クイーンステークス 2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査

2017年7月30日に牝馬限定重賞レースであるクイーンステークスが開催されます。

高額配当をマークする年も珍しくない注目のレースです。

当記事では特別登録馬・予想オッズの他、過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを分析しました。

kui-nsute-kusu-1

ここ2年は荒れる決着が多く、2015年には単勝オッズ32.5倍の7番人気馬メイショウスザンナが勝ち、2016年には単勝オッズ20.2倍の9番人気馬マコトブリジャールが勝利を収めています。

さらに2009年には単勝オッズ58.7倍の11番人気馬エナビーナスが勝利し、前評判が高い馬を抑えるだけではなく伏兵にも注目すべきレースでしょう。

当記事では芝1800m(函館)で行われた2013年を含む過去10年のレースから好走馬の共通点を調査します。

クイーンステークスの特別登録馬・予想オッズ

予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.9 アドマイヤリード ルメール 須貝 ステイゴールド Vマイル1
3.9 アエロリット 横山典 菊沢 クロフネ NHK1
7.7 クインズミラーグロ 武豊 和田 マンハッタンカフェ マーメイド2
7.7 マキシマムドパリ 藤岡佑 松元 キングカメハメハ マーメイド1
7.8 ジュールポレール 西園 ディープインパクト Vマイル3
9.1 パールコード 川田 中内田 ヴィクトワールピサ マリーンC5
18.8 ブラックオニキス 大野 加藤 ブラックタイド オークス7
19.0 クロコスミア 西浦 ステイゴールド 北斗1
19.2 ヤマカツグレース 横山典 池添 ハービンジャー オークス18

現時点での1番人気はアドマイヤリード!

kui-nsute-kusu-2

2歳時から大きな期待をかけられていたが、線の細さから思うような好走ができていませんでした。

3歳秋以降は400㎏未満の体重が430㎏まで成長し、それにともなって成績も向上しました。

前走のヴィクトリアマイルではミッキークイーンをやぶりG1を制覇しました。

G1を制したばかりですが55㎏で出走でき重賞連覇に乗り出します。

※予想オッズは2017年7月24日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

マイル以下を好走した馬は強い

JRAの1600m以下の重賞で10着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-9-6-50 12.2% 24.3% 32.4%
なし 1-1-4-46 1.9% 3.8% 11.5%

過去10年クイーンステークス3着以内馬30頭中24頭はJRAの1,600m以下の重賞レースで10着以下に入った実績があります。

一方でその経験がなかった馬は3着内率が11.5%と成績が良くありません。

2010年以降の過去7回では3着内率3.8%、2014年以降の過去3回では3着内率0%と近年で経験のない馬の苦戦傾向が強いです。

1600m以下での重賞実績のない馬には注意が必要です。

はやりG1での実績をあげた馬は強い

JRAのGIで9着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-4-50 12.7% 23.9% 29.6%
なし 1-2-6-46 1.8% 5.5% 16.4%

同年のJRAのGIで9着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-5-2-14 22.2% 40.7% 48.1%
なし 4-5-8-82 4.0% 9.1% 17.2%

過去10年のクインステークスで3着以内馬30頭中21頭はJRAのG1レースで9着以内に入った実績があります。

2010年以降の優勝馬全7頭はこの経験があります。

また同年のJRAのG1レースで9着以内に入った実績のある馬は3着内率48.1%とさらに良い成績を残しています。

G1を経験し9着以内の入選したことのある馬は要チェックでしょう。

同年の福島牝馬Sの出走馬はマーク

同年の福島牝馬Sで14着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 4-5-2-19 13.3% 30.0% 36.7%
なし 6-5-8-77 6.3% 11.5% 19.8%

過去10年のクイーンステークスの3着以内馬30頭中11頭は同年の福島牝馬ステークスで14着以内に入った実績があります。

該当する馬は3着内率36.7%と好走。

2014年以降の優勝馬3頭はいずれも同年の福島牝馬ステークスで3着以内に入選していました。

2017年クイーンステークスも福島牝馬出走馬に要チェックでしょう。

5歳馬が好走

年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 3-2-1-15 14.3% 23.8% 28.6%
4歳 2-3-3-28 5.6% 13.9% 22.2%
5歳 2-5-5-37 4.1% 14.3% 24.5%
6歳 3-0-1-14 16.7% 16.7% 22.2%
7歳 0-0-0-2 0% 0% 0%

JRAの重賞で3着以内に入った経験がなかった馬の年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-7 0% 0% 0%
4歳 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
5歳 1-1-3-14 5.3% 10.5% 26.3%
6歳 0-0-0-5 0% 0% 0%

過去10年のクイーンステークスの年齢別成績を調査しますと連対率と3着内率が最も良いのは3歳馬です。

とはいえ3~6歳馬の3着内率はいずれも20%台で大きな差はありません。

一方でJRAの重賞で3着以内に入選した実績のない馬の年齢別成績を調査しますと、3着以内に入選した馬の多くは5歳馬でした。

重賞で3着以内に入選した実績のない馬を比べる際には5歳馬をピックアップすると良いでしょう。

2017年クイーンステークスの展望

2017年クイーンステークスは今春の府中マイルを制した新旧女王が激突します。

今年の春のヴィクトリアマイルを勝利に収めたアドマイヤリード。

ヴィクトリアマイル後は函館に休養にで、じっくり調整を行われました。

初の洋芝ですが、ステイゴールド産駒ゆえに適正は十分にあるでしょう。

アドマイヤリードに対するは今年の春のNHKマイルCで牡馬を置いて3歳マイル王となったアエロリット。

今レースでの課題はキャリア最長となる1800mへの挑戦です。

マイルで高パフォーマンスを見せていますので大きな崩れはないでしょう。

今年の見所は今春の府中マイル決戦を制したアドマイヤリードとアエロリットによる女王決定戦です。

例年以上の注目を集める2017年クイーンステークスは30日15時25分発走予定!!