競馬予想Dとは?サイト内容の調査や2017年に閉鎖してしまった理由を徹底検証!

投稿日: 最終更新日:
競馬予想d

かつて「競馬予想D」という競馬予想サイトがあったのはご存じでしょうか?「競馬予想D」では、ユーザーが自分の予想を投稿し、自分のブログの宣伝も可能なる競馬予想サイトでした。

2020年9月11日現在、閉鎖していことが確認できたため利用はできませんが、当記事ではかつて運営されていた「競馬予想D」がどのようなサイトだったのか、閉鎖してしまった理由などを検証していきます。

競馬予想Dはどんなサイト?

競馬予想Dは、サイトに登録したユーザーが予想を持ち合い、お互いにその予想の閲覧できるサービスでした。また、予想ブログをお持ちの方であればブログなどのURLもあわせて登録可能で、競馬予想Dからリンクをしてもらえるメリットもあったサービスだったようです。

以下では、そんな「競馬予想サイトD」がどんなサイトだったのか、詳しく調査していきましょう。

2008年から運営がスタート

競馬予想d運営

「競馬予想D」のドメインでもある「keiba-d.net」のドメイン取得日を調査していくと、2008年10月27日に取得されていたことが分かりました。現在は2020年なので約12年前ということになります。

また、「競馬予想D」のサイトは2017年ごろから更新が途絶えてしまったので、そこが閉鎖された時期と推測できます。つまり、2008年から2017年までの約9年間も「競馬予想D」を運営していたことになるでしょう。

近年の競馬予想関連のサイトは、1年未満で閉鎖してしまうことも少ないため、「競馬予想D」は老舗サイトの部類に入っていたのです。

完全無料のサービス

完全無料のサービス

「競馬予想D」は完全無料で提供していたサービスでした。

サイト上には、さまざまな競馬関連の広告が貼られており、「競馬予想Dとは?」というページにも「広告にて運営しています。」と明記されていました。

また、2008年ごろはGoogleのSEOによる評価も今ほど厳しくなく、アフィリエイトの単価も高いものが多くあったため、それなりの収入が入っていたのかもしれません。

競馬予想Dの運営は「競馬インジケータ指数」の開発者

競馬予想Dの運営は「競馬インジケータ指数」の開発者

「競馬予想D」の運営者は「競馬インジケータ指数」の開発者であることが分かりました。サイトのフッター部分には「システム開発:競馬インジゲータ」と書かれているので、その関係性は明らかです。

そして、競馬インジケータ指数はDWH(データウェアハウス)技術で作られた指数と記載がありますが、指数の算出方法も書かれておらず、何をもとに作られた指数なのかは分かりません。

しかし、指数を開発できるような方であれば「競馬予想D」でも自ら予想を提供してほしいところですよね。

ユーザーが投稿した予想が見れる

ユーザーが投稿した予想が見れる

「競馬予想D」は、基本的に登録したユーザーが予想を投稿し、それを閲覧できるサイトとなっています。

つまり、「競馬予想D」自体が提供する予想は皆無で他人の予想しかないのです。つまり、「競馬予想D」は予想サイトというよりかは、みんなの予想を集めるプラットフォーム的な存在だったのかもしれません。

また、サイトのトップページには「直近の予想登録数BEST10」というものが公開されていますが、集計期間も記載されておらず、いったいどれだけの方が「競馬予想D」を利用していたのかを判断するのは難しいです。

ちなみに、調査できた直近の予想登録数Best10は以下の通りです。

・オレはしげっちさん:233R
・ekoeko9さん:121R
・馬韋蹴さん:61R
・そら&るいさん:50R
・ティグレさん:46R
・侘び助上等兵さん:41R
・lennonさん:36R
・いわQ大繁盛さん:34R
・KENGO1979さん:28R
・TOMEさん:22R

直近の予想登録数BEST10を見ると、「オレはしげっちさん」という方が多くの予想を登録しており、その大半を占めています。推測ですが、「競馬予想D」は多くの利用者がいたのではなく、極一部の利用者が多くの予想を登録したことで成り立っていたのかもしれません。

競馬予想Dの予想の精度は?

競馬予想Dの予想の精度

登録したユーザーから予想が登録されている「競馬予想D」ですが、その予想の精度はどの程度のものだったのでしょうか。

競馬予想Dのトップページには、「単勝回収率Best10」「単勝的中率Best10」が記載されていたので、まずは「単勝回収率Best10」を見ていきましょう。

・ぬ味さん:250.0%
・dangan11さん:243.3%
・トイチさん:170.0%
・ norisさん:161.1%
・そら&るいさん:143.0%
・KENGO1979さん:118.2%
・侘び助上等兵さん:110.4%
・ガッチャぴンさん:102.7%
・オレはしげっちさん:97.0%
・TOMEさん:94.7%

回収率をみると、10位のユーザー以外は回収率は100%を超えています。当たり前ですが、回収率は100%を超えないと利益がでていないことにはなりますが、なかなか簡単なことではありません。

しかし、「競馬予想D」で公開されている予想は100%を超えるものが多く、1位・2位は両者250%近い回収率があり、かなり精度の高い予想が公開されていたののかもしれないですね。

次に単勝的中率Best10を見ていきましょう。

・ekoeko9さん:28.1%
・オレはしげっちさん:27.4%
・Rookieさん:25.0%
・dangan11さん:22.2%
・norisさん:22.2%
・TOMEさん:21.1%
・馬韋蹴さん:21.1%
・ガッチャぴンさん:20.0%
・そら&るいさん:19.1%
・lennonさん:18.9%

的中率にはあまり差がなく、どの方の予想も3回から4回に1度的中するような具合でしょう。そのため、競馬予想Dの予想は単発で勝負する形ではなく、長期的にコツコツ稼ぐような方法が向いていたのかもしれません。

また、運営当時に予想していた方のブログのなかには、今も運営を続けているブログもあるので、気になる方は探してみてもよいでしょう。

なぜ競馬予想Dは閉鎖してしまったのか

2008年から2017年の9年近く運営していた「競馬予想D」はなぜ、閉鎖に追い込まれてしまったのでしょうか。

実は、「競馬予想D」のサイトには閉鎖した理由は掲載されていませんでしたが、「競馬予想D」と関係性の高い「競馬インジケータ指数」のホームページ上で閉鎖の理由が語られていました。

その理由はどのような内容だったのか、ご紹介します。

肺がんが理由で閉鎖

競馬予想Dの閉鎖理由

2017年2月に「競馬インジケータ指数」のホームページ上に、閉鎖についての理由が掲載されていました。その理由は、「競馬インジケータ指数」の開発運営者でもある「野本さん」が末期の肺がんを発症させたからとあります。

また、メールを見る作業でさえも体に負担がかかり、やっとというような状況だったようで、病状は芳しくないことも分かります。

本来は、「競馬予想D」「競馬インジケータ」両方のサイトを継続したかったのかもしれませんが、末期の肺がんとなればそう長くはないでしょうし、やむを得なく閉鎖することになってしまったのでしょう。

まとめ

今回は2017年に閉鎖してしまった「競馬予想D」がどのようなサイトだったのか、なぜ閉鎖してしまったのかを調査しました。

競馬予想Dは登録した方が予想を登録し、それを閲覧できるというサービスでしたが、登録されている予想は、今回の調査で的中率が高かったことが判明しました。

しかし、2017年に開発者が体調不良になってしまい、やむを得なく閉鎖となってしまい現在利用することはできません。最近でもユーザーが予想を投稿する形のサービスはいくつかありますが、ここまで回収率が高いサイトはほぼないと言っても過言ではないでしょう。

競馬予想サイト おすすめランキング