競馬は血統で勝ち馬がわかる?稼ぐためにおすすめしたい血統本5選

投稿日:
競馬 血統 本

競馬の血統を学べる本をお探しの方はいませんか?

競馬はブラッドスポーツといわれるほど、血統がとても重視されています。

そこで、当記事ではおすすめの血統本5選をご紹介します。

ぜひご参考ください!

1:血統は競馬予想で大事な要素

競馬を予想するときに、重視するポイントは人それぞれです。
競馬予想は個性が出る部分もあり、だからこそ面白いということも言えますよね。

様々な予想ファクターの中でも、競馬評論家がよく重視するのが血統です。

競馬はブラッドスポーツと呼ばれ、血統がレース結果に大きな影響を及ぼすこともあるんです。
血統を紐解いていくことで、過去のデータではわからない部分も予想することができます。

牧場の生産者も日々血統を勉強しながら、配合を研究しています。

競馬ファンもその血統を学ぶことで、「2400mは初めての距離だけど、血統からすると適性があるかもしれない」と判断できるんです。
ただし、血統は今まで勉強したことがない人にとっては、内容も難しく感じてしまうかもしれません。

そこで、今回は競馬予想に役立てるために読んでおきたいおすすめの血統本を紹介します。
最近は血統を重視した予想を展開している競馬評論家も増えているので、血統を駆使した予想で高額配当を手にしてくださいね。

2:競馬で勝ちたい人におすすめの血統本5選

競馬で勝ちたい人におすすめの血統本5選

血統は、とにかく知識が大切です。
血統の知識がないと、どう予想に活かしていいかわかりませんよね。

知識をつけるためには、競馬評論家の血統理論を頭に入れるのが一番の近道です。
色々な本を読んで、血統の知識を深めることで馬券が当たるようになるかもしれません。

競馬で稼ぐために読んでおきたい血統本について紹介します。
血統本を参考にして、高配当的中に役立ててくださいね。

2-1:勝ち馬がわかる血統の教科書

勝ち馬がわかる血統の教科書

血統を競馬予想に取り込むときに絶対に読んでおきたいのが、「勝ち馬がわかる血統の教科書」です。
こちらは、血統を中心に競馬予想をしている予想家である亀谷敬正氏の血統入門書です。

最近は、亀谷敬正氏を競馬予想番組で見かけることも多く、その予想方法が気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

亀谷敬正氏は、「ダビスタ四天王」と呼ばれるほどゲーム「ダービースタリオン」を極めた人物です。
本物の競馬でも日々研究を重ねていて、血統予想で高配当を的中させている点は注目ですね。

そんな亀谷敬正氏の血統入門書である「勝ち馬がわかる血統の教科書」では、祖先による系統ごとによる血統の分類が紹介されています。
血統予想で激走馬を見抜く方法が書かれているので、高配当的中を目指す人にとっては無視できない著書です。

血統で競走馬の能力を見極められるようになるためにも読んでおいて損はありません。

こちらの本では、血統にレースの勝馬をあぶり出すヒントが隠されていると書かれています。
それほど、血統は競馬予想において重要なファクターなんです。

レース条件が変われば激走する馬の血統も変わってくるので、系統ごとの知識を深めることが大切です。
「勝ち馬がわかる血統の教科書」を読んで、亀谷敬正氏の血統予想を活用し激走馬を見抜いてくださいね。

2-2:血統最前線2020-21 仮面種牡馬

血統最前線2020-21 仮面種牡馬

血統を面白い視点で捉えた本となっているのが、「血統最前線2020-21 仮面種牡馬」です。
こちらの本は、血統を中心とした予想を展開していることで有名な水上学氏の著書となっています。

水上学氏は「競馬予想TV!」などに出演している競馬評論家で、血統を重視した競馬予想を披露しています。

「血統最前線2020-21 仮面種牡馬」は水上学氏の最新の著書で、2020年6月デビューの新種牡馬までことまで書かれているので注目です。

2019年は、日本のトップ種牡馬であったディープインパクトとキングカメハメハが死去しました。
「血統最前線2020-21 仮面種牡馬」はそのことを踏まえたうえで、今後のレース結果にどう影響があるかを考察した著書です。

種牡馬のイメージ=仮面と考えて、仮面を剥いだ本当の姿について言及しています。

各種牡馬ごとの稼げるポイントが書かれているので、すぐにでも馬券に役立てることができる点も好印象ですね。

水上学氏が注目する36頭の種牡馬の攻略情報が書かれている本なので、競馬予想に欠かせない一冊です。
最新の種牡馬の特徴を捉えたいという方は、是非「血統最前線2020-21 仮面種牡馬」を読んでみてくださいね。

2-3:血統のトリセツ

血統のトリセツ

血統を馬券に活かしたいという人のために産駒の特徴などが書かれているのが、「血統のトリセツ」です。
「血統のトリセツ」は元トラックマンであり、競馬Youtuberとして活躍している坂上明大氏の著書となっています。

元トラックマンの鋭い視点で血統が考察してあり、「血統のイロハ」を学ぶことができます。

登場種牡馬はディープインパクト、キングカメハメハ、ロードカナロア、ステイゴールド、ハーツクライ、キンシャサノキセキなど、重要な種牡馬は全て網羅してあるのもおすすめできる点です。

血統や配合の基本を学びたい人が更に勉強できるようにと書かれた本で、初心者にもわかりやすい内容になっています。

血統の意味やそれが競馬にどのように繋がっているかをしり、ますます競馬を観戦するのが楽しくなる一冊です。
血統の基礎知識をさらに深めたいという方は、「血統のトリセツ」を読んでより血統に詳しくなってくださいね。

2-4:一から始める! サラブレッド血統入門

一から始める! サラブレッド血統入門

血統についてまずどのように勉強したらいいかわからないという初心者の方におすすめの本が、「一から始める! サラブレッド血統入門」です。
こちらは競馬の血統入門書という内容で、馬券に役立つ血統の基礎知識が書かれています。

他の血統本と違う点は、各血統について詳細に書かれている点です。

主要な血統の歴史と代表的な馬の紹介が中心で、競馬の血統に興味を持つこと間違いなしです。

今まで知らなかった血統の歴史を知って、レースを見る目も変わってくるでしょう。

血統の情報がコンパクトにまとめられていて、競馬初心者におすすめの内容です。
血統を一から勉強したいという方は、「一から始める! サラブレッド血統入門」を読んでみてくださいね。

2-5:種牡馬最強データ’20~’21

種牡馬最強データ'20~'21

競馬予想において重要なのは、データです。
血統の情報をデータ化したおすすめの本が、「種牡馬最強データ’20~’21」です。

「種牡馬最強データ’20~’21」には、各種牡馬の産駒の様々なデータが掲載されています。

コース別成績や距離別成績がまとめてあるので、産駒がどのコースのどの距離で活躍しているかが一目瞭然です。

出走馬のレース適性を見抜くのに役立つ本となっています。

得意なレース条件を探して、競馬予想に活用できる一冊です。
種牡馬の産駒傾向を掴みたいという方は、「種牡馬最強データ’20~’21」もチェックしてみてくださいね。

3:新馬戦では特に血統が大事

新馬戦では特に血統が大事

競馬予想において血統は、激走馬を見抜くのに役立ちます。
血統でしかわからない要素もあり、レース条件によって注目の血統も変わってきます。

特に、新馬戦では血統の重要度が上がるの注意が必要です。

新馬戦ではどの馬も初出走なので、過去のレース成績がありません。
過去のデータがない状況での予想となります。

そのため、実際に走ってみるまでは、その馬が得意としている条件もわかりません。

そこで、血統を駆使して、その馬が得意とする条件を予想します。
種牡馬の産駒傾向からも、芝が得意なのか短距離が得意かなどの予想ができます。

レース前の調教である程度の調子や能力が判断できますが、調教とレース本番とでは大きく違うので実際に走ってみなければわかりません。
血統を駆使した予想をすることで、新馬戦でもどの条件で期待できるかがわかります。

データの少ないレースでは、特に血統を意識した予想が重要になってきます。

調教が悪く人気をしていない馬でも、血統の条件が合えば穴馬として抽出することも可能です。

注目されていない人気薄の馬も血統を確認して、新馬戦での激走馬を見抜いてくださいね。

まとめ

血統は競馬予想において重要な予想ファクターの一つで、血統を駆使した競馬予想を展開している予想家も多くいます。
競馬番組などで血統を活用した予想家を見て、血統を学びたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

血統はとにかく知識を蓄えることが大事で、様々な本を読むことが大切です。

血統本にも色々な種類のものがあり、血統を解説した入門書や馬券に役立てるポイントが掲載されているものもあります。

すぐに競馬予想に活用できるものもあるので、自分の目的に応じて読む本を選ぶのも大事です。

今まで血統のことを考えていなかったという人は、血統の歴史を知ればさらに競馬が楽しくなること間違いなしです。
血統の知識を深めることで、意外な穴馬を抽出できるようになるかもしれません。

血統を駆使して穴馬を見つけ出し、高額配当を狙ってみてくださいね。

競馬予想サイト おすすめランキング