PR

きさらぎ賞2024予想!買い目・有力馬・穴馬を無料公開!

更新日:
きさらぎ賞2024予想
重賞予想

単勝で大きく買ってもいいレース・・・?

今回はそんなきさらぎ賞2024の予想を公開!
買い目から注目ポイントまで徹底的に考察しています。

過去データから独自の分析をしているので是非参考にしてください。

この記事の執筆者
おたっしゃくらぶ
おたっしゃくらぶ(競馬歴22年)
1991年天皇賞秋に初めて馬券を買い、翌々週のニュージーランドトロフィーで馬連1点買いを的中。以後は1点買いを中心に、本命100万円の勝負などもしながら多くの的中を経験。現在も東京競馬場近くに在住しながら、競馬予想の日々に明け暮れる。

きさらぎ賞とは?今年の見どころを紹介!

きさらぎ賞2024は2月4日京都競馬場芝1800mで行われる優勝賞金4100万円のG3選です。

古くはスペシャルウィークやサトダイさん(サトノダイヤモンド)といったクラシックホースを輩出しているレースで、時期的に、“少頭数になりやすいこと”で、素質のある1勝馬が出やすいし、不利を受けにくいことで、好結果を残し、そのままクラシックに乗るというケースが多いです。

また、京都の1800mで行われますので、ダービーコースの東京2400mと相関性の高いコース(=ともに瞬発力が要求される)です。

今年の登録馬は12頭ですので、全馬が出走可能であり、2勝馬はヴェロキラプトルだけという、やや小粒なメンバー構成。

逆に言うと、「このメンバーでも勝てば4100万だし、勝てればダービーまでの出走は確定」するわけですから、やはり、勝つこと。

3着よりは良いに決まっていますが、「2着にそこまでの意味はない」と考えている陣営が多いことを申し上げておきます。

きさらぎ賞2024 開催日程

 

開催日時 2024年2月4日(日) 15時35分発走予定
グレード G3
開催競馬場 京都競馬場 11R
コース 芝1,800m
性齢 3歳 オープン
1着賞金 4100万円

きさらぎ賞2024 枠順・馬番・人気【2月2日更新】

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 人気
1 1 ピエナオルフェ 牡3 57.0 川島 12
2 2 インザモーメント 牡3 57.0 鮫島駿 9
3 3 ウォーターリヒト 牡3 57.0 10
4 4 ヴェロキラプトル 牡3 57.0 西村淳 6
5 5 シヴァース 牡3 57.0 Mデムー 5
6 5 ナムラエイハブ 牡3 57.0 和田竜 8
7 6 レガーロデルシエロ 牡3 57.0 Aルメート 7
8 6 ファーヴェント 牡3 57.0 川田 1
9 7 ジャスティンアース 牡3 57.0 松山 3
10 7 ブエナオンダ 牡3 57.0 武豊 4
11 8 テイエムリステット 牡3 57.0 酒井 11
12 8 ビザンチンドリーム 牡3 57.0 ピーヒュ 2

きさらぎ賞2024予想 全馬評価

きさらぎ賞は登録馬が全部で12頭ですので、1頭ずつ見ていくことにしましょう。

インザモーメント

3戦1勝ノースヒルズの生産でホープフルSに駒を進め12番人気で8着。
ホープフルSは仕方のない結果、むしろ頑張ったと評価して良いのでは。
勝っている舞台の京都1800mとなり、今の京都の馬場は速い時計になりそうもないこともこの馬には追い風。

≪人気薄も馬鹿には出来ぬ≫

ヴェロキラプトル

3戦2勝で社台ファームの生産。
出走馬中唯一の2勝馬で、こちらもホープフルSに駒を進めています(5番人気で逃げて10着)。

序盤から2番手の馬に来られてラクな展開ではなかったので着順は仕方ないです。
2戦目の野路菊Sでは好位で折り合えていますので逃げるだけの馬ではありません。

もうワンパンチ欲しいなと言う気はしますが、センスもあるし、G1→G3と定石通りにメンバーレベルが下がっていますので、期待が出来ます。

≪単勝買えるがワイド安心≫

ウォーターリヒト

5戦1勝で伏木田牧場の生産、シンザン記念の3着馬。
勝ったのがハナ差の接戦ですが、負けた4戦はいずれもそこまでの着差がなく、相手なりに走れるタイプですね。

筆者は、シンザン記念のメンバーレベル、レースレベルをそこまで評価していないので、この3着をどう考えるかですが、距離が延びる今回の方が余裕を持ってレースができるでしょうね。

≪上位の評価は出来ないが≫

シヴァース

1戦1勝、名牝ヴィブロスの仔でノーザンファームの生産馬。
馬主は大魔神・佐々木主浩氏と素質も話題性も、そして前走の内容も期待にたがわぬ馬です。

現時点での完成度で言えば、人気先行の感は否めませんが、1600で勝って、2戦目に距離を伸ばして重賞挑戦なのは陣営の予定通り。

≪半信半疑、いえ三信七疑≫

ジャスティンアース

2戦1勝で三嶋牧場の生産。
未勝利戦の快勝で同じ京都1800mのここに挑戦することが決まった経緯。

調教でもまだまっすぐ走れていないので、もっともっと上がある馬なのですが、将来的にはテン良し中良し終い良しの競馬が出来そうなイメージがあります。

≪過度の期待?オッズ次第≫

テイエムリステット

4戦1勝でグランド牧場の生産馬。
この馬もシンザン記念に出ており(16番人気で6着)、芝がダメなわけでも、重賞で明らかに足りないわけでもありません。

≪買いづらいが状態は良い≫

ナムラエイハブ

5戦1勝でディリー杯4着のあと、自己条件を勝てず。
とはいえ、「現状2000では長い」ことがわかったのが収穫。

≪もどかしいが、力出せる≫

ピエナオルフェ

6戦1勝で沖田牧場の生産。
重馬場の2200m戦を6戦目で勝ち上がり。

しかも負けた他のレースにも強調材料なしなので、ちょっと買いづらい。

≪前走内容良かったのだが≫

ビザンチンドリーム

1戦1勝、ノーザンファームの生産で、上り33秒9で2000mの新馬戦を快勝とノーザンファームの期待馬らしいパフォーマンスを披露。
【特筆すべきは】、最後の4ハロンが加速ラップなのにそれでも差し切っていること。
(あり得ない話ですけども…)きさらぎ賞の中からどれか一頭をもらえるとすれば、私はこの馬を選びます(=つまりは競走馬としての資質は断然これが一番と言いたい)。

≪追切次第も全面的に信頼≫

ファーヴェント

2戦1勝で東SP杯の3着馬です。
東京SP杯でシュトラウスの単勝を取っているので、この馬をそんなに強いとは思っていないのですが、それでもG3レベルならどこかでなんとかなって良い素材だとは思っています。

切れる脚があるのは初戦で実証済みなので、もしかしたらですが右回りの方が良かったという可能性はあります。

≪相応バッサリは切れない≫

ブエナオンダ

2戦1勝で川田騎手から武豊騎手への乗り替わり。
出走ならば中1週となり、先約(ファーヴェント)があるから川田騎手が乗れないわけです。
前走は折り合いを欠いてのものなので評価を下げる必要はありませんが、わざわざこの時期に中1週で使う必要があるのかなと疑問に思います。

≪使い方が不満食指動かぬ≫

レガーロデルシエロ

3戦1勝で3戦ともに内容のあるレースをしています。
調教でも掛かっており、将来的には短距離戦に行くのかもしれないが、先週の調教が圧巻と言って良いレベルで、能力は高いし、将来的にも楽しめる馬だと思います。

≪2着しても何も驚かない≫

きさらぎ賞2024予想 コース分析

多頭数の外枠はちょっと嫌だなぁと感じますが、今回は最大で12頭立てなのですから、枠順の有利不利に神経質になることはありません。

脚質云々よりも切れる脚、瞬発力を要求されるコースなので、ビザンチンドリームのように加速ラップをそれでも速い上りで差し切っているような馬に最適の舞台です。

京都の芝1800m戦は、外回りコースで行われるわけですが、2コーナー奥にある引き込み線の一番奥にスタート地点があります。

スタート後に向正面を走る距離が900mもあることで、枠順による有利不利はほとんどないと言えるわけですね。

900mも直線部分があれば、それだけで速いラップを刻むことになりますから、(今の馬場だと別ですが)速いラップ、速い時計で決着することが多いわけです。

そして京都競馬場の向正面では、高低差4mの坂を400mも走らなければなりません。

これは東京競馬場のゴール前の坂と同程度の傾斜で距離は倍近いのでかなりキツいですし、だからこそ、このコースで良いパフォーマンスをした馬がその後も活躍できるわけです。

外回りのため第4コーナーも切れ込みを利用することが出来ますからゴチャつくことも少なく、

切れ味重視の能力反映コース

私が好きなコースです!

きさらぎ賞2024 過去10年の結果・データ分析

年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2023(良)中京 1 2 56 フリームファクシ 1 1勝クラス(中京芝2000m) 1着 1
2 7 56 オープンファイア 2 アイビーステークス(LR) 3着 2
3 3 56 クールミラボー 6 未勝利戦(阪神ダ1800m) 1着(-0.5) 1
2022(稍重)中京 1 2 56 マテンロウレオ 2 ホープフルステークス(G1) 6着 9
2 3 56 ダンテスヴュー 3 東京スポーツ杯2歳ステークス(G2) 4着 5
3 11 56 メイショウゲキリン 8 梅花賞(1勝クラス) 3着 3
2021(良)中京 1 2 56 ラーゴム 3 京都2歳ステークス(G3) 2着 2
2 3 56 ヨーホーレイク 2 ホープフルステークス(G1) 3着 4
3 9 56 ランドオブリバティ 1 ホープフルステークス(G1) 競争中止 2
2020(良) 1 1 56 コルテジア 7 シンザン記念(G3) 3着 9
2 7 56 ストーンリッジ 4 新馬戦(阪神芝1600m) 1着 2
3 8 56 アルジャンナ 1 東京スポーツ杯ステークス(G3) 2着 2
2019(良) 1 4 56 ダノンチェイサー 3 こうやまき賞(500万) 1着 1
2 1 56 タガノディアマンテ 6 エリカ賞(500万) 3着 5
3 6 56 ランスオブプラーナ 7 なずな賞(500万) 2着 1
2018(良) 1 3 56 サトノフェイバー 4 新馬戦(京都芝2000m) 1着 2
2 8 56 グローリーヴェイズ 2 こうやまき賞(500万) 2着 2
3 4 56 ラセット 5 未勝利戦(京都芝1600m) 1着 2
2017(重) 1 7 56 アメリカズカップ 6 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 9着 9
2 1 56 サトノアーサー 1 シクラメン賞(500万) 1着 1
3 4 56 ダンビュライト 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 13着 2
2016(良) 1 9 56 サトノダイヤモンド 1 500万(阪神芝2000m) 1着 1
2 2 56 レプランシュ 4 シクラメン賞(500万) 1着 3
3 3 56 ロイカバード 2 福寿草特別(500万) 1着 1
2015(良) 1 3 54 ルージュバック(牝) 1 百日草特別(500万) 1着 2
2 5 56 ポルトドートウィユ 2 シクラメン賞(500万) 1着 2
3 4 56 アッシュゴールド 3 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 8着 4
2014(稍重) 1 1 56 トーセンスターダム 2 京都2歳ステークス(OP) 1着 1
2 5 56 バンドワゴン 1 エリカ賞(500万) 1着 1
3 3 56 エイシンエルヴィン 6 未勝利(新潟芝1600m) 1着 1

昨年までの過去3年は中京2000mで行われておりますが、施行時期が変わっているわけではありませんし、同じ1800mの共同通信杯との兼ね合いもあるのですが、構図はだいたい毎年似たような感じです。

きさらぎ賞2024予想 過去10年の人気別成績から見るポイント

■1番人気は3勝
1着3回
2着2回
3着2回
圏外3回

1番人気として十分な、平均的な成績が残っています。
もともとこのコースなんですから、強い馬が走れる状態で人気になっているのならば、そりゃ信頼度は高まります。

では、2番人気、3番人気といった次位はでうでしょうか?

・2番人気
【2 4 2 2】

これも平均的な2番人気の成績です。

・3番人気
【2 1 1 6】

もう1つ2つ3着以内が合って良いかなとは思いますが、3番人気としてはまずまず、こんなもんでしょう。

つまり

1~3番人気=上位人気馬は信頼できる。

3頭ともが揃って馬券圏外に消えた年はありません。

ここまでの1番人気~3番人気までの30頭を一くくりにすると、
【 7 7 5 12 】

この数字ならば、4番人気以下の単勝を買うとか、そこから軸馬を選ぶのは無謀と言えるレベルかもしれません。

繰り返しになりますが、やはり、『明け3歳のこの時期に能力が反映されるコース』で行われることが大きな要因であり、人気=能力とは完全には言えないのでしょうが、競馬ファンの優秀なところで、だいたいは人気と能力は比例しますもんね。

きさらぎ賞2024予想 過去10年の前走ローテから見るポイント

近年はホープフルSからきさらぎ賞が年明け初戦と言う馬の活躍が目立っています。

間隔的にも、格的にも納得できるところですね。

2歳戦が整備されたことも大きいのでしょうが、前走が重賞というのも妥当なローテで、その分、新馬勝ち、未勝利勝ちからここも勝ち切るというのが減っている感じ。

これは基本的なスタンダードだと言って良いでしょうから来年以降もきっと続くでしょう。

私の本命馬、ビザンチンドリームには嫌なデータです。

きさらぎ賞2024予想 全馬追い切り評価

きさらぎ賞は予定通り、12頭の登録馬がそのまま全馬出走します。
いつものように、人気だからとか、狙っているからとかいった色眼鏡で見るのではなく、各馬を公平に、

“状態が良いのか悪いのか”
見ていきます。

インザモーメント

【今週の追い切り】
栗東CWウッドで併せ馬 鮫島駿騎手を背に
【81.5-66.1-51.3-36.5-11.5】

前の組に追いついたことで、4頭併せの形となりました。
口割りながら頭の高い走法で現在のこの馬にとってきつい調教だったのでしょう。
ただし、全体の印象としては悪くありません。

ヴェロキラプトル

【今週の追い切り】
栗東坂路で単走 西村淳騎手を背に
【53.8-38.5-24.7-11.8】

この時期の3歳馬ですから仕方がないのですが、完成途上ですね。
頭も高く、実が入っておらず、貧相です。

ウォーターリヒト

【今週の追い切り】
栗東坂路で併せ馬
【54.3-38.2-24.4-12.3】

フラフラはしていましたが、まだ余力を感じました。
そこまで評価は出来ませんが、それでも及第点はあげて良いでしょう。

シヴァース

【今週の追い切り】
栗東ポリトラックで併せ馬
【82.1-65.2-50.4-37.1-11.3】

ちょっと細いくらいの馬体です。
前肢がスムーズに出ており、まずまず以上ですね。

ジャスティンアース

【今週の追い切り】
栗東坂路で単走
【53.8-38.6-24.2-11.8】

ゴールに向けて姿勢がしっかりし、伸びている点に好感が持てます。

≪期待通りの上昇示してる≫

テイエムリステット

【今週の追い切り】
栗東坂路で単走 酒井学騎手を背に
【52.3-38.4-24.6-12.1】

時計は合格点ですが、全体の印象として訴えるものがありません。

ナムラエイハブ

【今週の追い切り】
栗東坂路で併せ馬
【52.6-38.5-25.3-12.6】

今週の追い切りも良かったですが、それまでの中間も良かった。

≪現状の力を発揮できる≫

ピエナオルフェ

【今週の追い切り】
栗東坂路で単走 川島騎手を背に
【54.9-40.6-26.7-13.3】

人気薄なんですからもうちょっと積極的にやって欲しかった気はします。
とはいえ、キャリアと間隔を考えれば、これ以上はやれなかったでしょう。

ビザンチンドリーム

【今週の追い切り】
栗東CWで併せ馬 国分優騎手が乗り
【86.4-71.0-55.2-39.3-11.6】

断然の1強だと思っていただけに、不満が残ります。
長目から追っているとはいえ、全体時計も、ラップタイムも?マークがつきます。
もちろん、馬なりで時計を出すことを優先していなかった意図はわかりますが、それにしても…。

ファーベント

【今週の追い切り】
栗東坂路で併せ馬 川田騎手を背に
【52.6-37.8-24.3-12.0】

ビザンチンドリームとは対照的にこの馬は良かった。
走りに余裕があり、ビシッと。
最後は馬なりのまま12秒0でまとめている以上にスピードを感じました。

≪評価を上方修正しないと≫

ブエナオンダ

【今週の追い切り】
栗東CWで併せ馬 酒井騎手を背に
【84.3-68.0-52.4-37.2-11.7】

良いフットワークで走る馬ですね。
調教内容も上々で力出せます。
ただ、良いフットワークの分、今の京都の馬場が合っているとは思えないですね。

レガーロデルシエロ

【今週の追い切り】
美浦坂路で単走
【54.4-38.3-24.4-11.7】

このラスト1ハロン11秒7という数字は今週の美浦坂路で一番速い時計です。
特筆できますし、この時計が出せると言うことは脚力があることは間違いがありません。

きさらぎ賞2024の有力馬4頭を予想

ここからはきさらぎ賞2024で買うべき有力馬を紹介していきます。

有力馬①:ビザンチンドリーム

私は1強だと思っています。
先週日曜東京12Rでドクタードリトルの単勝を10万買いましたが(260円)、思った以上につくならば、この儲けを全部買っても良いくらい。

WIN5は当然、1頭です!

有力馬②:レガーロデルシエロ

ビザンチンドリーム→レガーロデルシエロの馬単で20倍くらいつかないかなぁと思っています。

十分にこの決着は期待できると思っています。
馬単に5万円まではたぶんいれないでしょうが、1万円なら買って良いかなと。
筆者は1点買いなので、3連単で点数を多めに買うということはしませんが、パドック返し馬次第で馬単の相手となり得る面々だと思っています!

きさらぎ賞の穴馬2頭を予想

有力馬4頭には入れませんでしたが、個人的に注目している馬を紹介します。

ヴェロキラプトル

出走馬中唯一の2勝馬で、ホープフルSに駒を進めています。

G1からG3になりメンバーのレベルが下がったことにより期待大。
ただ逃げる馬ではなく好走できる馬です。

ファーヴェント

穴馬といえるかどうかはさておき、東京SP杯でシュトラウスの単勝を取っているので、この馬をそんなに強いとは思っていないのですが、それでもG3レベルならどこかでなんとかなって良い素材だとは思っています。

きさらぎ賞2024予想 おすすめ買い目

現時点での予想買い目を公開。
最終追い切り後に改めて買い目は更新します。

  • ◎ビザンチンドリーム
  • 〇レガーロデルシエロ
  • ▲ヴェロキラプトル
  • △ファーヴェント

※勝つのは◎ビザンチンドリームだと思っているので(この条件、この情勢なので枠順を気にする必要もない)、ワイドではなく、単勝か馬単で勝負したい。

おすすめ買い目
単勝:ビザンチンドリーム

もちろん、WIN5にも期待したい。
そう思っています!

きさらぎ賞2024予想 最終追い切り後のおすすめ買い目

追い切り評価のコメントを読んでもらって、誉めているのが単純に良い馬です。

・ビザンチンドリームの評価を下方修正しないといけません。
・ファーヴェントの評価を上方修正しないといけません。

そういう意味では大金勝負がしづらいレースになってしまったのが残念です。
WIN5においてもビザンチンドリームを1頭にするのは危険で、ファーヴェントは必ず入れたいですし、ファーヴェントの単勝が面白くなりました。

きさらぎ賞2024予想まとめ

以上、きさらぎ賞2024の予想でした。

有力馬
・ビザンチンドリーム
・レガーロデルシエロ
穴馬
・ヴェロキラプトル
・ファーヴェント

他にもきさらぎ賞2024の予想が欲しい方は、よく当たる無料予想を競馬予想サイトランキングに載っているすべてのサイトでもらえます。複数の予想を見てすり合わせることで勝率が上がるかも知れませんね。

重賞予想