競馬予想サイト「競馬をやって何が悪い 敗因分析」は激安の情報を販売する個人ブログ!

競馬をやって何が悪い
サイト名:競馬をやって何が悪い
URL:https://yosouhaiin.com/
運営業者:記載無し
電話番号:記載無し
メール:記載無し
責任者:記載無し
料金体系:600円

競馬予想サイト「競馬をやって何が悪い 敗因分析」は激安の情報を販売する個人ブログ!平均評価:★★☆☆☆口コミ数:22

51

競馬をやって何が悪いの評判は?

今回調査した競馬予想サイト競馬をやって何が悪いの結論からお話すると、個人で運営するブログにしては使えそうなブログといえるでしょう。

口コミには「難しい」「何を言いたいのか分からない」といった内容がありましたが、良い口コミには「参考になる」「良いブログ」と書き込まれていました。

では、いったいどちらの内容が真実なのか見ていきましょう。

競馬をやって何が悪いは有料情報もある個人ブログ

競馬をやって何が悪いは個人ブログ

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いは個人で運営している競馬予想ブログです。

ブログと聞くと、無料の情報だけで精度が低いのでは?と思うかもしれませんが、無料情報以外にもラップとレース映像をリンクさせて敗因分析から次回のレース予想の記事の販売も行っています。

また、掲載されているコラムなどはほぼ毎日更新されているので、非常に活用できそうです。

では、競馬予想サイト競馬をやって何が悪いにはどのような評判があるのか口コミを見ていきましょう。

競馬をやって何が悪いの悪い口コミはどうなのか?

競馬をやって何が悪いの悪い口コミ

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いの悪い口コミをいくつかピックアップして紹介します。

「このサイトの見方が正直わからない・・ブログなのか?」

「予想ブログは良いんだけど、会員登録がめんどくさい」

「コラムが難しすぎて何を言いたいのか分からない」

「お金を払ってるんだから買い目を提供してくれ!!」

悪い口コミを見ると、「内容が難しい」「買い目が提供されない」といった内容が見られました。

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いの調査を進めていくと、確かに「内容が難しい」と感じる部分がありました。

しかし、それは専門用語を使っているからであって、決して適当な事を言っているわけではありませんでした。

専門用語が分からない競馬初心者であれば「何を言っているのか分からない」となってしまうかもしれませんが、競馬玄人であればきちんと理解する事もできる内容なので有益な情報を提供している競馬予想ブログと言えるでしょう。

競馬をやって何が悪いの良い口コミはどうなのか?

競馬をやって何が悪いの良い口コミ

次は競馬予想サイト競馬をやって何が悪いの悪い口コミについてピックアップして紹介します。

「予想ブログのいい所は、ある程度は会員登録無しでも無料で見れる所だよな。
大抵は人気出たら有料メルマガ会員とか募集しちゃうけどね。」

「まぁ良いか悪いかというと良い部類だと思う」

「予想に関しては、軸もわかるし情報ツール程度に良い」

「内容はしっかりしていて、細かく馬の情報を載せているからGOOD」

このように、すごい良いという口コミは存在しないが、それなりに良い結果は書かれていました。

この部分で気になった部分をまとめていきます。

競馬をやって何が悪いの良い口コミは本当?

上記の良い口コミを見て、事実なのか確認をしたいと思います。

内容に関しては、本物だと思います。

この競馬予想ブログは、硬いサイトと違って安易の参加できるようですので、馬の情報などもある事から事実でしょう。

また、情報ツールのように使った方が良いという口コミに関して、まさしくその通りだと思いますので、信憑性のある内容だと思います。

競馬をやって何が悪いのメリット

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いには信憑性のある口コミが多数見られました。

では、競馬予想サイト競馬をやって何が悪いを利用するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

無料で見れるというブログならではの内容もありますが、細かい内容について見ていきましょう。

無料で見れるコンテンツ

競馬をやって何が悪い 無料コンテンツ

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いで提供されている情報には無料のものと有料のものに分かれています。

その中でも、各重賞馬の出走予定や騎手想定、重賞回顧録は無料で閲覧する事ができます。

騎手想定では、対象となるレースの出走予定馬から「ファンディーナ」や「マイネルミラノ」などのように1頭ピックアップし、鞍上する騎手の戦績をタイムをもとに騎手の想定が掲載されています。

また、日本ダービーや札幌記念の重賞回顧録は各出走馬にスポットを当てタイムをもとに回顧が掲載されています。

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いではブログ以外にもYoutubeでも解説動画をアップしているようです。

https://www.youtube.com/watch?v=QthR4Hr_5AM

アップされている動画は大まかなレース展開になっていますが、動画で説明してくれているので聞き流したりする事もできるので、非常に利便性がありますね。

長い運営実績

競馬をやって何が悪い 長い運営実績

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いがいつから運営を始めていたのか調べていくと、元々はgooブログで2009年6月10日から「競馬予想から初心者にも優しい切り口で楽しくて時々は勝てる、そんなブログ」という無料競馬予想ブログを運営していたようです。

そして、2011年8月にライブドアブログに移行してから、現在の予想メソッド「敗因分析方法」を確率し2015年には月間145万アクセス、ライブドア競馬カテゴリーランキングで上半期2位を獲得した有名な競馬予想ブログのようですね。

2018年2月に「競馬をやって何が悪い。~予想は敗因分析から~」から「敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。」にブログタイトルを変更、ドメインを独自に取得し有料サーバーを使用することで本格的な競馬予想ブログとなっていったようですね。

過去の歴史を見ていくと、個人で運営する競馬予想ブログにしてはとても長い経歴を持っているので、かなり真剣に運営している事が伺えますね。

また、ブログは長く運営すれば必ずアクセスが増えるという訳ではないので、それなりのアクセスを持っているのであれば、利用者も多くいると考えられます。

有料予想は印付きで解説している

このサイトは、無料で公開している部分もありますが、ほとんどが有料に書かれているようです。

有料の予想は、肝心な予想コラムはレースの展開と各出走馬の見解が記され、予想印「◎〇△×」と3連複と3連単の推奨買い目が公開されているものの、3番手である単穴馬印「▲」の公開は有料メルマガ限定となっています。

要するに肝心な部分は有料コースに行って下さいねという魂胆なのでしょう。

競馬をやって何が悪い 予想印

予想コラムの有料メルマガは一部600円で対象レースを含む4週分の読み切りマガジンです。

有料マガジンには予定馬の展望から追い切り、予想、回顧まで掲載されているようですが、単穴の予想印を閲覧するために600円払う価値があるかの判断は難しいですね。

料金体系は、競馬をやって何が悪いの予想のバックナンバーは100円で販売されており、直近の実績を無料で確認することはできませんのでご注意ください。

個人的には金額も安いので、高額な競馬予想サイトに登録を考えている方は、検討しても良いかと思います。

競馬をやって何が悪いのデメリット

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いの調査を進めていくと、利用する際に発生するデメリットがいくつか見られました。

書かれているコラムが難しかったり、バックナンバーの購入にお金がかかったりと、いくつかデメリットがあったので紹介します。

敗因分析は玄人向け

競馬予想サイト競馬をやって何が悪いにはブログのサブタイトルにもなっている「敗因分析」というコラムがあります。

調査時(2019年7月17日)現在、確認したところ最後に投稿されているのは2018年10月28日と約9カ月近く新されていませんでした。

ブログのサブタイトルにもなっているコンテンツが更新されていないのは、あまり良い印象を受けませんね。

また、この「敗因分析」の内容は非常に難しく、素人の方には理解するのが難しく感じます。

競馬をやって何が悪い 敗因分析

例えば、敗因分析では

「1番人気に指示されながらも10着と沈んだスワーヴリチャードの敗因を分析していく。」

といった小見出しから、前半・中半・後半のタイムをもとに敗因が考察されています。

競馬をやって何が悪い 敗因分析

敗因の原因を事細かに書いているので、競馬初心者というよりかは競馬玄人向けのコンテンツになっていますね。

「L3の直線序盤で前が最速ラップ」などと、競馬初心者では全くわからない用語が飛び交っているので、用語を知らない方にはおすすめできません。

しかし、競馬に詳しく用語も分かるという方には自走の予想の参考として使える大変有益な情報ともいえます。

この「敗因分析」は完全無料で閲覧できるコラムになっているので、レース前にチェックするのも良いかもしれませんね。

大きい競馬サイトから報酬をもらう

競馬をやって何が悪い 広告

ブロク系ではよくある光景ですが、広告収入のための画像掲載が多いです。

競馬をやって何が悪いは数百円で予想を販売していますが、主な運営収入は有料競馬予想サイトの広告です。

アクセスが多い分、アフィリエイトで稼ぐ事が基本になっているようですね。

各記事の文末は競馬予想会社へのリンクとなっています。

下記の会社との関係性は解りませんが、広告料の契約があるのでしょうか。

競馬をやって何が悪いは、広告収入で運営していることを説明し、明確に紹介されていましたので引用します。

wordpressから独自のドメイン・有料サーバーでということになるので、読者の方に見やすいようにはなると思いますが、広告等が消えるわけではないですのでそこはご了承ください。

というより、それが無いとブログ運営が成りたたないのが、現実です。

今年は本当に正念場です。

ブログ運営もボランティアで行っているわけではありませんので、競馬予想会社の広告を特別問題視する必要はありません。

しかし、広告されている競馬予想会社の中には有料情報を提供しているところもありますので、リンク先にはご注意ください。

あくまで競馬をやって何が悪いのご利用はブログ内コンテンツだけに留めておいたほうが良いでしょう。

この内容を見ると、アフィリエイトの収入が無いと、やっていくのは限界だという表現をしています。

確かに、料金も安いので、長期でこのサイトを維持していくには、収入が無いと厳しいでしょう。

その辺を理解して使用する必要がありますね。

過去の実績も購入しないと閲覧出来ない!

競馬をやって何が悪い 過去の実績は有料

気になる予想の結果ですが、この競馬をやって何が悪いでは、まさかの有料でしか結果を確認できませんでした。

また、競馬をやって何が悪いは回顧録を無料公開しているものの、予想の結果は無料公開していません。

直近の実績を確認するためには1部100円のバックナンバーを購入しなければいけません。

バックナンバーは100円とジュース一本くらいの値段で、購入してもリスクはありません。

しかし一般的な競馬ブログも競馬予想サイトも予想の結果は無料で公開しているものです。

ここでも収入を得ないとサイトの維持が厳しいのでしょうか。

そうなると、有料情報を購入しているユーザーも少ないという事になります。

競馬をやって何が悪いの情報料金

競馬をやって何が悪い 情報料金

■バックナンバー
料金:100円

■競馬をやって何が悪い。分析note’19 金杯週~根岸S週
料金:600円

■競馬を深く追求して何が悪い
料金:1,000円

競馬を深く追求して何が悪いは競馬の予想に役立つコラムで、独自の用語の説明や概念の説明、動画など様々な方法が提供されます。

記事は追加されそれにつれて購読料も上がるようですね。

料金は1,000円と安価ですが、5,000円、10,000円、15,000円と購読料が上がる場合はご注意ください。

競馬をやって何が悪いの評価

今回は、競馬予想サイトの競馬をやって何が悪いというサイトを調査しました。

結果的にこのサイトは、良い方だと思います。

凄く良いサイトとは言えませんが、決して悪徳サイトではありません。

理由は、サイトは個人ブログなので、普通の競馬予想サイト違って情報料金も安く設定してあります。

その為、利用もしやすくなっています。

また、一生懸命サイトを維持させようとしている部分を考えると、真面目な印象が伝わって来ます。

ぜひ、参考程度にみて見る事をオススメします。

競馬をやって何が悪いの口コミ・情報を投稿する


名前
評価

レビューを書く

競馬予想サイト「競馬をやって何が悪い 敗因分析」は激安の情報を販売する個人ブログ!平均評価:★★☆☆☆口コミ数:22

51

競馬予想サイト- 競馬をやって何が悪い
口コミ・評価 ★☆☆☆☆匿名

無料ならなんも言わんけど、このレベルでお金少しでも取るっていうのがホントに意味わかんない。趣味なら勝手にやれ。


競馬予想サイト- 競馬をやって何が悪い
口コミ・評価 ★★★☆☆中力

ブログでかなり詳しくレース見解を書いてるサイトだとは思うけど、安いとはいえ、この感じでお金払う気になるかというと、ちょっと、て感じ。