PR

チャンピオンズカップ2023予想!最終追い切り・買い目・有力馬・穴馬を無料公開!

更新日:
重賞予想

チャンピオンズカップはジャパンカップより馬券的妙味が上!
明らかにそう断言できます。

今回はそんなチャンピオンズカップ2023の予想を公開!
買い目から注目ポイントまで徹底的に考察しています。

過去のデータから独自の考察をしているので是非参考にしてください。

※12月01日:最終追い切り評価・追い切り後の予想買い目を追記。

この記事の執筆者
おたっしゃくらぶ
おたっしゃくらぶ(競馬歴22年)
1991年天皇賞秋に初めて馬券を買い、翌々週のニュージーランドトロフィーで馬連1点買いを的中。以後は1点買いを中心に、本命100万円の勝負などもしながら多くの的中を経験。現在も東京競馬場近くに在住しながら、競馬予想の日々に明け暮れる。
弥生賞ディープインパクト記念(G2)
3サイトで無料提供!

目次

チャンピオンズカップとは?今年の見どころを紹介!

チャンピオンズCは、12月3日(日)に中京競馬場ダート1800mで行われるG1レースです。

まず先週を振り返ると、JCは良いレースでしたね。配当は安かったけども、あれだけの時計で走られたのではやはり古馬に分がある。
リバティアイランドも立派だったと思います。

ただ、配当が…。

スポーツとしての醍醐味を堪能させてくれたJCでしたけども、その配当は3連単でも1130円。

2点くらいで取れて5000円入ってましたくらいならば十分なんでしょうが、そういうわけにはいかなかった人の方が多いと思います。

それを考えると、

≪馬券的妙味は今週が上!≫
明らかにそう断言できます!

チャンピオンズカップ2023の注目ポイント

フルゲートの16頭に対し登録馬は19頭。

そのうち、JCで大逃げをうって沸かしたパンサラッサとプロミストウォリアが回避の予定ですので、ケイアイシェルビーだけが除外対象です。

大まかな構図は5戦無敗のセラフィックコールVS南部杯圧勝のレモンポップ。

セラフィックコールだろうが、レモンポップだろうが、イクイノックスほどの信頼感や裏付けが到底あるわけではありませんから、単純に言って他の馬からも入れる、ならば馬券はつくというシンプルでわかりやすい話です!

セラフィックコール

5戦5勝でもちろん強い馬なのですが、デビューは今年の2月。

前走のみやこSであっさりと重賞制覇を成し遂げたわけですが、G3としてはメンバーが手薄だったことも事実。
また、スタートや道中の反応、それに時計面と1案人気だということであれば、これだけ明確な不安のある馬を1番人気にして良いのか?と感じますね。

さらにいえば、これが一番大きいのですが…

『中京ダート1800mはスタート地点がホームストレッチの急坂の地点』なんですね。
5戦5勝とはいえ、その5戦とも出遅れているセラフィックコールにとっては、今回も出遅れが決定的と言えるところで、それでもこのメンバーのG1戦で前走のようなことが出来ますか?ということ。

レモンポップ

南部杯は確かに圧勝でしたし、G1馬に上り詰めたフェブラリーSにしても強かったことは事実です。
しかし、ご存じのように、この2レースはともに1600mのレース、しかもワンターンのコースであって、今回はコーナーを4回廻らないといけない1800m戦。

フェブラリーSの前は、べストは1400mと言われていた馬ですから、負けたところでいくらでも良いわけが利きます。

ただ、この馬は操縦性が高いので、1800mを400+1400といったレースが出来るのであれば好走の目は残っています。

セラフィックコールとレモンポップを2強と言って良いのかは別ですが、どちらにも、付け入る隙は十二分にある、そんなレースです!

チャンピオンズカップ2023の開催日程

開催日時 2023年12月3日(日) 15時30分発走予定
グレード G1
開催競馬場 中京競馬場 11R
コース ダート1,800m
性齢 3歳以上 オープン
斤量 定量
1着賞金 1.2億円

チャンピオンズカップ2023の枠番・馬番・人気【12月01日更新】

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 人気
1 1 メイクアリープ 牡4 58.0 9
2 2 メイショウハリオ 牡6 58.0 浜中 8
3 2 ジオグリフ 牡4 58.0 ビュイッ 10
4 3 テーオーケインズ 牡6 58.0 松山 3
5 3 ドゥラエレーデ 牡3 57.0 ムルザバ 12
6 4 グロリアムンディ 牡5 58.0 ルメール 7
7 4 ウィルソンテソーロ 牡4 58.0 14
8 5 アーテルアストレア 牝4 56.0 横山武 11
9 5 クラウンプライド 牡4 58.0 川田 6
10 6 ノットゥルノ 牝4 58.0 松若 13
11 6 ハギノアレグリアス 牡6 58.0 岩田望 5
12 7 セラフィックコール 牡3 57.0 Mデムー 2
13 7 ケイアイシェルビー 牡5 58.0 藤懸 15
14 8 アイコンテーラー 牝5 56.0 モレイラ 4
15 8 レモンポップ 牡5 58.0 坂井 1

チャンピオンズカップ2023の予想オッズ【12月01日更新】

馬名 予想オッズ
レモンポップ 3.5
セラフィックコール 3.5
テーオーケインズ 9.7
アイコンテーラー 10.1
ハギノアレグリアス 10.2
クラウンプライド 12.4
グロリアムンディ 13.7
メイショウハリオ 19.3
メイクアリープ 21.8
ジオグリフ 34.3
アーテルアストレア 41.0
ドゥラエレーデ 46.2
イットゥルノ 51.6
ウィルソンテソーロ 54.2
ケイアイシェルビー 72.8

チャンピオンズカップをコースの特徴から予想

中京競馬場D1800m

レースが行われる舞台の中京ダート1800mは、このチャンピオンズカップだけでなく、東海Sや名鉄杯といった名物レースが行われている舞台で、前述した通り、直線の坂の途中からスタートし、残り1000mまでが上り、そこから3~4コーナーにかけて一気に下ってラストの直線へ。

最後の直線でも高低差1。8mの急坂が待っており、上り切るとラスト200m強はほぼ平坦となっています。

やはり、スタミナを問われるコースですね。

チャンピオンズカップ過去10年のデータから予想

年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走
人気
2022
1 5 牡5 ジュンライトボルト 3 シリウスステークス 4
2 10 牡3 クラウンプライド 4 JBCクラシック 2
3 3 牡3 ハピ 6 みやこステークス 3
2021
1 6 牡4 テーオーケインズ 1 JBCクラシック 1
2 13 牡6 チュウワウィザード 3 JBCクラシック 3
3 11 セ7 アナザートゥルース 14 みやこステークス 10
2020
1 11 牡5 チュウワウィザード 4 JBCクラシック 3
2 2 牡7 ゴールドドリーム 3 マイルチャンピオンシップ南部杯 3
3 13 牡6 インティ 10 マイルチャンピオンシップ南部杯 5
2019
1 5 牡3 クリソベリル 2 日本テレビ盃 1
2 11 牡6 ゴールドドリーム 1 マイルチャンピオンシップ南部杯 1
3 4 牡5 インティ 3 みやこステークス 1
2018
1 2 牡3 ルヴァンスレーヴ 1 マイルチャンピオンシップ南部杯 2
2 12 セ6 ウェスタールンド 8 武蔵野ステークス 3
3 9 牡4 サンライズソア 3 JBCクラシック 1
2017
1 9 牡4 ゴールドドリーム 8 マイルチャンピオンシップ南部杯 2
2 13 牡5 テイエムジンソク 1 みやこステークス 2
3 1 牡7 コパノリッキー 9 JBCスプリント 1
2016
1 8 セ6 サウンドトゥルー 6 JBCクラシック 5
2 2 牡6 アウォーディー 1 JBCクラシック 2
3 4 牡5 アスカノロマン 10 みやこステークス 2
2015
1 4 牝6 サンビスタ 12 JBCレディスクラシック 1
2 1 牡3 ノンコノユメ 3 武蔵野ステークス 2
3 2 セ5 サウンドトゥルー 5 JBCクラシック 4
2014
1 8 牡5 ホッコータルマエ 2 JBCクラシック 4
2 4 牡5 ナムラビクター 8 みやこステークス 4
3 12 牡6 ローマンレジェンド 3 エルムステークス 3
2013
1 12 牡5 ベルシャザール 3 武蔵野ステークス 1
2 8 牡7 ワンダーアキュート 6 JBCクラシック 2
3 6 牡4 ホッコータルマエ 1 JBCクラシック 1

情報元:JRA

■1番人気は2勝

1着2回
2着3回
3着1回
圏外4回

連対率は5割とまずまずですが、勝率はわずかに2割、複勝率6割ですから、1番人気が強いレースとは言えません。

それもそのはずで、チャンピオンズCはもちろんG1レースですけども、この時期のダート路線では前にJBCクラシック、あとに東京大賞典と地方の舞台であっても大きなレースが続くことで、「何が何でもチャンピオンズCとはならない」からなんですね。

JCがわかりやすい例ですけども、強い馬がこぞって出てくるレースになるには抜けた賞金額が必要ということでもありましょう。

しかし、それが現実なんですから、それを踏まえて戦っていけば良いわけです。

チャンピオンズC予想!過去10年の人気別成績から見るポイント

1番人気馬がそんなに信頼できていないことはお伝えしました。

では2番人気、3番人気といった次位はどうでしょう?

・2番人気
【2 0 0 8】

なぜかピンかパーの結果になっています。

・3番人気
【2 3 3 2】

と、2番人気はおろか、1番人気を凌駕する成績です。

ただ、ここまでを合わせると1~3番人気までで6勝、2着も6回、3着も4回と、人気別でどうこうというよりも、〝人気馬はおしなべて信頼できる”くらいに思っているのが良いでしょう。

つまりは、今年の場合なら、1~4番人気、場合によっては5番人気までの中から1頭選ぶというスタンスで。

【◎】今年は、セラフィックコール、レモンポップ、クラウンプライド、テーオーケインズ、グロリアムンディ、ハギノアレグリアスくらいまでの中からとなります。

チャンピオンズC予想!過去10年の枠順成績から見るポイント

枠番 成績 単勝率 連対率 複勝率
1枠 【0-2-2-14】 0.0% 11.1% 22.2%
2枠 【2-2-2-14】 10.0% 20.0% 30.0%
3枠 【3-0-2-15】 15.0% 15.0% 25.0%
4枠 【1-1-0-18】 5.0% 10.0% 10.0%
5枠 【2-1-1-16】 10.0% 15.0% 20.0%
6枠 【2-1-2-15】 10.0% 15.0% 25.0%
7枠 【0-3-1-16】 0.0% 15.0% 20.0%
8枠 【0-0-0-19】 0.0% 0.0% 0.0%

7枠、8枠が勝っていません。

それどころか、7枠は2着が3回、3着が1回ありますけども、8枠は3着までに一頭も来ていません。

スタート地点が上りなことで、スタートダッシュでうまい馬とそうでない馬で差がつくことで、良いポジションを取り辛いことがその要因でしょう。

何番だから有利というよりも、外には行きたくない、せいぜい5枠までに収まりたいところですね。

チャンピオンズC予想!過去10年の前走ローテから見るポイント

前走レース 成績 単勝率 連対率 複勝率
JBCクラシック 【4-4-3-31】 9.5% 19.0% 26.2%
マイルCS南部杯 【2-2-1-6】 18.2% 36.4% 45.5%
武蔵野ステークス 【1-2-0-24】 3.7% 11.1% 11.1%
シリウスステークス 【1-0-0-6】 14.3% 14.3% 14.3%
JBCレディスクラシック 【1-0-0-2】 33.3% 33.3% 33.3%
みやこステークス 【0-2-4-33】 0.0% 5.1% 15.4%

■ステップ別の成績は、以下のようになっています。

・JBCクラシック
42頭で4 4 3 31

・みやこS
39頭で0 2 4 33

・武蔵野S
27頭で1 2 0 24

・シリウスS
7頭で 1 0 0 6

・JBCレディスクラシック
4頭で 1 0 0 3 

・日テレ杯
3頭で 1 0 0 2

連対馬を出したレースは上記の7レースで他にJBCスプリントとエルムSから1頭ずつ3着馬が出ています。

ただ、前走が5着以下だった馬からは、1着に1頭、2着に2頭、3着に3頭なので、やはり悪くとも4着までに来ていて欲しいですね。

チャンピオンズカップ2023の有力馬2頭を予想

チャンピオンズCで特に注目すべき出走馬2頭を紹介します。

メイショウハリオ

帝王賞の勝ち馬でJBCクラシック4着からの参戦。

中団から捲ってくる馬ですが、行こうと思えばもっと前につけれるはず。

一番のセールスポイントは、一度使って馬がピリッとしてきたこと。

テーオーケインズ

やはり、セラフィックコール、レモンポップをモノサシとしたときに、それ以外から選びたい、選ぶべきだ。

そのように思います。

この馬もJBC組で、実績十分。

一昨年の勝ち馬で昨年の4着馬。

昨年は本調子になかったこと、出遅れもあっての4着だっただけで、ここのところ勝っていないからと言って、力が明確に落ちたというわけではありません。

いずれにしても、メイショウもテーオーも、セラフィックコール、レモンポップよりよほど狙うべき存在だと思えますね。

チャンピオンズカップの穴馬2頭を予想

チャンピオンズCで有力馬2頭には入れませんでしたが個人的に注目している馬を紹介します。

ハギノアレグリアス

この馬も帝王賞の4着馬で下地は十分。

さらに同じコースの東海Sで2着しているように上り坂スタートという特殊な舞台に不安もありません。

ウィルソンテソーロ

かなりの穴かと思いますが、お父さんはイクイノックスと同じでキタサンブラック。

5着というのはどうかですが、この馬もJBCクラシックを走っています。

さらに、フットワークの力強さがまさに一段上の馬になったなを感じさせますので、狙うべき存在、そう申し上げておきます。

チャンピオンズカップ2023の予想買い目

チャンピオンズCの現時点での予想の買い目を公開。
最終追い切り後に改めて買い目は更新します。

セラフィックコール、レモンポップはあくまで押さえまで。

WIN5は出来れば4頭買いたいところです。

  • ◎メイショウハリオ
  • ○テーオーケインズ
  • 一応順番はつけましたが、ほぼほぼ同格だと思っていてください。

  • ▲ハギノアレグリアス
  • 注ウィルソンテソーロ
ワイドでの買い目
テーオーケインズ―メイショウハリオ

枠・追い切り次第で変わりますので、あくまでも現時点での買い目と思ってください。

チャンピオンズカップ2023予想!全馬の最終追い切り評価

チャンピオンズCは枠順も決まり、大方の精査が出来る段階に入っています。
あとは輸送後の状態と、作戦面、馬場状態までを確認すれば最終決断が出来る状況ですが、ここでは、追い切りをチェックして、各馬がどういう状態なのかを確認していきましょう。

今週は枠順別にみていきます。

1枠1番メイクアリープ

みやこSを好内容で走ったものの(個人的には単勝を10万買って悲鳴に)、セラフィックコールに屈しての2着。

【今週の追い切り】

戦績からは状態面での上昇が欲しかったところですが…

栗東CWで単走 81.7-66.7-51.8-36.8-11.9  
頭が高い走法は仕方がないですが、前走からキープは出来ていますが、これでは馬券は買えません。

2枠2番メイショウハリオ

前走はJBCクラシック。4着に負けていますが、1番人気に支持されていました。

【今週の追い切り】

栗東CWで併せ馬 83.4-68.4-53.5-38.0-12.1

ゴールでクビだけ出る予定通りの内容で、鋭い。

≪評価が上がりました≫

2枠3番ジオグリフ

南部杯でレモンポップに3秒2もの差をつけられています。

【今週の追い切り】

美浦Wで併せ馬 68.5-53.0-38.5-12.2

スムーズな脚捌きですが、大幅な上積みはなく、泡沫候補という扱いで良いでしょう。

3枠4番テーオーケインズ

JBCクラシックを2番人気で3着、一昨年の勝ち馬で昨年の4着馬と有力の一頭ですが…

【今週の追い切り】

栗東坂路で単走 53.1-38.6-24.8-12.3
一応の態勢ではあるのですが、もっと動くはずだという印象があるだけに…。

3枠5番ドゥラエラーデ

芝2200m、セントライト記念からの参戦。

【今週の追い切り】

栗東坂路で併せ馬 53.6-38.4-24.8-12.4
順調は順調ですが、訴えるものなし。

人気薄の3歳馬なのですから、もっと攻めて欲しかったですね。

4枠6番グロリアムンディ

ソウルでのコリアCをクラウンプライドの2着しての臨戦。

【今週の追い切り】

栗東CWで併せ馬、遅れ 80.7-66.0-51.8-37.1-12.0

遅れてはいますが時計は上々。

ただ、思ったほど状態が上がってきていないなと感じました。

4枠7番ウィルソンテソーロ

JBCクラシック5着からの臨戦(3番人気)

【今週の追い切り】

美浦坂路単走 55.1-40.5-25.5-12.4

終い重点で、静の調整。維持に重点で、ちょっとがっかりですね。

5枠8番アーテルアストレア

前走はJBCレディスクラシックでアイコンテーラーの3着。

【今週の追い切り】

≪木曜日に追っています≫

栗東坂路を併せ馬で54.0-39.2-25.1-12.7

半馬身の遅れ。軽めで反応を確かめることに主眼。

調教で余計な力を使わなかったとは言えますが、やはり、もうちょっと活気のある所を見せて欲しかったです。

5枠9番クラウンプライド

前走はコリアCで1着。そこから約3ヶ月振り。

【今週の追い切り】

栗東坂路を 51.0-37.4-24.5-12.5

鞭が2発入り気合をつける。迫力のある走りで、これは完全に≪良い≫

6枠10番ノットゥルノ

JBCクラシックを逃げて2着からの臨戦。

【今週の追い切り】

栗東坂路を併せ馬 52.1-37.2-24.1-12.1

スムーズな脚捌きで素軽い。そんなに時計が出ている感じはしないものの、実際に出ているわけで、こういう時は、間違いなく、≪好調≫

6枠11番ハギノアレグリアス

シリウスSを勝ってから2ヶ月半ぶり。

【今週の追い切り】

栗東坂路を併せ馬 53.8-39.4-25.2-12.1

全身気勢溢れる走り。順調以上の仕上がりで、ローテーション的にもマイルCSを2着したソウルラッシュのようなイメージ。≪買える≫

7枠12番セラフィックコール

5戦5勝。あんな雑なレースでメイクアリープ以下を問題にせず、私の10万円を紙屑にした馬。

【今週の追い切り】

栗東CWで併せ馬 86.7-69.7-53.9-38.5-11.6

捌きがスムーズなことは良かったのですが、もっと負荷をかけても良かったのでは?と思えるややセーブした内容。

スケールの大きさは認めても、出遅れ癖、外の枠に入ってしまったこと、本当の意味での一線級とは初の対戦(=格負けしないか?)など、課題が多く、他の馬を買って、この馬が強ければ仕方がない。

そういうスタンスで良いと思います。

7枠13番ケイアイシェルビー

武蔵野S4着からの臨戦。

【今週の追い切り】

栗東坂路で単走 51.0-37.4-24.5-12.5

叩きつける走法で、ウッドチップの跳ね上がりが目立つ。

力が足りるかは別だが、≪状態は良い≫

8枠14番アイコンテーラー

ダート3戦目でJBCレディスクラシックを制しての参戦

【今週の追い切り】

栗東CWで併馬 79.6-65.5-51.1-36.4-12.1

余力を残しながらもこの時計。

≪デキが良いというより一段上がっている≫
ただし、8枠なんですよねぇ(汗)。好枠があたっていたら、完全に買えたのですが。

8枠16番レモンポップ

南部杯を2着に2秒もの差をつける圧勝。

【今週の追い切り】

≪木曜日に追切っています≫

美浦Wで併馬 81.6-66.5-51.8-36.9-11.4
ラストの切れ味はさすがですし、ゴールを過ぎてからも追う念の入れよう。

≪完全に良い≫

しかし…。

よりによっての大外枠。

人事は尽くし、馬もそれに応えてくれているが、肝心の運の部分が…

競馬は甘くない、だからイクイノックスで勝った後、ルメールや木村調教師があれだけ泣いていたことに通じますね。

チャンピオンズカップ2023予想!追い切り後の推奨買い目

コメントを読んでもらって、誉めているのが単純に良い馬です。

そこに枠順も考慮すると…

  • ◎2メイショウハリオ
  • 〇9クラウンプライド
  • ▲11ハギノアレグリアス
  • △10ノットゥルノ
  • △13ケイアイシェルビー

ちょっと点数が多くなったとしても3連単で買って良いですね。

3連単フォーメーション

1着2
2着9.10.11.13
3着9.10.11.13
(12点)
1着9.11
2着2
3着9.10.11.13
(6点)

妙味込みなら2ー10のワイド1点もありです!

弥生賞ディープインパクト記念(G2)
3サイトで無料提供!

チャンピオンズカップ2023の予想まとめ

売れ方次第ですが、3連複でも結構つくのではと思えますし、単純にいえば3連単の6分の1の買い目で済みますので、馬単や3連単よりも3連複、ワイドで買うべき構図です。

ワイド、3連複なら、メイショウハリオよりも前でレースをするであろうテーオーケインズからの方が確率高い感じですね。

いずれにしても、極端な外の枠に入ると狙いを下げてください。

他にも予想が欲しい方は、マイルチャンピオンシップのよく当たる無料予想は競馬予想サイトランキングに載っているすべてのサイトでもらえます。複数の予想を見てすり合わせることで勝率が上がるかも知れませんね。

重賞予想