悪徳競馬予想サイトの10の見分け方

見分け方
競馬予想サイトを利用する方の目的は1つ「稼ぐ」ことだろう。しかし悪徳競馬予想サイトの数は全体の8割から9割を占めているのが現状だ。

稼ぐ気まんまんで会員登録したところ逆に数十万や数百万の負債を負った方も少なくない。

もちろん真面目に会員の利益を考えて運営している競馬予想サイトもあるが1割に満たず、その内本当に儲けられる競馬予想サイトとなると数サイトだろう。

本当に稼げる競馬予想サイトを探すのは至難の業だが残り8割から9割の悪徳競馬予想サイトを見極め排除することで優良競馬予想サイトに出会いやすくなるはずだ。

最近では見た目からして怪しい悪徳競馬予想サイトはめっきり減り、ベターな悪徳競馬予想サイトを見つけることは難しくなったが、それでも悪徳競馬予想サイトには共通する特徴がある

そこで、これまでの調査をした悪徳競馬予想サイトの見分け方10の方法を紹介する。当記事を読んで優良競馬予想サイトを選んでくれたら幸いだ。

会員登録に電話番号の入力が必要

電話

ここ近年では悪徳競馬予想サイトも会員登録の際に電話番号を要求しないところが多く、会員登録に電話番号を要求しないからその競馬予想サイトは優良競馬予想サイトだと言い切れない。

しかし、あらゆる口コミサイトで電話番号を要求するところは「悪徳」だと総バッシングを受けているのにも関わらず会員登録に電話番号を要求してくる競馬予想サイトがある。

そのような競馬予想サイトは当たり前だが「ベタベタな悪徳競馬予想サイト」なので注意していただきたい。

一般的な競馬予想サイトの会員登録はメールアドレスだけで行える。電話番号を必要とする競馬予想サイトは会員登録直後に電話営業をしくることが多い

電話だと記録が残るメールとは違い証拠が残りにくいので「八百長レースがある」や「100%当たる」など競馬初心者なら興味を惹く言葉を使う

競馬はギャンブルなので絶対はない。また、JRAでも公式に八百長レースを否定しているので「100%」や「八百長」は存在しないことが前提なので念頭に置いておいて欲しい。

また、電話をかけてくる悪質業者はプロだ。会員の心理のがっちり把握している。例えば電話を昼夜問わずかけて会員の精神を疲弊させる。根負けして電話に出た会員に考える時間を与えず「八百長」や「絶対」など聞こえの良い言葉をまくしたてる

もし会員登録に電話番号を必要とする競馬予想サイトに登録してしまったら、誇張表現を使っていないか確認してほしい。また会員登録の前に電話番号が必要か不必要か大抵の競馬予想サイトはわかるので要チェックだ

後払い制の競馬予想サイト

振込

後払い制とはレース終了後に全成果報酬といって料金を請求する料金プランのことだ

競馬予想サイトが設定した推定配当額に1円でも満たない場合、情報料金は発生しないなど聞こえがよく安心できるように思えるがトラブルの絶えない料金体系として有名だ。

会員が当日情報を見ようとしても「サーバーが重い」や「アクセスの過度な集中」、「サーバーエラー」などの利用をつけて情報を見られないことがある。

そしてレース終了後に情報料金を請求してくるといった手口だ。

また買い目をメールで送信する場合も当日メールが送信されず、レース終了後に情報料金を請求してくるパターンがある。この場合、競馬予想サイトは決まって「あなただけにメールが送信されなかった。買い目を受け取れなかったのはあなたの責任だ」と言ってくるので注意だ。

また、完全後払い制と言いながらレース終了後に20,000円の「事務手数料」や「サーバー維持費」など意味のわからない料金を請求してくるところもある。

まず「完全成果報酬」や「後払い制」と宣伝している競馬予想サイトは利用しないほうが良いだろう。甘い言葉の割にはリスクが高すぎる。

登録した覚えのない競馬予想サイト

覚えのない

登録した覚えないのない競馬予想サイトからメルマガが送られたきた場合、そこはのサイトは100%悪徳競馬予想サイトだ

会員が以前利用した競馬予想サイトで会員の個人情報を共有しているからだ。1から会員を集めるよりもすでにある会員データベースを基に集客を行ったほうがずっと楽だからな。

悪質業者はサイトデザインやサイトの特徴が異なる競馬予想サイトを複数運営していることがある。例えば「元関係者情報」や「トレセンとの強力なコネクション」なんて特徴は量産した競馬予想サイトの1つ1つに色付けるためののでっちあげなので間に受けないで欲しい。

今まで競馬予想サイトを利用していて被害を受けたことがある方は特に注意だ。知らない競馬予想サイトからメルマガが来た場合、以前の競馬予想サイトが別なサイトを作成してまた金を搾り取ろうとしていると思って欲しい。

特定商取引法に基づく表記がない

特定商取引法に基づく表記は取引の公正性と消費者被害の防止を図るための法律で、インターネットで有料情報の販売や提供を行う場合、消費者を保護するためにサイト内に掲載する義務がある。

特定商取引法に基づく表記を掲載していない競馬予想サイトは法を犯している(法的にNGでも罰則は科せられないが…)。

これは悪徳競馬予想サイトと優良競馬予想サイトを見分ける簡単な方法の1つだ。悪徳競馬予想サイトはあるべき特定商取引法に基づく表記を掲載していないことが多い。

このような競馬予想サイトで万が一被害にあった場合、会員側から競馬予想サイトに連絡を取ることができず泣き寝入りになってしまうこともある

特定商取引法に基づく表記は会員登録前ページの下部から確認できるので絶対に確認しよう。もし無かったその競馬予想サイトは「悪徳」だ。

無料予想が提供されていない

会員が競馬予想サイトの実力を試すために使うのが無料予想だ。しかし無料予想を提供していない競馬予想サイトだとイチかバチかで高額な有料情報を試すしか手段がない。

有料情報は安価な情報でも平均して数万円と高額だ。お試しもできない競馬予想サイトの有料情報にお金を払える人は少ないだろう。

悪徳競馬予想サイトは有料情報も無料予想も当たらない。当たらない無料予想を提供したら会員は離れるから最初から公開しないサイトが多い

しかし、悪徳競馬予想サイトは聞こえの良い言葉で一部の会員に高額な情報料金を購入させ商売を成立させる。営業次第では無料予想を提供しなくても会員に課金させられるマーケティング方法があるので注意だ。

無料予想を提供していない競馬予想サイトは悪徳競馬予想サイトが多い。一方で精度の高い無料予想を公開している競馬予想サイトは優良だろう。

無料予想は一般的に有料情報にするには精度が足りなかったり、見習い馬券師が担当していたりする。いわばその競馬予想サイトの最も精度の低い情報ということだ。その情報が当たるということはそのサイトの平均レベルが高いことの証明になる。

ぜひ競馬予想サイトを利用する際には無料予想を意識してほしい。

海外のドメイン使っている

海外

安いドメインでも「co.jp」以外のドメインは企業の許可が得られるわけではないので得に変わりはない。「jp」や「.com」などのドメインは昔程の信頼感は無く、海外ドメイン以外のものについてはさほど気にしなくて良い風潮だ。

日本の競馬予想サイトで日本の競馬情報を扱っている競馬予想サイトがなぜわざわざ海外ドメインを使用する理由はそれは足がつきにくくするためだ

URLがやたらと長い

URLがやたらと長い競馬予想サイトは海外サーバーを利用している。何故、日本の競馬を扱う日本の競馬予想サイトがわざわざ海外にサーバーを置くのか。

それは悪徳競馬予想サイトは日本にサーバーを置くと足がつくことを嫌がり、足のつきにくい海外にサーバーを置くことを好むからだ。

明らかにURLが長い競馬予想サイトは悪徳競馬予想サイトの可能性が高いので避けたほうが良いだろう。

口座名義と運営業者名が一致していない

特定商取引法に戻とづく表記に記載されている「運営業者」と振込先口座名が違う競馬予想サイトには注意だ。

本当に記載通りの運営業者があるのなら口座名を同じになるはずだ。

運営業者名と口座名が違う競馬予想サイトは特定商取引法に基づく表記に記載されている運営業者を偽っている可能性がある。

また、株式会社が持つ口座ではなく個人口座の場合もあるので確認すると良いだろう。

株式会社を示す「カ)」や有限会社を示す「ユ)」が表示されている場合だと個人名義の口座ではない。

そもそも個人口座の理由として

・以前取得した法人口座が凍結してしまった
・短期閉鎖を目的とし足がつきにくい個人口座を利用している
・法人口座の審査に落ちた

などまともな理由ではない。

振込口座は会員登録後に適当に情報の購入ボタンをクリックすると表示されるのでぜひ確認してほしい。

レース開催日に電話受付をしていない

電話受付をしていない
レース開催日に電話受付をしていない競馬予想サイトははっきり言って「会員をなめている」ので即刻退会をおすすめする

レース開催日に電話受付をしていない競馬予想サイトはレース終了後の苦情電話をブロックするために敢えて受け付けていない

そもそも、競馬は土日祝日に開催される。競馬の情報を扱っているのにレース当日に呑気に休む競馬予想サイトはホスピタリティーが欠けているだろう。

また、競馬初心者だと馬券の購入に一番手こずるだろう。レース当日に電話受付をしてくれる競馬予想サイトを選べば購入方法をリアルタイムで丁寧に教えてくれる。

まとめ

以上、悪徳競馬予想サイトの見分け方を紹介した。上記以外にも悪徳競馬予想サイトと優良競馬予想サイトを見分ける方法はあるが、この10の項目の内1つでも当てはまると悪徳競馬予想サイトの可能性が非常に高いので会員登録には重々ご注意していただきたい。

近年、悪徳競馬予想サイトと優良競馬予想サイトの見極めが非常に難しくなっている。それほど悪徳競馬予想サイトの偽装スキルが上がったということだろう。

それでも悪徳競馬予想サイトには共通する項目がまだまだある。当記事を参考に悪徳競馬予想サイトと優良競馬予想サイトを見極めて欲しい。

当記事を参考にするとほとんどの悪徳競馬予想サイトをふるいにかけられるだろう。ぜひ優良競馬予想サイトを上手く選び充実した競馬ライフを送ってくれ。