PR

フェアリーステークス2024予想!買い目・有力馬・穴馬を無料公開!【追い切り評価付き】

更新日:
重賞予想

今回はフェアリーステークス2024の予想を公開!
買い目から注目ポイントまで徹底的に考察しています。

過去のデータから独自の予想をしているので是非参考にしてください。

この記事の執筆者
おたっしゃくらぶ
おたっしゃくらぶ(競馬歴22年)
1991年天皇賞秋に初めて馬券を買い、翌々週のニュージーランドトロフィーで馬連1点買いを的中。以後は1点買いを中心に、本命100万円の勝負などもしながら多くの的中を経験。現在も東京競馬場近くに在住しながら、競馬予想の日々に明け暮れる。
弥生賞ディープインパクト記念(G2)
3サイトで無料提供!

フェアリーステークス2024とは?今年の見どころを紹介!

フェアリーステークスは1月7日中山競馬場で開催される3歳牝馬によるG3戦で、1着賞金は3800万円です。

このレースは距離がマイルですので、桜花賞に向けてのステップレースとなっているのですが、今週の3日間開催で、特に関東の3歳牝馬が使えるレースがこのレースを含めて3つあります。

【初日中山のジュニアカップ】
OP特別の中山マイル戦で牡馬が相手となり、1着賞金も2000万円と約半分で、勝たないことには本賞金が加算されないので(桜花賞に向けてのプラスにならない)、除外された時に仕方なくこちらに回る(3歳牝馬の身でシンザン記念の京都まで遠征したくない)と言う意味合いでの兼登録となります。

カレンナオトメ、ニシノコイゴコロ(シンザン記念にも登録)、ラーンザロープスの3頭です。

【月曜京都のシンザン記念】
こちらに出ると牡馬を相手にしないといけませんが、1着賞金は4100万円で2着に入れば本賞金が加算されますので、特に期待している牝馬なら、京都金杯と同じ京都外回りのマイル戦ですから、オークスやNHKマイルCの予行演習となることで、こちらに回ります。

あのアーモンドアイがそうでしたね。

ニシノコイゴコロとラーンザロープスがフェアリーSとの兼登録で、ケーブパール(栗東・友道厩舎)がシンザン記念にしか登録しておりません。

単純にそれだけで決めるわけにはいきませんが、ケーブパールの名前は覚えておくべきでしょう。

フェアリーステークス2024 開催情報

開催日時 2024年1月7日(日) 15時45分発走
グレード G3
開催競馬場 中山競馬場 11R
コース 芝1,600m
性齢 3歳 オープン
斤量 定量
1着賞金 3800万円

フェアリーステークス2024 枠順・馬番・人気【1月4日更新】

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 人気
イフェイオン 牝3 55.0 西村淳也 4
エリカリーシャン 牝3 55.0 横山和生 11
カレンナオトメ 牝3 55.0 菅原明良 13
キャットファイト 牝3 55.0 坂井瑠星 2
キャプテンネキ 牝3 55.0 R.ピーヒュレク 9
ジークルーネ 牝3 55.0 R.キングスコー 7
スティールブルー 牝3 55.0 C.ルメール 1
ティンク 牝3 55.0 佐々木大輔 12
テリオスサラ 牝3 55.0 石橋脩 3
ニシノティアモ 牝3 55.0 田辺裕信 6
マスクオールウィン 牝3 55.0 津村明秀 5
メイショウヨゾラ 牝3 55.0 三浦皇成 8
メジャーデビュー 牝3 55.0 丹内祐次 14
ラヴスコール 牝3 55.0 横山武史 10

フェアリーステークス2024予想 コース分析

中山競馬場芝1600mのコース画像

中山・芝1600mは、ニュージーランドトロフィーやダービー卿チャレンジトロフィー、京成杯オータムハンデ、ターコイズステークス、そしてこのフェアリーSと重賞が5つも組まれているコースなのですが、スタートしてすぐの直線部分が少ないことで内枠が有利といいますか、外枠が圧倒的に不利なハンデキャップコースです。

有馬記念の2500mも外枠が不利ですが、あちらは距離が2500mあることでそこまでテンが速くなりませんが、こちらはマイル戦ですので、スタートの重要性が増すことで余計に不利が大きくなるという構図です。

スタート地点は1コーナー横のポケット。
高低差が5。3mもある芝コースの最高地点がスタート地点です。

2コーナーまでは緩やかな下りとなっていて、外回りの向こう正面から3~4コーナーに向かって約4.5mも下っていくことになります。

最初の2コーナーまでの距離が240mしかないことで、外枠に入った馬は外々を回らされることが多く、特に多頭数の外枠は圧倒的に不利となります。
新潟直線1000mの内枠と同じくらいに不利だと思っていれば良いでしょう。
下りをスムーズに回ってきた逃げ、先行馬が勢いそのままになだれ込むパターンが一番多いです。

3コーナー手前から一気にポジションを上げて捲った馬のアベレージも高いのですが、直線入り口でのポジションが大きく反映されます。

ゴール前の急坂も忘れてはならないポイントで、オーバーペースで坂を迎えた馬は差し馬の餌食となってしまいます。

フェアリーステークス2024予想 過去10年の結果・データ分析

年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2023良 1 14 55 キタウイング 11 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 14着 8
2 10 54 メイクアスナッチ 7 1勝クラス(東京芝1400m) 1着 1
3 1 54 スピードオブライト 6 京王杯2歳ステークス(G2) 3着 5
2022良 1 8 54 ライラック 5 京都2歳ステークス(G3) 8着 4
2 3 54 スターズオンアース 1 赤松賞(1勝クラス) 3着 1
3 2 54 ビジュノワール 7 新馬戦(中山芝1600m) 1着 1
2021良 1 9 54 ファインルージュ 3 未勝利戦(東京芝1400m) 1着 1
2 15 54 ホウオウイクセル 8 未勝利戦(福島芝1800m) 1着 2
3 1 54 ベッラノーヴァ 6 未勝利戦(東京芝1400m) 1着( 4
2020良 1 1 54 スマイルカナ 3 ひいらぎ賞(1勝クラス) 1着 6
2 8 56 チェーンオブラブ 7 赤松賞(1勝クラス) 4着 6
3 5 56 ポレンティア 5 新馬戦(札幌芝1500m) 1着 2
2019良 1 1 54 フィリアプーラ 3 未勝利戦(中山芝1600m) 1着 1
2 8 54 ホウオウカトリーヌ 4 黒松賞(500万) 1着 1
3 13 54 グレイスアン 5 新馬戦(東京芝1600m) 1着 1
2018良 1 14 54 プリモシーン 2 未勝利戦(東京芝1600m) 1着 1
2 10 54 スカーレットカラー 6 白菊賞(500万) 2着 6
3 13 54 レッドベルローズ 7 新馬戦(東京芝1600m) 1着 3
2017良 1 15 54 ライジングリーズン 10 アルテミスステークス(G3) 13着 12
2 3 54 アエロリット 1 サフラン賞(500万) 2着 1
3 8 54 モリトシラユリ 7 未勝利(中山ダ1800m) 1着 1
2016良 1 6 54 ビービーバーレル 3 赤松賞(500万) 3着 4
2 4 54 ダイワドレッサー 10 葉牡丹賞(500万) 9着 12
3 5 54 ダイワダッチェス 7 未勝利(東京芝1400m) 1着 1
2015良 1 4 54 ノットフォーマル 11 赤松賞(500万) 8着 6
2 15 54 ローデッド 8 未勝利(中京芝2000m) 1着 4
3 1 54 テンダリーヴォイス 3 赤松賞(500万) 2着 3
2014良 1 7 54 オメガハートロック 1 新馬(東京芝1600m) 1着 1
2 15 54 ニシノアカツキ 10 ベゴニア賞(500万) 11着 10
3 3 54 リラヴァティ 4 未勝利(阪神芝1600m) 1着 3

重賞やOP、さらには1勝クラスでの経験すらなかった馬の好走も多いレースなので、実績は問われません。

フェアリーS予想 過去10年の人気別成績から見るポイント

1番人気は1勝。

1着1回
2着1回
3着0回
圏外8回

受難と言いますか、散々な結果です。
こうなるのはレースの性格上ある程度仕方がないことで、本気で桜花賞を狙っているような大物は、暮れの阪神JFに出ているでしょうし、間に合わなければ、クーインCやチューリップ賞に回ることになります。

また、せっかく仕上げても16番枠などが当たろうものならその時点で終わってしまいますので、〝だったらシンザン記念に使おう”となりますから、そもそも大物が出て来ずらいわけです。

2番人気以降はどうなのか

では、2番人気、3番人気といった次位はでうでしょうか?

・2番人気
【1 0 0 9】

これも散々な成績です。

・3番人気
【4 0 1 0】

代わりにと言いますか、3番人気が大活躍しています。
たまたまとまでは言いませんが、マークもされず気楽な立場で自分の競馬が出来た馬が3番人気でしたという解釈で良いようにおもいますね。

ここまでの1番人気~3番人気までの30頭を一くくりにすると、
【6 2 1 21】

1~3番人気まででのどれかが、6割勝っているとは言えますが、連対率も馬券内率も低く、連対率で言えば、6番人気以下の伏兵が全体の半数を占める10連対と穴馬が台頭しやすいレースです。
実際に過去10年で3連単10万以上が半数の5回を占めており、昨年は51万7430円をつけました。

フェアリーS予想 過去10年の前走ローテから見るポイント

休養明けでの好走もそこそこみられますが、中10週以上で連対した馬はわずかに4頭(2割)なので、マイナスポイントとして良いでしょう。
また、6着以下の経験があった馬の好走も明らかに減少していますので、2018年以降の1~3着馬18頭に絞れば、該当馬は3頭だけとなります。

モノサシ=キャットファイト

いつもの年はモノサシと言える存在すらいないのがこのレースの常ですが、今年は、阪神JFに出て4番人気に推されたキャットファイトがいます。

関西に輸送したことで入れ込みがきつくて、レースの前に終わっていましたが、同じ中山1600のアスター賞が好内容。

G1阪神JFでは足りなかったが、G3フェアリーSなら大威張りできる素材です。

ただ、どうしても入れ込みが心配なので、当日に落ち着いているかがポイントとなりますし、1番人気受難(ルメール騎乗のスティールブルーが1番人気かも)のレースだと考えると、そこまで信用するのは危険かもしれません。

フェアリーステークス2024予想 追い切り評価

今週のレースは年末年始の変則日程ですので、全馬とはいきませんが、紹介したい5頭について一言ずつ述べておきます。

キャットファイト

美浦ウッドで単走
【65.6-50.3-36.6-11.6】

小脚を使うシーンもありましたが、終始手応えに余裕あり。
懸念のテンションもこの感じならそこまで心配しなくていいのかもしれません。

キャプテンネキ

栗東坂路で単走
【55.4-40.6-26.0-12.7】

調整程度で〝静”の調教。
530キロほどの大型馬なので、もうちょっと攻めて欲しかった気もします。

スティールブルー

美浦ウッドで併せ馬
【66.5-51.6-37.1-11.8】

迫力があって唸っています。
脚の回転が速く、完全に〝攻め”の調教です。
もうちょっと遊びが欲しいくらいですが、3歳牝馬がこんな動きを出来るのですから、【完全に買い】です!

テリオスサラ

美浦ウッドで併せ馬、石橋脩騎手を背に
【84.2-67.3-52.1-37.2-11.4】

切れを感じさせないほど軽く走っています。
なのに終いは11.4ですから、この馬も≪走る馬≫です。

マスクオールウィン

美浦ウッドで単走、津村騎手を背に
【85.6-69.0-54.1-39.0-11.4】

シルエットが良いですね。
何もせずとも終いの切れは目を引きますので、思った以上に完成度が高いのかもしれません。

フェアリーステークス2024予想 有力馬2頭

枠順や追い切りによる上げ下げがありますので、不利な枠に当たらない、追い切りでもマイナス評価がないと仮定しています。

有力馬①:スティールブルー

ルメール騎乗でアルテミスSの3着馬です。
さらにいえば、ジュニアCにもシンザン記念にも登録しておらずここ一本です(1勝馬なので除外の可能性もありますが)。

新潟とはいえ(上りの時計が速くなりやすい)新馬戦を勝った時の上りが32秒9とかなり秀逸でルメール騎乗と言うことも考えれば、こちらが1番人気かなぁという気もしますが、WIN5で買わないといけないでしょうね。

有力馬②:キャプテンネキ

ファンタジーSを負けたことで無理せずG1阪神JFには向かわず休養。
ここから再始動となりますが、この馬は栗東杉山晴厩舎の関西馬。
なのに、シンザン記念には目もくれず(2勝馬なので確実にここに出れるからなのもありますが)、ここ一本です。

ファンタジーSでは6着に過ぎませんが、勝ったりんどう賞よりも2秒2も1000m通過が速かったので、度外視して良いでしょう。

【勝負気配をプンプンと感じます】

フェアリーステークス2024予想 穴馬2頭

ラヴスコール

札幌でデビューし2戦目がアルテミスSと陣営が期待している素材。

アルテミスSで負けたことで次はここになったのはキャプテンネキと似ています。

マスクオールウィン

既に5戦を消化している馬で上がり目は感じませんが、逆に言えば、〝今のうちに少しでも稼いでおかないと”という馬でもあります。
もちろん、距離の1600mも課題ではありますが、この馬はレベルが高かった新馬戦、ボンドガールの組の4着。

距離延長が嫌われるならば、逆に妙味が増します。

フェアリーSの予想買い目

  • ◎スティールブルー
  • 〇キャプテンネキ
  • ▲キャットファイト
  • △ラヴスコール
  • △マスクオールウィン
  • △テリオスサラ
ワイドでのおすすめ買い目
スティールブルーとキャプテンネキ

スティールブルーはWIN5で1頭で攻めても良いかもしれませんが、安全策ならキャプテンネキ、キャットファイトの3頭で。
荒れるレースで人気馬が信頼できない結果が残っているレースですけども、今年は上位人気馬がしっかりしている印象なので、逆に人気馬の組み合わせで妙味を狙うというのが有益だと感じています。

3連単も買って良いかなと思っています。

3連単でのおすすめ買い目
1着スティールブルー
2着キャプテンネキ
  キャットファイト
3着キャプテンネキ
  キャットファイト
  ラヴスコール
  マスクオールウィン
  テリオスサラ
  
(8点)

1着キャプテンネキ
  キャットファイト
2着スティールブルー
3着キャプテンネキ
  キャットファイト
  ラヴスコール
  マスクオールウィン
  テリオスサラ

(8点)の計16点

弥生賞ディープインパクト記念(G2)
3サイトで無料提供!

フェアリーステークス2024予想 まとめ

以上、フェアリーステークス2024の予想でした。

有力馬
・キャプテンネキ
・スティールブルー
穴馬
・ラヴスコール
・マスクオールウィン

他にもフェアリーSの予想が欲しい方は、よく当たる無料予想を競馬予想サイトランキングに載っているすべてのサイトでもらえます。複数の予想を見てすり合わせることで勝率が上がるかも知れませんね。

重賞予想