競馬でWIN5を予想する方法は?勝つための4つの予想方法を紹介

投稿日: 最終更新日:
競馬 win5 予想

「WIN5(ウィンファイブ)」とはJRAから発売されている馬券の一種であり「5重勝単勝式」というものです。2011年に発売が開始された馬券であり、2018年9月23日以降に競馬場やWINSで購入することができるようになるまではインターネット上でしか取り扱われていませんでした。

馬券を購入する場合、普通であればレースの「縛り」というものはありません。自分で好きなレースを選び、予想が難しそうであれば「回避」することも自由です。
しかしながらWIN5に関しては、JRAが対象として指定している5レースで1着になる馬を当てなければなりません。

この記事では、そういった意味で的中への難易度が高いWIN5について予想方法をくわしくご紹介しましょう。

WIN5の3つの買い方

WIN5の3つの買い方

WIN5の対象とされるレースについては、定義があります。まずは、毎週日曜日に開催されるメインレースで発走時刻がもっとも遅いレースが「起点」です。

そこから発走の時間をさかのぼった5レースについて、1着となる馬を予想しなければなりません。金額は100円単位であり、馬券の購入方法には次の3通りがあります。

完全セレクト:すべてのレースについて自力で予想する
一部セレクト:任意の4レースまでは自力で予想し残りはコンピューターに任せる
ランダム:すべてのレースをコンピューターに任せる

一部セレクトとランダムで任せるコンピューターに関しては、予想が行われるものではなく完全に無作為での採番が行われることになります。

5レースで1着になる馬をすべて的中させなければならないということは、当然ながら難しいものです。4レースを的中させても、残り1レースが外れれば結局は外れ馬券になってしまいます。

その難易度から、2020年までの払戻金では2019年2月24日に1票だけが的中したケースで実に471,809,030円という金額が最高額です。

的中なしの例もあり、2011年9月4日には852,808,741円がキャリーオーバーとなりました。

WIN5の4つの予想方法

競馬のレースを予想する上では、普通に1レースを予想するだけでも確実に当てることができるわけではありません。それが5レースになるのですから、予想が難しくて当然です。

そこで、以下ではWIN5の基本となる予想方法をご紹介します。

人気上位の馬を予想する

人気上位の馬を予想する

的中だけを重視するのであれば、対象レースで人気上位の馬を予想することがひとつの方法ではあります。ただ、もちろんそういったかたちで当たったとしても高額の配当を見込むことはできません。

2015年11月1日にはWIN5スタート以来はじめて、すべてのレースで1番人気の馬が勝利する結果となりました。この際の払戻金は、10,260円となっています。

万馬券ではあるのですが、億単位の払戻金も出ているWIN5では物足りない感覚になるのではないでしょうか。

すべてのレースで1番人気と2番人気の馬が勝利したケースも、いくつかあるにはあります。ただ2頭ずつをすべて押さえようとすれば、買い目は32通りになる計算です。

このような決着は1年間で見ても何度かあれば良い方であり、払戻金も高くて10万円になるかどうかというところですから回収率は好ましいものではありません。

予想されるレース展開に合わせた買い方をする

予想されるレース展開に合わせた買い方をする

WIN5の対象レースをそれぞれ確認し、すべてが人気上位で堅そうだということであれば購入を回避しても良いかもしれません。あまりにも荒れる要素が多いケースも難しくなりますから、この見極めは難しいところでもあります。

まず圧倒的人気馬がいるレースでは、馬券の性質上、いくら1レースで人気薄の馬を的中させたとしても他のレースで「取りこぼし」があっては結果は無に帰してしまうのです。

購入すべしと見る場合には圧倒的人気、たとえば単勝のオッズで1倍台となっている馬が1頭だけいるようなレースは1頭に絞ってしまうことをおすすめします。

また、人気上位馬の実力が伯仲し「2強」や「3強」による白熱した争いが予想されるレースでは、まさに上位馬の勝利する確率が五分五分といったようになります。

この場合はなるべくであれば2頭に絞り込みたいところですが、とにかくどの馬が抜けてきてもおかしくないと見れば3頭を押さえておいても良いでしょう。

最後に、単勝オッズ一桁の馬が多いレース、つまり10倍に満たない馬が多いレースはかなりの混戦模様になると見込まれます。圧倒的な人気馬は不在でたとえば単勝オッズ3倍以上の馬が5頭以上といったケースであれば、まずは少なくとも上位の2頭は押さえておきましょう。

あとは直前の様子も確認した上で、飛び出してきそうな馬も加えたいところです。何にしても外すと終わりですから、ここで買い目がある程度増えることはやむを得ません。

買い目はできるだけ少なくする

買い目はできるだけ少なくする

圧倒的な人気馬がいるレースであっても、その馬に不安要素があることを考える必要はあります。調教の内容が思わしくない、あるいは前週まで休養していたという状況であれば「2番手」も買っておきたいところです。

1番人気が万全であればそのレースは1点だけにとどめ、別のレースへ点数を振り向けましょう。WIN5では5レースを買うかたちになりますから、1頭にするか2頭にするかでも点数が大きく異なることになります。

混戦が予想されるレースは確かに難しいのですが、逆に考えると人気にはそこまでこだわる必要がないと言うこともできるでしょう。

ほかのレースで買い目が抑えられれば、オッズ一桁の馬をすべて買うというように余裕を持たせることも可能です。もし全レースで混戦になりそうな気配があれば、購入を回避することも一手ではありますがリスクの高い対象レースで無理に手広く買う必要もありません。

調教内容や枠順、コースに対する適正など重視するポイントがあればそれに沿って最小限の点数に押さえる予想方法もあってしかるべきです。

WIN5を買い続けるには購入金額も考える

WIN5を買い続けるには購入金額も考える

WIN5の対象レースが順当に1番人気馬で決着する展開ばかりになりそうであれば、払戻金はそこまで高額になりません。それを考えると、購入額も5,000円を下回る程度にとどめたいところです。買っても本命のほか、万が一の場合を考えてもう1頭が無難な上限でしょう。

混戦が多く予想されるケースの中で単勝オッズにして2倍台までのある程度落ち着いたレースがあれば、そこは1頭に絞ることをおすすめします。

混戦のレースに買い目をできるだけ確保し、金額としては2万円程度を上限としましょう。

長期的な視点で見ると、1年間でWIN5はおよそ50回の発売機会があるということになります。1回につき2万円の予算を投じるとなると、1年間での購入額はおよそ100万円です。

かなりの金額になりますが、WIN5で100万円単位の的中額は珍しいものではありません。一度的中させれば、十分に回収することは可能です。

まとめ

今回は高額な配当金の夢があるWIN5の予想方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

WIN5は、JRAが指定する5レースについて1着となる馬をすべて的中させることで当たりとなる馬券です。5レースすべてですから的中のハードルは高いものであり、億単位の配当になるケースもあります。

逆にすべて1番人気で決着するといった場合ですと、払戻金が高額でも10万円程度となり旨味がありません。

予想する上では人気馬で決着しそうなレースに混戦が見込まれそうなレースも含め、バランスの良いレース配分に勝負を賭けたいところです。

競馬予想サイト おすすめランキング