競馬展望プラスの予想精度は高かった?6人の出演者の予想と結果も紹介!

投稿日:
競馬 展望 プラス 予想

「競馬展望プラス」は、競馬情報番組として2012年から2019年にかけて放送されていた番組です。

関東版と関西版があり関東版は2012年10月6日から2019年3月30日、関西版は2012年10月5日から2019年3月29日まで放送されていました。

番組のコンセプトは【「中央競馬」プラス「地方競馬」】ということで、地方競馬に関しても厚みのある情報が提供されていた点は競馬ファンからも重宝されていたのです。

また、出演していた解説者は中央競馬を担当していた記者でしたが、司会者は地方競馬との縁がある人選でした。

この記事では、改めて競馬展望プラスの出演者が予想していた内容の信頼性などについて検証してみましょう。

競馬展望プラスの番組内容

競馬展望プラスは番組開始から1年半がJRA、以降は地方競馬全国協会による提供を受けていたこともあり内容はしっかりしたものになっていました。第一に取り上げられるレースは中央競馬で注目される週末開催であり、解説者が重賞のレースをはじめとしてくわしく掘り下げていきます。

加えて地方競馬のグレードレースも網羅され、次の週に開催されるダートグレード競走ないし地区の交流重賞が展望される内容です。

予想にかかわるコーナーとしては、以下のようなものがありました。

メインレース展望

競馬展望プラスのメインレース展望

関東版のコーナーであり、コーナーの前半では関東で行われる中央競馬のメインレースを取り上げます。

ただ関東で行われるメインレースが重賞ではない場合、関西でGIのメインレースが行われる場合には関西のメインレースに関する内容となり関東のレースは扱われません。

コーナーの後半では、地方競馬の交流重賞から2レースが話題となります。そして、解説者が注目し人気薄ながら期待することができそうな馬の出走するレースが最後の話題です。

中央競馬レース展望

競馬展望プラスの中央競馬レース展望

関西版のコーナーであり、まず週末に行われる重賞のうち関西での開催を中心として1レースから2レースがピックアップされます。GIの開催される週は場合により、該当レースだけが展望の対象です。

そのほか関東でGIのトライアルレースが開催される予定などがあれば、そのレースが優先にもなり得ます。

最後には、解説者がそれまで取り上げられていないレースから予想に自信を持っている1レースについておすすめの馬を紹介して終了です。

地方競馬レース展望及び1週間地方競馬のトピックス・特集

競馬展望プラスの地方競馬レース展望及び1週間地方競馬のトピックス・特集

関西版のコーナーであり、1週間以内に地方競馬で開催される重賞レースがある場合にはその予想が披露されます。

出走馬が地方馬に限定されている場合は司会の赤見千尋さんが展望し、ダートグレード競走では赤見さんによる地方馬の紹介と解説者によるJRA出走馬の紹介です。

競馬展望プラスの出演者6名による予想と結果

競馬展望プラスには関東版、関西版のそれぞれで複数の解説者がローテーションを組んで出演していました。その予想と結果を下記にまとめましたので、解説者ごとの詳細を確認してみてください。

中西徹さんの予想と結果

競馬展望プラスの中西徹さんの予想と結果

関東版に出演していた中西徹さんは「内外タイムス」、「日刊競馬」などで活躍してきました。内外タイムスの紙面にはじめて登場した際にはいきなり万馬券を5本当て、また15週にわたり連続で万馬券を的中させた実績もあります。

番組では2018年10月7日の毎日王冠では、予想された1番人気のアエロリットが見事に勝利を飾りました。

翌日2018年10月8日の京都大賞典でも2番人気、単勝オッズ2.3倍のサトノダイヤモンドを的中させています。

2018年11月4日の東京12Rで2番人気、単勝オッズ3.0倍から勝利したレッドオーガーが中西さんの挙げた「明日の特注馬」です。

また2018年12月2日の中京11Rチャンピオンズカップが予想通りに1番人気、単勝オッズ1.9倍だったルヴァンスレーヴの勝利となりました。

2019年2月10日のデイリー杯クイーンCでは、予想したクロノジェネシスが1着に入っています。

2019年3月10日の中山9R、館山特別では「明日の特注馬」として単勝オッズ2.0倍のイェッツトを的中させました。

山下健さんの予想と結果

競馬展望プラスの山下健さんの予想と結果

関東版に出演していた山下健さんは、2009年に「競馬ブック」へ入社しました。番組では2018年10月28日の東京9R河口湖特別で1番人気の単勝オッズ3.0倍、パイルーチェを「明日の特注馬」として本命にしています。

また、最終回では2019年4月3日の川崎クラウンカップを予想し、2番人気の単勝オッズ5.9倍だったホールドユアハンドを本命に挙げて的中させました。

安中貴史さんの予想と結果

競馬展望プラスの安中貴史さんの予想と結果

関東版に出演していた安中貴史さんは、競馬ブックのトラックマンとして活躍しています。

2020年8月には、フリーアナウンサーの石原李夏さんと結婚したことでも話題になりました。

番組では2019年3月17日の中山6Rで1番人気、単勝1.9倍のセリユーズが的中させた実績があります。

赤塚俊彦さんの予想と結果

競馬展望プラスの赤塚俊彦さんの予想と結果

関東版に出演していた赤塚俊彦さんは、2008年から競馬ブックで活躍しています。あくまでも、レース本番で良いパフォーマンスを見せそうな馬に注目するスタイルが人気です。

2018年9月30日の中山4Rメイクデビュー戦に関しては、「明日の特注馬」としたフィルムフェストが1番人気に応えて勝利しています。

2018年10月14日の秋華賞では前評判通りながら、1番人気のアーモンドアイをしっかり的中させました。

2019年1月13日の京都11R日経新春杯では1番人気、単勝オッズが2.7倍だったグリーリーヴェイズの1着を当てています。同日の予想では「明日の特注馬」として挙げた中山9R黒竹賞、デアフルーグの勝利も的中させました。

藤原有貴さんの予想と結果

競馬展望プラスの藤原有貴さんの予想と結果

関東版に出演していた藤原有貴さんは休刊まで「ホースニュース馬」に在籍した後、「研究ニュース」へ入社しました。データに想像力を加えた予想が、厚い信頼を得ています。

番組では2018年11月11日の福島11R福島記念で2番人気、単勝オッズ4.5倍のスティッフェリオが1着になると的中させました。

柏木集保さんの予想と結果

競馬展望プラスの柏木集保さんの予想と結果

関東版に出演していた柏木集保さんは1973年に日刊競馬新聞社へ入社し、「日刊競馬」において看板の予想家として活躍してきました。編集責任者ではないものの、「編集長」の肩書きもついています。

番組では2019年2月24日、中山11R中山記念で5番人気、単勝オッズが7.0倍だったウインブライトの1着を見事に予想しました。

また、2019年3月27日には浦和11R桜花賞で、トーセンガーネットの1着を的中させています。

まとめ

当記事では、2019年3月29日に終了してしまった競馬番組「競馬展望プラス」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

競馬展望プラスは2012年から2019年にかけて競馬番組として放送されるなか、解説者陣によるレースの予想が度々的中するということで競馬ファンの間から人気を博しました。レースの展望は関東版ののメインレース展望、関西版では中央競馬レース展望や地方競馬レース展望及び1週間地方競馬のトピックス・特集といったコーナーで行われたものです。

ローテーションで出演していた解説者には日刊競馬で看板予想家として活躍している柏木集保さんら、名だたるトラックマンが名前を連ねました。

番組の最終回にも山下健さんが予想した通り、2019年4月3日の川崎クラウンカップで2番人気だったホールドユアハンドの勝利が的中しています。地域を限っての放送でしたがこういった質の高い番組の登場は全国放送、ローカルを問わず今後にも待たれるところです。

競馬予想サイト おすすめランキング