ばんえい競馬に八百長はある?わざと三着を逃した怪しい事例を紹介!

更新日:
地方競馬予想

八百長とは、真剣勝負に見せかけて一方が故意に負けるように仕組まれている上辺の勝負のことを指します。

過去にも日本では野球賭博、相撲、サッカーなど、あらゆるスポーツで八百長が認められ、大問題になったケースがあります。もともと賭け事の対象ではないスポーツが八百長の対象になる位ですから、もとからギャンブルである競馬や競艇などはとくに八百長の対象になるケースが多いです。

公営ギャンブルの八百長で多いのは、「わざと負けてくれ」というもの。とくに競馬や生き物を相手にする競技なので、絶対に勝つことは難しい特性があります。そのため、わざと馬を負けるように操るように指示されるケースが多いのです。

この記事では、ばんえい競馬に八百長があるかどうかを紹介します。過去にあった怪しい事例と共に紹介していきますので、八百長の有無が気になる方はぜひ最後までご覧ください。

公営ギャンブルは八百長が刑事罰の対象

八百長は刑事罰の対象

当然の話ではありますが、八百長はいけない行為です。

とくに競馬、競輪、競艇、オートレースの公営ギャンブルは国が認めている競技なので、特定の人を勝たせるために競技者が八百長を行うことは断じて認められていません。万が一、八百長の存在が明らかになった場合は刑事罰として告訴され、大きな事件へと発展します。

・競馬法第32条の2〜第32条の4
・自転車競技法第60条〜第63条
・小型自動車競走法第65条〜第68条
・モーターボート競走法第72条〜第75条
・スポーツ振興投票実施法第37条〜第40条

選手の八百長に対する不正行為に関しては刑事罰の対象となるので、上記項目に詳しく規定がされています。違反した場合は高額な罰金、出場停止、資格の剥奪など、重たい罰が課せられます。

たとえば、競艇で発生した八百長事件に関与したとして逮捕された西川昌希被告は、懲役3年、追徴3725万円という重たい罰が課せられました。こちらの選手は暴力団の男から現金を受け取り、不正に順位を下げることで八百長に加担しました。結果としては逮捕、資格の剥奪となり、懲役が確定すれば収監されます。

公営ギャンブルの選手は正々堂々と真剣勝負しなければいけないという義務があります。それらを踏まえたうえで、実際にばんえい競馬でおきた八百長疑惑について検証していきましょう。

ばんえい競馬でおきた舘澤直央騎手の八百長疑惑

もちろん競馬も八百長は絶対に禁止です。もしも加担すれば刑事罰の対象となり重たい罰がくだされます。しかし、長い歴史を持つ「ばんえい競馬」では、過去に何度か疑惑が残るレースが行われたことがあります。

ここからは、そのなかでも最も話題になった八百長疑惑レースについて検証していきたいと思います。

わざと三着を逃したように見える舘澤直央騎手

舘澤直央騎手

問題のレースは2021年1月6日に行われたレース。

この日、舘澤直央騎手は8番のカイセピュアレディに騎乗していましたが、1着と2着の馬とは差を広げられていました。最後の直線では4着で走っている馬と接戦になりますが、見事そのまま逃げ切って3着でゴールイン!

そのはずが、何と舘澤直央騎手はわざと馬を引っ張りゴールの手前でストップします。この明らかにおかしい挙動はぜひ動画で確認してください。

八百長疑惑が浮上している問題のレース動画

ばんえい競馬に精通していない人でもおかしな挙動であることは一目瞭然です。そのまま進んでいれば三着でゴールするはずであるにも関わらず、なぜか騎手は馬を引っ張りストップさせており、そのまま三着を逃しています。

三着の重要性は競馬をやる人ならわかると思いますが、三連単があるからです。三連単は1着、2着、3着の順番を正確に当てる馬券なので、3着が違う馬だった場合は1着と2着を当てていても的中ではありません。

仮に舘澤直央騎手が八百長に加担していたと考えると、「絶対に3着以内ではゴールしないでくれ」という指示が出ていた可能性があります。馬は生き物でゴールを目指しますので、他の馬よりも早く進んでしまった。しかし絶対に3着以内は避けてくれと言われているため、ゴール前でおかしな挙動になってしまったということが考えられます。

このレースにはばんえい競馬も即座に反応し、『騎乗法に適切を欠き競馬の公正を害したため、令和3年1月10日、11日、12日、16日、17日、18日、23日、24日、25日、30日の10日間の騎乗を停止する。』と発表。しかし、なぜ舘澤直央騎手があのような騎乗をしたのかはコメントがありません。

口コミでは対応の悪さに批判的な声が殺到

ばんえい競馬の対応に不満

舘澤直央騎手の騎乗は決して許されるものではありません。ばんえい競馬に限らず競馬に置いては、常に狙える最上位を狙う義務があります。

確実に三着に入れる展開であったにも関わらず、わざと三着を逃したかのように見える騎乗をした舘澤直央騎手はもちろん、信頼の根底を揺るがすような騎乗であるにも関わらず対応が悪い運営にも批判的な声が殺到。以下では一部のコメントを抜粋して紹介します。

・信頼の根幹に関わるのにたかだか10日間の騎乗停止はおかしい
・どうせ他にもいるんだろ?
・工藤とか大口も同じように10日間騎乗停止で結局数ヶ月後に自己都合で引退したから今回もそのパターンかと
・ここで引っ張る意味がわからん
・八百長だとすれば騎乗停止じゃ済まないでしょ
・ばんえいでバレる八百長やるとか草

過去にばんえい競馬の騎手として活躍した工藤騎手も、同じように騎乗停止が明けてからすぐに引退しています。臭い物には蓋をするというような文化が根付いているかのような対応であり、徹底的に八百長を撲滅しようという考えは見えていません。

地方競馬に八百長疑惑が多い理由

地方競馬が八百長が多い理由

ばんえい競馬に限らず、地方競馬はこれまでも何度も八百長が発覚しています。それにも関わらず減らない八百長レース…その理由は何なのでしょうか?以下で詳しく解説していきます。

賞金が少ない

中央競馬では高額賞金のレースが多くあります。有馬記念の賞金総額3億円のうち7%は騎手の取り分なので、1回でも勝てば大金を稼ぐことができる夢のある職業です。しかし、すべての騎手が大金を稼ぐ高所得者なわけではありません。

ばんえい競馬に限らず地方で活躍している騎手の多くは、中央競馬で活躍する騎手よりもはるかに安い給料で働いています。歩合の場合も地方競馬は賞金が安いため、一部の大活躍している騎手に比べれば稼ぎに余裕があるという方は少ないでしょう。

そのため、大金を持ちかけられる八百長に目が眩みやすくなります。中央競馬に比べてセキュリティも甘く認識も薄い方が多いため、ついつい利益ファーストに走ってしまい八百長に乗ってしまうのです。

黙認した方が利益が増えるため

地方競馬=八百長があるというイメージが定着している人も多いかと思いますが、それくらい地方競馬はこれまでにも数多くの八百長が発覚しています。それなのになぜ減らないのか、その理由は八百長を黙認した方が競馬場の利益が増えるという理由もあります。

中央競馬のような潤沢な資金を持っていない地方競馬は、常にカツカツの状態で経営を行っているところも少なくありません。八百長を仕掛けているグループは大金を注ぎ込む傾向にあるため、競馬場にとっては大切な優良なお客様であるともいえます。

なぜなら競馬場の主催者は必ず売り上げの20から30%は得ることができる仕組みになっているため、八百長を仕掛けた人がどれだけ儲かっても損をすることがないからです。主催者は懐が痛まない以上は、八百長があったとしても黙認してしまうケースが多いのです。

反社会的勢力との結びつきが強いケース

地域に根付いている反社会的勢力は多くいます。

かつては地方への巡業の際は各地にいる反社会的勢力へ挨拶をしてお金を支払わなければいけなかった時代もありましたが、現在はそのようなことは一切ありません。しかし、競馬や相撲のような歴史が古く地域と根付いているコミュニティの場合は話が別。昔からの付き合いで反社会的勢力と関係が続いている関係者が多いため、お金に釣られて八百長に手を染めてしまうというケースは十分に考えられます。

これは騎手だけではありません。たとえば調教師や厩務員も例外ではなく、馬の調子を悪くしてくれとか、体重を増やしてくれなどの指示を出すことで簡単に八百長は可能です。

中央競馬よりも地方の方が反社会的勢力との結びつきが多いことがあるので、未だに数多くの地方競馬場で八百長が流行しており、近代になっても完全に消すことができないのです。

まとめ

ばんえい競馬で実際にあった八百長疑惑レースと、地方競馬で八百長が消えない理由について紹介してきましたが参考になりましたか?

地方競馬=八百長というイメージが定着している程、地方競馬や闇の吞まれているような印象を受けます。最近では、オグリキャップを輩出したことで知られている笠松競馬の現役の騎手、調教師が馬券を不正に購入して八百長に関与していたことが問題になりました。

岐阜県警が家宅捜査を行い発覚した事件で、厩務関係者の内部告発をきっかけに判明。健全な経営を行っていなかった笠松競馬には批判が殺到したものの、現在はクリーンな経営を実現するための対策を施し復活しています。

最後に断言しておきますが、地方競馬と八百長は切っても切り離せない関係であるといえます。それを証拠に、ネットが隆盛している現代でも年に数回は八百長疑惑のレースが話題になっている程です。

ばんえい競馬もそれは例外ではありませんので、くれぐれもその点は注意したうえで楽しみましょう。

地方競馬予想