競馬予想サイトの後払いシステムは要注意!悪質手口5つの全貌公開!

競馬予想サイト 後払い

数多くの競馬予想サイトが乱立している今日この頃、良心的で健全にサイト運営している会社もあれば、残念な事に悪質で我々ユーザーを騙すつもりしかない悪質な競馬予想サイトも数多く存在しています。

その中でも特に気をつけてもらいたいサイトが、料金を後払いにしている競馬予想サイトです。一見すると「料金が後払いなんて良心的だな~」と感じるかもしれませんが、これが落とし穴です。

ほぼ間違いなく詐欺サイトですから絶対に騙されないように注意して下さい。こちらの記事では後払いシステムを採用している競馬予想サイトのシステムや、儲ける方法などを説明していきたいと思います。

2種類の後払い方法

2種類の後払い方法

基本的には競馬予想サイトは先払いです。先に料金を払って、その人の予想を購入して見せてもらうというのが一般的であり普通ですよね。良心的なサイトであれば、本当に競馬に詳しい人が、色々な理論や数値を用いて予想した、信憑性の高い予想を購入し、それを参考にして競馬予想をしていくと言う事になります。悪質なサイトであれば全くの素人が適当な予想を販売していると言う事になります。

さて、後払いシステムに話を戻しますが、料金を後払いで提供している競馬予想サイトには大きく分けて2つのタイプが存在しています。それが…

  1. 的中の有無に限らずに料金を支払うタイプ
  2. 的中した場合のみ的中金額の○%を支払うタイプ

この2つが料金後払いシステムの時に使用されるものです。それぞれのメリットとデメリットをまずは詳しく説明していきたいと思います。

的中の有無に限らず料金を後払い

後払いシステムのサイトでは採用している所は意外に少ないのですが、的中した・していないに関わらず、予想をもらったのであれば後で必ず料金を支払わないといけないといけないというもの。実質外れても料金を支払わないといけない訳ですから、前払いで購入したのと同じですよね。嫌なのは、外れているのに払わないといけないという事で色々な弊害が出るというもの。予想提供されたものが外れているのに、そこからまた予想料金を支払うのなんて嫌ですよね?

そういう方が沢山いてトラブルの元になるからか、的中の有無に限らず料金を後払いしないといけないというシステムを採用しているサイトは非常に少ないです。結局前払いと変わらないので旨味がありませんしね。時々採用している所はありますが、それは借りのようなものです。「今は元気がないから買えないけど予想を買いたい。給料が入ったらまとめて支払う」みたいな感じで、一時的に予想を借りているという状態です。こういう借りで使われるケースが多いのですが、ほとんどのサイトで使用されていません。

的中した場合のみパーセントを後払い

後払いシステムのサイトがほとんど採用しているのがこちらのケースです。「もしもこちらの競馬予想が的中したらその中から○%を情報提供料としてもらいます」というもの。一見するとめちゃくちゃ良心的なように感じませんか?自分の懐は全く痛めず、もしも予想が当たった時のみ、そこから%を払えば良いので、自分自身には被害は全くないように感じますよね。しかしここが落とし穴なんです。

「後払い」「報酬払い」「的中後払い」を謳っている競馬予想サイトはそのほとんどが残念ながら悪質な詐欺サイトです。という訳で的中した後に%を払うだけなんてノーリスクハイリターンじゃんと思って参加すると非常に痛い目に合うという訳です。一体どのような手法で痛い目に合ってしまうのか、それは下の項目で詳しく解説していきたいと思います。

悪質業者に要注意!後払いシステムに注意しなければいけない理由

一見するとノーリスクハイリターンのように感じる「的中してから料金を支払ってください」というシステムですが、うまい話ばかりと思って話に乗っかると悪質業者にお金を取られてしまいますので注意が必要です。後払いシステムを使う悪質サイトの手口をここからは紹介していきましょう。

トリガミでも情報提供料を支払わないといけない

トリガミでも情報提供料を支払わないといけない

後払いシステムで気をつけないといけないのはトリガミによる損です。トリガミというのは馬券は的中しているものの、買い目よりも払戻しの方が少ないという状態の事を差します。例えば1000円の馬券を購入し、的中したものの払戻し金額が800円だった場合、200円負けていますよね?このように馬券は的中しているけど賭けは負けているという状態をトリガミと言います。トリガミは競馬ではかなり頻繁におきるもので、競馬予想でガチガチの展開で有名馬がきた時にオッズが低い事でなります。

後払いシステムの落とし穴はトリガミで負けていても情報提供量は支払わないといけないという点です。「勝ったらもらう」のではなく「当てたらもらう」というあちらの言い分がある為、実際には当たっているのでこちらも強く言えない気持ちになってしまいますが、冷静に考えれば予想は的中しても負けている訳ですから、支払い拒否の権限もこちらはあるように感じますよね。

しかし悪質業者であればある程全く引かないでしょう。トリガミであろうともナンだろうとも予想は当たっている訳だから約束通りに情報提供量は払ってもらわないと困る。このまま支払わないのであれば法的手段に訴えるということを言ってくると思います。そうなると仕方なく払わざるを得なくなりますよね。トリガミで負けているのにそこから更にお金を支払わないといけませんから、二重に損をする形になります。まずはこれが悪質サイトが使う後払いシステムの駄目な点の一つです。

大量の買い目を送ってきて…

大量の買い目を送ってきて…

大量の買い目を送りつけてきて、たまたま当たった1つの予想を的中予想したんだから払えと言って来るサイトもあります。競馬予想は普通であれば何点か絞って行うものが普通ですが、悪質な競馬予想サイトはそうではありません。何点も大量に買い目を送り、その中のガッチガチの予想が当たっただけで「予想が的中しているんだから情報提供量を払ってもらわないと困る」と言ってくるという訳です。

ガッチガチの本命予想が当たっただけでは大きなお金にはなりませんよね。そんな予想でも後払いシステムのサイトであれば後で請求がくるのであればたまったものではありません。さらに大量の買い目を送れば、その中の一つ位は大体当たるでしょう。特にガッチガチの人気馬であれば更に当たる可能性が高くなりますよね。そんなものを当てた所で競馬予想サイトとしては何の魅力もない訳ですが、後払いシステムを導入しているサイトとしては「当たったら支払い」と言う事になっていますので、アタリ馬券がどれ位かは基本的に問わないという所が多いのです。

ガッチガチの馬券が当たっても基本的にはマイナスですよね。上で言ったようにトリガミになっている可能性が高いですから、それから更にサイトに支払うというのも無駄なお金を使う事になります。大量の買い目が送られてきたらサイトとのアクセスを切り、迷惑メールにいれるのが良いと思います。大量の買い目からたまたま当たったレースで、請求を要求されるという被害は多く出ているのが実情です。

的中していると言い張る

的中していると言い張る

最も厄介なのが「的中している」と言い張る悪質サイトです。カラクリを説明していきましょう。後払いシステムを導入しているサイトから当たりレースの予想を送っていると主張してきます。しかし実際にメールなどをチェックしても見つからない…その理由を相手に連絡すると提供日にサーバーが落ちたりメールが届かなかったりと、閲覧できなくなるアクシデントが多発します。

アクシデントによりレース前に当たりレースを確認する事はできなかったものの、こちらは当たりレースを的中させているのだから、アクシデントがあったのはそちらのミスだから料金は支払ってもらうという言い分です。あちらとしては「当たったんだから料金は支払ってください。その時見えてなかったとしてもこちらは関係ありません」という言い分です。

これは相当悪質なサイトによるものですが、実際に被害にあっている人が多くいるので行っているサイトは多くあります。それじゃあ仕方ないか…と諦めて絶対に支払いをしないように注意して下さい。まず間違いなく当たりレースを予想しているなんて事はありません。

個人情報を使った悪質な手口

個人情報を使った悪質な手口

後払いシステムを使っているサイトは『事前に個人情報を抑える』サイトが非常に多いです。表向きの理由は「いたずら防止は料金請求を確実に行う為」というものですが、悪質サイトのほとんどは、その個人情報を転売したりしてお金にしています。

それだけならまだしも、多くの悪質サイトはそれで得た個人情報に直接ハガキなどを送り料金請求をしてくる所も多くあります。家族は肉親にバレたくないという人は、これ以上ハガキを送ってきた貰いたくないので料金をしぶしぶ支払ってしまうという訳です。住所を握られているという恐怖感と、身に覚えのない請求書に驚いて支払ってしまう人が多くいるのが実情です。絶対に身に覚えのない請求書で支払いはしないようにしましょう。

情報量は後払いでも登録料やサービス料がかかる

情報量は後払いでも登録料やサービス料がかかる

後払いの競馬予想サイトは情報提供量は後払いでも、他に登録料はサービス料金などの名目で支払いを請求するところが多くあります。気がつけば後払いにも関わらず先に色々な支払いをしなければならないと言う事になり、前払いのサイトよりも多くのお金を支払っていると言う事が多くあります。

後払いだからお金があまりかからないと油断していると、色々な名目で支払いを要求されますので要注意です。支払い名目が何であれば、後払いシステムを採用している所は悪質サイトばかりですから、利用しないのが一番だと思います。

まとめ

一見するとノーリスクハイリターンで良心的な制度のように感じる後払いシステムですが、実情は悪質サイトばかりの酷い業者が運営している悪いサイトばかりです。後払いという甘い罠に引っかかったユーザーからお金を取ろうとしているサイトばかりですから、後払いと言う言葉を見つけた時点でそのサイトからは撤退する事をオススメします。

最後に後払いで有名な競馬予想サイトを紹介します。

・ディグリーズ

競馬予想サイト「ディグリーズ」は後払い形式の悪徳競馬予想サイト!

・リアルセレクター

競馬予想サイト「リアルセレクター」の後払いは終了して別サービスを始めた!

・馬ヘブン

馬ヘブン(競馬後払い天国馬ヘヴン)の口コミ・評判・予想の的中率を調査

上記の競馬予想サイトは使わないほうが良いでしょう。