があります。そのためレースにできる出走枠に関しては、レースごとに定められています

2022年ダートグレード競走日程

南部杯イメージ

2022年に地方競馬場で行われるダートグレード競走を紹介しておきましょう。

日程 レース名 グレード 開催競馬場 距離・条件 出走枠
1月26日 農林水産大臣賞典
TCK女王盃
JpnⅢ 大井競馬場 4歳以上 牝馬
1800m
南関東 8頭
他地区 3頭
JRA馬 5頭
2月2日 農林水産大臣賞典
川崎記念
JpnⅠ 川崎競馬場 4歳以上
2100m
地方所属馬 8頭
(うち他地区3頭以下)
JRA馬 6頭
2月8日 農林水産大臣賞典
佐賀記念
JpnⅢ 佐賀競馬場 4歳以上
2000m
佐賀所属 4頭
他地区 3頭
JRA馬 5頭
3月2日 農林水産大臣賞典
エンプレス杯
JpnⅡ 川崎競馬場 4歳以上 牝馬
2100m
地方所属馬 9頭
(うち他地区3頭以下)
JRA馬 5頭
3月10日 中日新聞杯
名古屋大賞典
JpnⅢ 名古屋競馬場 4歳以上
1900m
東海所属 4頭
他地区 3頭
JRA馬 5頭
3月16日 農林水産大臣賞典
黒船賞
JpnⅢ 高知競馬場 4歳以上
1400m
地方所属馬 7頭
(うち高知所属3頭以下)
JRA馬 5頭
3月23日 農林水産大臣賞典
ダイオライト記念
JpnⅡ 船橋競馬場 4歳以上
2400m
南関東 7頭
他地区 3頭
JRA馬 4頭
4月13日 サッポロビール盃
マリーンカップ
JpnⅢ 船橋競馬場 3歳以上 牝馬
1600m
南関東 7頭
他地区 3頭
JRA馬 4頭
4月20日 東京スプリント JpnⅢ 大井競馬場 4歳以上
1200m
南関東 8頭
他地区 3頭
JRA馬 5頭
5月3日 農林水産大臣賞典
かきつばた記念
JpnⅢ 名古屋競馬場 4歳以上 ハンデ
1500m
東海所属 4頭
他地区 3頭
JRA馬 5頭
5月4日 農林水産大臣賞典
兵庫チャンピオンシップ
JpnⅡ 園田競馬場 3歳
1870m
地方所属 7頭
JRA馬 5頭
5月5日 農林水産大臣賞典
かしわ記念
JpnⅠ 船橋競馬場 4歳以上
1600m
地方所属 8頭
JRA馬 6頭
6月1日 農林水産大臣賞典
さきたま杯
JpnⅡ 浦和競馬場 4歳以上
1400m
南関東 6頭
他地区 2頭以下
JRA馬 4頭
6月2日 農林水産大臣賞典
日刊スポーツ賞
北海道スプリントカップ
JpnⅢ 門別競馬場 3歳以上
1200m
ホッカイドウ所属 8頭
他地区 4頭
JRA馬 4頭
6月15日 農林水産大臣賞典
関東オークス
JpnⅡ 川崎競馬場 3歳 牝馬
2100m
地方所属馬 10頭
(うち他地区4頭以下)
JRA馬 4頭
6月29日 農林水産大臣賞典
帝王賞
JpnⅠ 大井競馬場 4歳以上
2000m
地方所属馬 9頭
JRA馬 7頭
7月6日 ホクトベガメモリアル
スパーキングレディーカップ
JpnⅢ 川崎競馬場 3歳以上 牝馬
1600m
地方所属馬 10頭
(うち他地区4頭以下)
JRA馬 4頭
7月13日 農林水産大臣賞典
ジャパンダートダービー
JpnⅠ 大井競馬場 3歳
2000m
地方所属馬 9頭
JRA馬 7頭
7月18日 農林水産大臣賞典
メイセイオペラ記念
マーキュリーカップ
JpnⅢ 盛岡競馬場 3歳以上
2000m
岩手所属 4頭
他地区 5頭
JRA馬 5頭
8月11日 JBC協会賞
農林水産大臣賞典
スポーツニッポン杯
ブリーダーズゴールドカップ
JpnⅢ 門別競馬場 3歳以上 牝馬
2000m
ホッカイドウ所属 7頭
他地区 4頭
JRA馬 5頭
8月16日 農林水産大臣賞典
クラスターカップ
JpnⅢ 盛岡競馬場 3歳以上
1200m
岩手所属 4頭
他地区 5頭
JRA馬 5頭
8月25日 農林水産大臣賞典
サマーチャンピオン
JpnⅢ 佐賀競馬場 3歳以上
1400m
地方所属馬 7頭
JRA馬 5頭
9月21日 テレ玉杯
オーバルスプリント
JpnⅢ 浦和競馬場 3歳以上
1400m
南関東 5頭
他地区 3頭
JRA馬 4頭
9月28日 Road to JBC
日本テレビ盃
JpnⅡ 船橋競馬場 3歳以上
1800m
南関東 7頭
他地区 3頭
JRA馬 4頭
10月4日 農林水産大臣賞典
白山大賞典
JpnⅢ 金沢競馬場 3歳以上
2100m
南関東 3頭
他地区 4頭
JRA馬 5頭
10月5日 農林水産大臣賞典
Road to JBC
東京盃
JpnⅡ 大井競馬場 3歳以上
1200m
 
10月6日 農林水産大臣賞典
レディスプレリュード
JpnⅡ 大井競馬場 3歳以上 牝馬
1800m
 
10月10日 農林水産大臣賞典
Road to JBC
マイルチャンピオンシップ南部杯
JpnⅠ 盛岡競馬場 3歳以上
1600m
地方所属馬 9頭
JRA馬 7頭
10月20日 農林水産大臣賞典
報知新聞社杯
エーデルワイス賞
JpnⅢ 門別競馬場 2歳 牝馬
1200m
ホッカイドウ所属 8頭
他地区 4頭
JRA馬 4頭
11月3日 農林水産大臣賞典
JBCクラシック
JpnⅠ 盛岡競馬場※1 3歳以上
2000m
地方所属馬 出走馬の概ね2/3
JRA馬 出走馬の概ね1/3
農林水産大臣賞典
JBCスプリント
JpnⅠ 盛岡競馬場※1 3歳以上
1200m
地方所属馬 出走馬の概ね2/3
JRA馬 出走馬の概ね1/3
農林水産大臣賞典
JBCレディスクラシック
JpnⅠ 盛岡競馬場※1 3歳以上 牝馬
1800m
地方所属馬 出走馬の概ね2/3
JRA馬 出走馬の概ね1/3
農林水産大臣賞典
JBC2歳優駿
JpnⅢ 門別競馬場 2歳
1800m
 
11月23日 農林水産大臣賞典
浦和記念
JpnⅡ 浦和競馬場 3歳以上
2000m
地方所属馬 7頭
JRA馬 5頭
11月24日 農林水産大臣賞典
兵庫ジュニアグランプリ
JpnⅡ 園田競馬場 2歳
1400m
地方所属馬 7頭
JRA馬 5頭
11月30日 デイリー盃
クイーン賞
JpnⅢ 船橋競馬場 3歳以上 牝馬
1800m
南関東 7頭
他地区 3頭
JRA馬 4頭
12月8日 農林水産大臣賞典
名古屋グランプリ
JpnⅡ 名古屋競馬場 3歳以上
2100m
東海所属 3頭
他地区 4頭以下
JRA馬 5頭以下
12月14日 農林水産大臣賞典
全日本2歳優駿
JpnⅠ 川崎競馬場 2歳
1600m
地方所属馬 9頭
(うち他地区6頭以下)
JRA馬 5頭
12月21日 農林水産大臣賞典
兵庫ゴールドトロフィー
JpnⅢ 園田競馬場 3歳以上
1400m
兵庫所属 4頭
他地区 4頭
JRA馬 4頭
12月29日 農林水産大臣賞典
国際交流
東京大賞典
GⅠ 大井競馬場 3歳以上
2000m
地方所属馬 9頭
JRA馬 7頭

※1…JBC3レースの開催は毎年持ち回りで決定。2022年は盛岡、2023年は大井開催。「JBC2歳優駿」のみ門別競馬場で固定開催。

ご覧の通り、毎月日本全国どこかの競馬場でダートグレード競走が行われています

ダートグレード競走の開催がない競馬場は、ばんえい競馬専用コースの帯広競馬場以外では水沢競馬場、笠松競馬場、姫路競馬場の3か所。他11競馬場で毎年必ず開催があります。

このダートグレード競走の中で、唯一国際格付けを持つのが「東京大賞典(GⅠ)」。また国際競走として、世界中の馬に門戸を開放しているのが、東京大賞典と「全日本2歳優駿(JpnⅠ)」になります。

全日本2歳優駿は国際開放はしているものの、国際重賞としての格付けはなく、「国際リステッドレース」に格付けされています。

各地方競馬の重賞表記

大井競馬場HP008

ダートグレード競走とは別に、各地方競馬場(もしくは競馬組合)が設定している重賞についても解説していきましょう。

まずは、各競馬場の重賞表記に関してまとめていきます。

競馬組合 所属競馬場 重賞表記
ばんえい十勝 帯広競馬場 BGⅠ・BGⅡ・BGⅢ
ホッカイドウ競馬 門別競馬場 HⅠ・HⅡ・HⅢ
岩手競馬 水沢競馬場
盛岡競馬場
MⅠ・MⅡ・MⅢ
金沢競馬 金沢競馬場 重賞
南関東競馬 大井競馬場
川崎競馬場
船橋競馬場
浦和競馬場
SⅠ・SⅡ・SⅢ
東海競馬 名古屋競馬場
笠松競馬場
SPⅠ・SPⅡ
兵庫競馬 園田競馬場
姫路競馬場
重賞Ⅰ・重賞Ⅱ
高知競馬 高知競馬 重賞
佐賀競馬 佐賀競馬場 重賞

金沢競馬場や高知競馬場、佐賀競馬場は重賞レースにも特別な表記はなく、単に「重賞」と表記されます。

そのほかの競馬組合の表記は上記の通り。主に地名や組合名の頭文字が採用されるケースが中心です。

地方競馬の重賞レースで「SⅠ」という表記があれば、それは南関東の重賞であり、ほかの競馬組合では開催されないということになります。

ちなみに各重賞表記の意味合いは以下の通りです。

 

  • 帯広競馬場【BG】 → 「ばんえい・グレード」の頭文字
  • ホッカイドウ競馬【H】 → 「ホッカイドウ」の頭文字
  • 岩手競馬【M】 → 「盛岡」と「水沢」の頭文字が共通してMのため
  • 南関東競馬【S】 → 「南」の英単語「South」の頭文字
  • 東海競馬【SP】 → 「スーパー・プレステージ」の頭文字

地方競馬重賞を予想する際の3つのポイント

予想印

JRAの重賞競走は予想したことがあるものの、地方競馬重賞の予想はしたことがないという方も多いかと思います。

地方競馬は全国各地にあり、それぞれの競馬場で独自に開催を行っているため、競馬場ごとの比較も難しいところ。

そこで、地方競馬の重賞レースを予想する際に、覚えておきたいポイントを3つ紹介していきましょう。

各競馬場ごとのレベル差を確認

大井競馬場HP001

地方競馬場の重賞で、何が難しいかといえば、他地区の競馬場所属馬との力量比較が難しいという点でしょう。

ダートグレード競走や、地方重賞の中でも地方交流重賞に指定されているレースでは、いろいろな競馬場所属馬が参戦するため、予想が難解になります。

そこで、非常に大まかな分け方ですが、各地区ごとの実力差を確認しておきましょう。

★地区別レベル差(3歳以上・4歳以上)

  • 最上位……JRA
  • 上位……南関東
  • 中堅……東海・兵庫
  • 下位……ホッカイドウ・岩手・金沢・高知・佐賀

上記のレベル差は何かのデータに基づいたものではありません。あくまでの筆者のイメージによるレベル分けですので、参考程度に見ておいてください。

まず最上位にJRAが来るのは間違いないでしょう。単純にJRAのレースは賞金が高いのが理由です。

地方競馬とJRAで、同じ新馬戦に出ても賞金は大きく違います。ちなみに地方競馬の中ではレース賞金が高い南関東競馬とJRAで賞金を比較してみましょう。

着順 本賞金
JRA 南関東
1着 700万円 240万円
2着 280万円 96万円
3着 180万円 60万円
4着 110万円 36万円
5着 70万円 24万円

ご覧の通り、JRAの賞金は南関東のおよそ3倍。馬主としても、JRAでも勝ち負けできる可能性がある馬であれば、地方ではなくJRAでデビューさせるでしょう。

結果、JRAのレベルが最も高くなります。

では、地方競馬の地域によるレベル差も簡単に解説しておきましょう。

この場合も馬主の気持ちになって考えると分かりやすいでしょう。

もしあなたが地方競馬の馬主となり、愛馬がデビューするとしたらどう思うでしょう?

できれば現地で観戦し、愛馬を応援したくなるでしょう。これは現実の馬主も同じです。

仕事をしながら愛馬の応援に行くとなると、普段暮らしている地域でデビューしてもらうのがベスト。つまり、馬主になるような方が多く住んでいる地域ほど多くの馬が入厩し、必然的にレースのレベルが高くなることになります。

この理屈で考えるとやはり東京・横浜を含む南関東がもっとも有力馬が多く集まる地域と考えられます。これに続くのが大阪・神戸から近い兵庫競馬、そして名古屋を含む東海競馬です。

つまり地方部よりも都会部にある競馬場の方が、総じて馬のレベルが高い、レースのレベルが高いということになります。

とはいえ、これはあくまでも筆者のイメージによるおおまかな分類。

かつては岩手競馬からメイセイオペラトウケイニセイトーホウエンペラーなどの名馬が誕生したように、下位に位置付けた競馬場からも伝説クラスの馬は誕生しますので、覚えておきましょう。

ちなみにこの地区別レベル差、2歳戦になると少々事情が変わります。

★地区別レベル差(2歳戦)

  • 最上位……JRA
  • 上位……ホッカイドウ・南関東
  • 中堅……東海・兵庫
  • 下位……岩手・金沢・佐賀
  • 最下位……高知

2歳戦を予想する場合は何より門別競馬場所属の馬に注目しましょう。

そのレベルは場合によっては南関東を超え、JRAに近づくレベルとなります。

ホッカイドウ競馬の2歳戦のレベルの高さは、2歳戦のスタート時期に理由があります。

JRAを始め、多くの地方競馬場では、例年6月頃から2歳新馬戦がスタートします。

しかしホッカイドウ競馬は、年度の初めとなる4月から2歳戦が始まります

馬産の中心地である北海道にある競馬場ということで、どの競馬場よりも多くの2歳馬が入厩するのがホッカイドウ競馬。他地区より早くから新馬戦をスタートしないと、せっかくの2歳馬も走るレースが足りなくなるので、新馬戦開始が早くなっています。

馬主の中にはほかの競馬場に入れる予定の馬を、一旦門別競馬場に預け、4月からの2歳戦に参戦させる馬主もいます。早くから多くのレースを経験するホッカイドウ競馬の2歳馬は、必然的にレベルが上がるわけです。

多くの2歳馬が集まり、早くから多くのレースが組まれる門別競馬場は、特に2歳戦で注目すべき競馬場と覚えておきましょう。

ちなみに高知競馬場を最下位としたのは、高知競馬場は他競馬場からの移籍馬が多く、2歳馬の絶対数が少ないのが理由。

ライバルが少なければ馬のレベルもレースレベルも上がりません。

前後の日程から出走馬のレベルを判断

DGR予定表

もうひとつ、地方重賞の予想で注目したいのが前後の日程です。

地方競馬所属馬は、自身が所属する競馬場の重賞以外に、ダートグレード競走、他地区の交流重賞など、出走するレースの選択肢が多くあります

そのため、今このレースに出てきたのは、このレースが大目標だったのか、それとも先にある大目標のための調整期間か、または目標のレース出走後にまだ気力・体力があったから出走してきたのかを考える必要があります。

JRAの重賞の場合、前後のレースもJRAのレースのみを見ておけばいいので分かりやすいのですが、地方競馬は選択肢が多いため、十分に注意して考える必要があります

もちろん勝負がかりの馬を中心に考えるのがおすすめです。

ネット投票サイトなどで多くの情報を収集

オッズパーク001

これらの情報など、地方競馬の情報は簡単に集めにくいのもポイントです。

JRAの情報であれば多くのスポーツ新聞や、情報サイトから情報収集が可能ですが、地方競馬の場合はそう簡単ではありません。

スポーツ新聞を見ても情報掲載量は少ないですし、情報サイトも十分なサイトは多くないのが現状です。

そんな中でおすすめなのが、楽天競馬オッズパークといったネット投票サイトです。

ネット投票サイトでは、より多くの顧客を獲得するために、レース情報を充実させています。特に楽天競馬、オッズパークは予想に必要な情報も多いのでおすすめのサイトとなります。

★競馬ネット購入の詳しい詳細★

実際のレースを予想する
【2022年クラスターカップJpnⅢ】

クラスターカップ出馬表

この記事を書いているのは2022年8月15日。

そこで、この翌日2022年8月16日に盛岡競馬場で行われる「農林水産大臣賞典クラスターカップ~JpnⅢ~」を予想してみましょう。

このレースの出走馬は、JRA5頭+岩手所属4頭+東海所属5頭の14頭

所属地域別の実力差を考えると、JRA馬が中心で、東海所属を押さえるかどうかというところ。岩手所属馬は予想に加えても1頭といったところでしょう。

14頭立てですので印は6頭でまとめます。

【本命◎】1枠1番 ダンシングプリンス(JRA)

ダンシングプリンス
出走する5頭のJRA馬で、JRA重賞勝ちの実績があるのはこの馬とジャスティンの2頭

ジャスティンのJRA重賞勝ちは1年半以上前のもので、それ以降の戦績から大きくは狙いにくいところ。必然的にこちらが本命となります。

【対抗〇】8枠14番リュウノユキナ(JRA)

リュウノユキナ
対抗は昨年のこのレース勝ち馬リュウノユキナ。昨年12月から2か月おきに順調に使われ安定した成績を残しています。

大外枠に若干不安はありますが、コース実績があるのも心強いところ。逃げ馬に厳しいペースになれば逆転も十分にあります。

【単穴▲】7枠11番ジャスティン(JRA)

本来なら単穴にはリメイクを推したかったところですが、レース当日に出走除外となりましたので、繰り上げでジャスティンを3番手評価にします。

近走の成績を見ても休み明けのここがメイチ勝負には見えず、狙いは恐らく先にあるダートグレード競走

ここでそれなりの結果が出るようであれば、9月のさき玉杯、10月の東京盃あたりで狙ってみたい馬です。

【連穴△】5枠8番マイネルヘルツアス(名古屋)

マイネルヘルツアス
東海所属馬5頭は、今津厩舎3頭伊藤厩舎2頭。おそらく勝負がかりの馬は双方の厩舎から1頭ずつで、残る3頭は帯同馬と考えていいでしょう。

その中で狙うのはマイネルヘルツアス東海競馬の条件戦でも勝ちきれないように見えますが、そもそも勝ち鞍は1400m以下に集中。ここ2年はマイル前後を中心に走り結果が出ていませんでした。

それがここ数戦はようやく結果が出るように地力がついてきた模様。陣営も無理を承知でかしわ記念(JpnⅠ)に挑戦させるなど、期待の大きさがうかがえます。

【連穴△】8枠13番オーロラテソーロ(JRA)

オーロラテソーロ

近2走はJRAのOP特別で2着、1着と安定した成績を残しているオーロラテソーロ。現状の勢いを考えればもっと重い印でもいいのですが、一つ気がかりな点が。

これまでの成績を振り返ると、阪神や東京、中京、新潟といった直線の長いコースに良績が集中しています。

盛岡競馬場は地方競馬場としては最大級のサイズも、そこまで直線が長いというわけではありません。

脚質的にも競合馬が多く、評価は押さえまでとしました。

【連穴△】5枠7番ルチルクォーツ(岩手)

ルチルクォーツ

少々無謀な狙いもどうしても無印にできないのが岩手所属のルチルクォーツ

近走ようやく盛岡のオープンクラスでも戦えるようになっており、陣営としてはそろそろ重賞勝ちも狙っていきたいところ。

勝負レースは9月のヴィーナススプリント(MⅢ)あたりかと思いますが、そのためにもここはしっかり仕上げているはず。3着狙いなら面白い存在に見えます。

無料で地方競馬予想が貰えるおすすめサイトTOP3

地方

皆さんは地方競馬予想をどこでゲットしていますか?

自分で予想するのも競馬予想の醍醐味ではありますが…競馬のプロの予想を参考にしてみるのも一つの攻略方法と言えるのではないでしょうか!!

今回は地方競馬を予想する上で参考になる優良予想サイトを3つ選抜いたしました!

どのサイトもそれぞれの特性があり、自身の地方競馬予想におけるスタイルに合わせて選べるよう振るいにかけました!

3つ共に登録は無料&予想無料とお試しでも遊べます!

おもいで競馬 117万8760円的中!
競馬with 174万8780円的中!
令和ケイバ 103万2150円的中!

地方競馬NO.1:「おもいで競馬」

おもいで競馬 競馬予想サイト

競馬予想サイト「おもいで競馬」のおすすめポイントと詳細

おもいで競馬は365日毎日、予想が貰えるので自身のペースに合わせて楽しむことができます!

お手軽に利用できるというメリットがありながら、おもいで競馬の検証段階では的中率100%!100万円越えの配当を獲得!という結果を叩き出しまた。

お手軽に毎日、高配当・高的中を狙いたいユーザーにピッタリな競馬予想サイトです!

今すぐ無料予想ゲット
初回料金 9,800円
初回平均獲得額 50,000円
平均回収率 510%
平均的中率 73%
365日稼げるチャンスが欲しい」方はおもいで競馬がオススメです。
今すぐ無料予想ゲット

地方競馬NO.2:「競馬with」

競馬予想サイト 競馬with

競馬withは初心者でも当たる・勝てる予想を提供!!

新しいサイトながら精査した専属馬券師50名以上を抱え、厳選した予想のみを提供している!

無料で利用できるコンテンツも多く、初心者が初めて使う競馬予想サイトとして超優良なサイトといえます!

今すぐ無料予想ゲット
初回料金 24,800円
初回平均獲得額 557,200円
平均回収率 4520%
平均的中率 87%
初心者でまずは稼ぎたい!当てたい!」を求めているという方は競馬withのご利用をオススメします。
今すぐ無料予想ゲット

地方競馬NO.3:「令和ケイバ」

令和ケイバ

令和ケイバの特筆すべきは「南関競馬の無料情報」「有料情報の回収率」です!

高配当をウリにしている競馬予想サイトは他にもありますが、令和ケイバは「数十万円の配当が高い確率で当たる」競馬予想サイトです。

中央&地方で高配当を狙いたいユーザーにピッタリな競馬予想サイトです!

今すぐ無料予想ゲット
初回料金 9,800円
初回平均獲得額 50,000円
平均回収率 510%
平均的中率 73%

500円の馬券代で毎日地方競馬で稼ぎたい」方は令和ケイバがオススメです。

今すぐ無料予想ゲット

まとめ

東海菊花賞03

地方競馬にはダートグレード競走と地方重賞があり、これらのレースを各競馬場が開催しているため、毎日のように重賞が開催されているように感じられるものです。

地方競馬を予想した経験があまりない方は、こうした重賞レースから予想するのがおすすめ

重賞に出るような馬は実績もあり、予想をするにもいろいろな情報があるため、楽しめるはずです。

地方競馬を予想するポイントは3つ。地域ごとのレベルを知り、前後の番組から本気度を推測、そして細かな情報を投票サイトなどで集めることです。

まずはJRA馬も出るような大きなレースから始め、徐々に地方重賞など、地方馬のみのレースを予想してみるといいでしょう。

⇊よく当たる地方競馬予想サイトおすすめBEST6⇊

この記事の監修者

後藤孝男

後藤孝男(ごとう・たかお)

大学卒業後、東京タイムズ社に入社。中央競馬担当記者となり全国の競馬場を初め美浦、栗東トレセンなどへ赴き、取材に、予想にと活躍。同紙休刊後は、実績を買われて競馬専門紙「馬三郎」に創刊メンバーとして参画、一昨年からは美浦トレセン北馬場時計班として毎週、サラブレッド達の調教に目を凝らす。

監修者プロフィールを見る
地方競馬予想