PR

京都金杯2024予想!買い目・有力馬・穴馬を無料公開!【追い切り評価付き】

更新日:
重賞予想

新年の重賞開幕戦、京都金杯2024が始まります!

今回はそんな京都金杯2024の予想を公開!
買い目から注目ポイントまで徹底的に考察しています。

過去のデータから独自の予想をしているので是非参考にしてください。

中山金杯2024の予想はこちらをご覧ください

この記事の執筆者
おたっしゃくらぶ
おたっしゃくらぶ(競馬歴22年)
1991年天皇賞秋に初めて馬券を買い、翌々週のニュージーランドトロフィーで馬連1点買いを的中。以後は1点買いを中心に、本命100万円の勝負などもしながら多くの的中を経験。現在も東京競馬場近くに在住しながら、競馬予想の日々に明け暮れる。
弥生賞ディープインパクト記念(G2)
3サイトで無料提供!

京都金杯2024とは?今年の見どころを紹介

京都金杯2024とは1月6日に京都競馬場で行われるG3レースです。

◆京都金杯はハンデ戦で1着賞金が4300万円と中山金杯と同額です。

大まかな概要は中山金杯と同じですが、こちらは距離が1600mなのと、暮れの1ヶ月競馬を使っていなかった京都に開催場が変わることがチェックポイントとなること、

それと

G1マイルCSで負けた馬で

  • 距離が短いほうが良い馬は阪神カップへ
  • マイルが良い馬は京都金杯へ
  • と、中山金杯に比べれば、路線がすっきりしており、その分わかりやすいレースになっています。

    京都金杯2024 開催情報

    開催日時 2024年1月6日(土) 15時45分発走
    グレード G3
    開催競馬場 京都競馬場 11R
    コース 芝1,600m
    性齢 4歳以上 オープン
    斤量 定量
    1着賞金 4,300万円

    京都金杯2024 枠順・馬番・人気【1月4日更新】

    馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 人気
    アヴェラーレ 牝6 56.0 A.ルメートル 9
    アルナシーム 牡5 57.0 鮫島克駿 3
    アンドヴァラナウト 牝6 55.5 武豊 8
    コレペティトール 牡4 54.0 岩田康誠 7
    カテドラル 牡8 58.5 荻野極 21
    サヴァ 牡6 56.0 松若風馬 15
    シャイニーロック 牡8 57.0 酒井学 18
    セッション 牡4 55.0 坂井瑠星 6
    セルバーグ 牡5 57.0 松山弘平 11
    タイムトゥヘヴン 牡6 57.0 幸英明 13
    ダノンタッチダウン 牡4 56.0 北村友一 4
    トゥードジボン 牡5 55.0 藤岡佑介 2
    ドルチェモア 牡4 56.0 団野大成 17
    ドーブネ 牡5 58.5 吉田隼人 1
    ビューティフルデイ 牝6 55.0 西村淳也 14
    フリームファクシ 牡4 56.0 川田将雅 5
    マテンロウオリオン 牡5 58.0 太宰啓介 12
    メイショウシンタケ 牡6 57.0 浜中俊 10
    ルプリュフォール セ8 57.0 秋山真一郎 16

    京都金杯2024予想 コース分析

    京都・芝1600mは、マイルCSやこの京都金杯、シンザン記念などが行われるコースなので、おなじみかと思いますが、ここでは高額条件で使用される外回りの1600mについて触れます。
    なんといっても瞬発力がモノを言うコースなので、東京競馬場の1600(NHKマイルC・安田記念)とか1800(毎日王冠)、2000(天皇賞・秋)、2400(ダービー、オークス、ジャパンカップ)と親和性が高いことで、アーモンドアイが象徴的ですけども、特に近年シンザン記念に使いたがる関係者が増えています。

    向正面の直線を2コーナー側に延長したポケットからスタートするので、3コーナーを曲がるまでの直線距離は(Aコース時)712mもあります。
    そのため、まるで新潟の直線競馬のように出たなりで横広の状態のまま先行争いになるのが普通。
    よってテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少なくなります。

    向正面から徐々に坂を上っていくような形状なので3コーナーで頂上に達し、4コーナーにかけて下ることになります。

    淡々とした流れになりやすく、脚をタメることが出来るかどうかがポイントとなるのですが、極端なスローとか、極端なハイペースにもなりにくいため、結局のところ、切れる脚と総合力が問われることになります。
    そうなると、最後の直線も400mほどありますから、実力馬がスピードに乗って好走しやすい舞台
    ゆえに、実力のある人気馬は信頼度が高くなるというコースですね。

    穴を狙うなら、スローになった時の前残りか、近走で差し届かずにいたような馬を狙うのがセオリーです。

    ※京都開催は丸々1ヶ月開催が休みだったことと昨年までは京都競馬場の改修工事だったので、このパターンではなかったのですが、かつての京都開催では、内が有利に働くことが多く、内が馬場が良く、外はさらに外に振られるため、先行有利なレースが多かったものです。

    今年は当日の5R、10Rが外回りコース使用の芝のレースなので、そこでどういう時計が出たか?どこを通った馬が伸びたのか、止まっていないのかそれをチェックするようにしてもらうとより効率的な馬券の買い方が出来るでしょう。

    京都金杯2024予想 過去10年の結果・データ分析

    年度
    馬場
    着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
    2023
    (良)中京
    1 7 牡5 58 イルーシヴパンサー 5 関屋記念(G3) 11着 3
    2 5 牡6 58 エアロロノア 3 マイルチャンピオンシップ(G1) 7着 11
    3 2 牝4 54 プレサージュリフト 2 秋華賞(G1) 9着 5
    2022
    (良)中京
    1 7 牡6 57.5 ザダル 7 富士ステークス(G2) 7着 8
    2 11 セ8 57.5 ダイワキャグニー 11 武蔵野ステークス(G3) 8着 8
    3 10 牡6 56 カイザーミノル 2 天皇賞秋(G1) 14着 11
    2021
    (良)中京
    1 2 牡5 56 ケイデンスコール 12 オーロカップ(LR) 6着 4
    2 4 牡5 56 ピースワンパラディ 2 キャピタルステークス(LR) 1着 1
    3 13 牡6 56 エントシャイデン 14 リゲルステークス(LR) 10着 7
    2020
    (良)
    1 3 牝5 53 サウンドキアラ 3 リゲルステークス(LR) 3着 1
    2 6 牡5 57 ダイアトニック 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 10着 4
    3 7 牡6 54 ボンセルヴィーソ 14 渡月橋ステークス(3勝クラス) 1着 3
    2019
    (良)
    1 12 牡4 55 パクスアメリカーナ 1 リゲルステークス(OP) 1着 2
    2 15 牡5 56 マイスタイル 5 中日新聞杯(G3) 8着 2
    3 7 牝6 54 ミエノサクシード 11 ターコイズステークス(G3) 9着 12
    2018
    (良)
    1 9 牡6 57 ブラックムーン 4 リゲルステークス(OP) 5着 2
    2 13 牡6 57.5 クルーガー 3 マイルチャンピオンシップ(G1) 7着 8
    3 7 牡4 56 レッドアンシェル 1 リゲルステークス(OP) 1着 4
    2017
    (良)
    1 6 牡4 56.5 エアスピネル 1 菊花賞(G1) 3着 6
    2 1 牡4 55 ブラックスピネル 6 チャレンジカップ(G3) 5着 2
    3 5 牡8 57.5 フィエロ 5 阪神カップ(G2) 3着 5
    2016
    (良)
    1 7 牡6 53 ウインプリメーラ 3 リゲルステークス(OP) 5着 5
    2 14 牡7 57 テイエムタイホー 13 阪神カップ(G2) 16着 6
    3 6 牡5 54 ミッキーラブソング 7 タンザナイトステークス(OP) 2着 3
    2015
    (良)
    1 4 牡4 55 ウインフルブルーム 5 チャレンジカップ(G3) 8着 4
    2 1 牡6 57 エキストラエンド 4 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着 12
    3 2 牡4 54 マイネルメリエンダ 7 キャピタルステークス(OP) 5着 8
    2014
    (良)
    1 2 牡5 55 エキストラエンド 6 毎日王冠(G2) 9着 9
    2 6 牡4 54 オースミナイン 1 ゴールデンホイップT(1600万) 1着 1
    3 10 牡7 58 ガルボ 5 阪神カップ(G2) 2着 10

    京都金杯2024予想 過去7年の人気別成績から見るポイント

    京都競馬場の改修工事があったことで近3年は中京競馬での開催でした。
    そのため、ここでは京都開催の7年を見ていきます。

    ■1番人気は2勝

    1着2回
    2着1回
    3着1回
    圏外3回

    サンプルが7回なので、あと1回勝っていればとか2着に来ていればで印象がガラッと違うのですけども、まずまずこんなところかなという数字に落ち着いています。

    2番人気以降はどうなのか

    2番人気、3番人気といった次位はでうでしょうか?

    ・2番人気
    【0 1 0 6】

    2着が1回あるだけで、完全に不振。
    明確な理由を特定することは難しいのですが、2番人気というのが中途半端な位置づけになっているとは言えるでしょう。

    ・3番人気
    【2 1 0 4】

    2番人気とは対照的に3番人気が結果を出しています。
    馬券になった3頭は、ウインプリメーラ、サウンドキアラ(ともにリゲルSを負けての参戦)、クルーガー(マイルCSを負けての参戦)と、強い馬だったことは事実です。

    ここまでの1番人気~3番人気までの21頭を一くくりにすると
    【5 3 0 13】

    1~3番人気まででのどれかが、7割勝っており、ここまでは信頼のできる数字です。
    しかし、2着は3割弱に過ぎず、3着に至っては一頭もおらず、着外率は7割強というちょっと信じられないデータです。
    このことから、1~3番の上位人気馬は、単勝やWIN5では買えても3連系の馬券(特に3連複)では心許なく、4番人気以下から軸馬を選んで、上位人気馬も買いつつも流すのが有益な作戦と言えるかもしれません。

    ※また、トップハンデ馬の成績ですが…

    【0 0 2 8】
    トップハンデが複数いる年もあって7年で計10頭なのですが、かわいそうなくらいにちょっとひどい数字となっています。

    今年のドーブネ58.5キロには不吉な数字でしかありません。

    京都金杯2024予想 過去7年の前走ローテから見るポイント

    ここでも京都で行われた10年前から4年前の過去7年を見ていきますが、12月に使っていた馬が5勝、あとの2勝は菊花賞以来のエアスピネル(これはもともと強い馬)、毎日王冠を大敗してからの休み明けだったエキストラエンド。

    当時のエアスピネルのように、「あなたが京都金杯に使ってくるのはおかしいでしょ」というレベル尾の強い馬は今年の出走馬にはおりませんので、やはり、12月に使っている馬から軸を探すというのが理に適っています。

    ちなみに、12月に使っていた馬が、3着まで網を拡げた21頭でどうだったかをいうとこうなります。
    【 5 4 5 7 】

    結構な数字だなと実感できますね。

    ★18頭のフルゲートに対してと登録は30頭です。

    中山金杯との兼登録が4頭いますけども、出走馬決定順で下位の馬は出走がおぼつきません。

    そうなると、上位馬をチェックすることでおおよその構図がハッキリしてきます。

    モノサシ=ドーブネ

    トップハンデ58.5キロを課されているドーブネ。
    中山金杯でモノサシと認定したマテンロウレオと比べればこちらの方が一段階信用できます。

    OPに上がってからなかなか勝てませんでしたけども、リステッドとはいえ、マイルに使って2連勝。

    着実に階段を上がってきて、満を持してのマイル重賞に挑戦という形です。

    G2中山記念で0秒2差の3着もしていますから、格的にどうのはないのですが
    ただし

    2連勝がともに、スローの上り勝負だったという点と、9頭立て、10頭立てで勝ってきたという点。

    当然、今回はフルゲートの18頭ですし、重賞ですから緩い勝負になるはずがありませんので、単勝は買えますが
    1着固定とか、WIN5で1頭で良いというレベルには達しておりません。

    「差して届かず」とか、「目標にされて競り負けてしまう」パターンが想定されます。

    少なくとも楽逃げは叶いますまい。

    そうなると

    中山金杯のマテンロウレオと同様に、この馬をモノサシに、この上を行き得る馬をピックアップすれば良いわけです。

    京都金杯2024予想 追い切り評価

    正月開催の変則日程もありますので、全馬とはいきませんが、注目すべき馬の追い切り評価を一言申し上げます。

    アヴェラーレ

    56キロ。美浦坂路で単走 
    【54.4-39.0-25.2-11.9】

    追うと真一文字に伸びる。
    状態は高いレベルでキープできていると言えます。

    アルナシーム

    57キロ。栗東坂路で単走
    【53.6-39.1-25.3-12.5】

    息を整える程度の軽い走りでしたが、力強さが感じられ、これで十分でしょう。
    ちょうどいい調整が出来たなという印象です。

    セッション

     
    55キロ。栗東坂路で併せ馬
    坂井瑠騎手を背に
    【53.8-38.2-24.3-12.0】

    やや苦しがっていたようで頭が上がっていました。
    現時点で良い点数はつけれませんが、これだけ負荷をかければ、いわゆる、「この一追いで変わり身が見込める」というやつです。

    セルバーグ

    57キロ。栗東坂路で単走
    【55.0-39.0-25.0-12.5】

    やや重苦しい動きでした。
    良い時はもっとスッと進むイメージなので、戻り切っていないと言うか、≪良化途上≫ですね。

    ダノンタッチダウン

    56キロ。栗東坂路で単走
    北村友騎手を背に
    【53.1-38.0-24.4-12.3】

    それなりの時計は出ていますが、フラフラが目立つ。
    やや期待外れの走りでやや割り引いた方が良さそう。

    トゥードジボン

    55キロ。栗東CWで
    【54.5-38.6-11.6】

    走りのバランスが悪く、推進力が今一つ
    ちょっと重いのではと感じさせますね。

    ドーブネ

    58.5キロ。栗東CWで単走
    【83.4-67.9-52.9-38.3-12.3】

    わざと単走にしたんだなと感じます。
    シャープで襲い掛からんとするばかりの迫力。

    ≪ベリーグッド≫ですね!

    フリームファクシ

    56キロ。栗東CWで併せ馬
    【85.1-68.8-53.1-37.5-11.3】

    終いの切れが特筆もの。
    これは目に見えて≪状態が上がっています≫。

    マテンロウオリオン

    58キロ。栗東CWで太宰騎手を背に
    【82.9-66.6-51.4-36.8-11.8】

    ムダ肉がなく丸みのある馬体。
    太宰騎手のアクションをみても、好調なため自然とこの時計になったという感じ。

    メイショウシンタケ

    57キロ。栗東CWで併せ馬
    【54.2-38.2-11.8】

    脚の回転が速く、相手の動きに合わせる余裕も感じさせます。
    出そうと思えばもっと時計は速くなったはずで、余力を残した良い調教が出来ました。

    リューベック

    57キロ。栗東CWで秋山真騎手を背に
    【83.5-67.7-52.5-37.3-11.5】

    フットワークが大きく、蹴る力が地面に伝わっているなと感じます。
    良い稽古が出来ており、人気以上に走れそうです。/span>

    京都金杯2024予想 有力馬2頭

    枠順や追い切りによる上げ下げがありますので、不利な枠に当たらない、追い切りでもマイナス評価がないと仮定しています。

    有力馬①:アルナシーム

    折り合いに不安を残す馬なので、2000では結果が出ませんでしたが、1800のカシオペアSを快勝。
    当然、距離がマイルになる方が折り合いの不安は薄れますし、それよりなにより、この馬は朝日杯FSの4着馬です。

    この朝日杯は、勝ち馬ドゥデュース(記憶に新しい有馬記念、ダービー朝日杯のG13勝)、)2着だったセリフォス(マイルCS)、3着のダノンスコーピオンNHKマイルC)、5着だったジオグリフ(あのイクイノックスを破って皐月賞を制覇)と、相当にレベルが高かった朝日杯の4着馬なわけですから、格の心配はいりません。

    有力馬②:ドーブネ

    トップハンデもそうですし、そうラクな競馬にならないことはわかっていても、印でいうと2番目にしないわけにはいきません。

    スピードの持続力となにより開幕馬場で行われることがプラス材料なので、単勝は割に合わないとしても3連複やワイドの軸としては有益なので、やはり、これ以下には落とせず、そこが中山金杯・マテンロウレオとの違いです。

    京都金杯2024予想 穴馬2頭

    京都金杯2024の穴馬2頭を紹介します。

    穴馬①:ダノンティンバニー

    出走優先順23番目なので、出走自体が相当に厳しいのですが、それでもこの馬の名前を挙げたいです。

    4戦3勝なのですが、この馬は毎回速い時計でラクに勝っており、素質はここでは違います。

    ただ、他陣営もそのことを知っているため、こういうケースではわざとこの馬を出走させないように結託するとまでは言いませんが(この馬が出ると自分のところの馬の着順が1つ下がる可能性が高いわけですから当然です)、やはり出走にこぎつけるまでにハードルが高すぎます。

    穴馬②:ダノンタッチダウン

    同じダノンの馬ですが、こちらは朝日杯FSの2着馬で出走できます。
    富士Sは大敗ですけども、これは休み明けとハイペースで逃げたため。

    間隔は開きましたが、2ヶ月半の話ですので、そこまでのマイナスと捉える必要はありません。

    京都金杯2024予想 おすすめ買い目

    • ◎アルナシーム
    • 〇ドーブネ
    • ▲ダノンタッチダウン
    • (ダノンティンバニーがでれないものとして繰り上がり)

    • △フリームファクシ
    • △トゥードジボン
    馬単でのおすすめ買い目
    アルナシーム → ドーブネ

    なんならこの組み合わせの1点でも。

    ワイドはそこまでつかないと思うので、3連複軸2頭アルナシーム―ドーブネから、ダノンタッチダウン、フリームファクシ、トゥードジボンの3点も十分に買って良いでしょう。

    また、3連単も買っていいかなと思っています。

    3連単でのおすすめ買い目
    1着アルナシーム
    2着ドーブネ
    3着ダノンタッチダウン
      フリームファクシ
      トゥードジボン
    (3点)

    1着アルナシーム
    2着ダノンタッチダウン
      フリームファクシ
      トゥードジボン
    3着ドーブネ
    (3点)の計6点

    アルナシームの単勝、ウイン5で点数が多くなりすぎるのならば、アルナシームを1頭で買うのもありだと思っています。

    弥生賞ディープインパクト記念(G2)
    3サイトで無料提供!

    京都金杯2024予想 まとめ

    以上、京都金杯2024の予想でした。

    有力馬
    ・アルナシーム
    ・ドーブネ
    穴馬
    ・ダノンティンバニー
    ・ダノンタッチダウン

    他にも京都金杯2024の予想が欲しい方は、よく当たる無料予想を競馬予想サイトランキングに載っているすべてのサイトでもらえます。複数の予想を見てすり合わせることで勝率が上がるかも知れませんね。

    重賞予想