悪徳競馬予想サイト調査局

競馬予想サイトの5つの詐欺手口と見抜く2つの方法

投稿日:
最終更新日:
悪質・悪徳サイトの特徴

連日のように詐欺や悪徳商法の報道があり、手口を公開しての問題定義を目にする機会も多いはずなのに、まだまだ詐欺や悪徳商法による被害は絶えません。

なぜなのでしょうか?

日本経済は現在持ち直し中と言われているが、まだまだ体感的には不景気のままだ。そんな中少しでも「景気のいい」話を聞くと、その話の真偽の問題ではなくついつい『信じたい』という希望的な感覚が生まれてしまうからです。

よくテレビ番組などで、詐欺師の手口を聞いたタレント達が口を揃えて「そんな見え透いた嘘になんで気づかないのかね?そんなオイシ話あるわけないじゃん」とコメントしているが、そんなものを見なくても多くの人は思うだろう。「なんで騙されるの?」「騙される方が悪いんじゃないの?」まさに「ごもっとも」だが、そう言っている人ほど詐欺にあってしまうのです。

そして、当サイトで取り上げている「競馬予想サイト」というものの中にも詐欺・悪徳なサイトは存在する。というか大半は詐欺みたいなものだと当調査局は認識しています。

当記事では競馬予想サイトの5つの詐欺手口と詐欺サイトかどうか見抜く方法をご紹介します。

法の目をくぐるのが競馬予想サイト

情報を渡す前に連絡が途絶えたり、「八百長だから100%当たる情報」「裏で政界の大物が〜」なんて事を言い出したら確実に詐欺なのだが、厄介なのが器用に法の目をくぐって商売を続けている悪徳競馬予想サイトの存在です。

競馬に限らずスポーツ賭博には、100%はありません。だから例え1回2回外れても「外れたから返金しろ!」というは通用しないことの方が多いのです。それに情報商材にはクーリングオフがないので、競馬予想サイト側の担当が、メールなどで「詐欺行為」にあたることを送っているなどこちらに有利な条件がそろわなければ、使った金を取り返すのは難しいでしょう。

悪質・悪徳サイトの特徴

中にはしっかりとした予想をする人をしっかり雇っていたり、ちゃんと金をかけた予想システムを導入している競馬予想サイトも多いので全てが悪徳とは言えませんが、言葉巧みに売りつけてあとはデタラメな予想を送りつけ、「自己責任」と言い切って来るようなサイトもかなり存在します。そんな悪質なサイトはもちろんすぐに潰れるが、サイト名や会社名を変えてすぐにまたweb上に現れてくるのです。

だったらどうすればいいのでしょうか?それは自分一人で決めないで第三機関や非営利の批評サイト、実際に利用している人の感想などをしっかり判断基準に入れることです。

当サイトで紹介する競馬予想サイトの詐欺の手口は、ある種、我々がこの時代を生き残る術のように映るかもしれませんが、くれぐれも使い方を誤らないよう、あくまでも悪徳商法や詐欺を未然に防ぐ為の予備知識として覚えておいてください。

競馬予想サイトが使う5つの詐欺手口

競馬予想サイトがよく使う詐欺手口をご紹介します。もし複数個当てはまる時や、紹介する手口を使用された時は注意してください。

競馬に使うお金が詐欺で騙し取られると辛いですよね?その分馬券を購入した方が増える可能性もあります。

詐欺手口その1:無料予想で個人情報を売買する

詐欺手口その1:無料予想で個人情報を売買する

1つ目の詐欺手口は「無料予想で個人情報を売買する」です。基本的に多くの予想は有料になっています。そのお金でサイトを運営しているのですが、中には完全に無料で情報を提供しているサイトもあります。ユーザーからすると有料よりも無料で情報を貰える方が良いですよね?しかし「無料」というのには裏があります。恐らく無料の情報を得るために自分の情報つまり「個人情報」を入力する必要があると思います。完全無料を謳っているサイトは恐らくこの「個人情報」を売って稼いでいるのです。他の詐欺サイトにあなたの情報を流せば、『競馬が好きで予想サイトに登録するくらいお金が欲しいと思っている人』という情報が知られてしまいます。そうすると競馬に関する多くの迷惑メールなどが届くようになると思います。昔から言いますが「タダ」ほど高いものはないのです。

しかし無料の情報には2つのパターンがあります。それはまずは無料で情報を提供して餌を撒いて有料情報を買ってもらうというものと、ずっと無料で情報を提供するという2つです。前者ではまだそこまで危険性はないかもしれませんが、会員登録で情報を入力することもあるので一概に危険じゃないとも言い切れません。後者が「個人情報」を売買している可能性が高いサイトになります。もし完全無料と書いてあっても簡単には利用しない方が良いでしょう。

詐欺手口その2:高いプランへの誘導

詐欺手口その2:高いプランへの誘導

2つ目の詐欺手口は「高いプランへの誘導」です。基本的予想サイトはプランを購入します。プランにはグレードが設けられており、低いグレードで安いプランだと情報の量は少なく、高いグレードで値段も高いプランだと多くの情報がもらえるというシステムになっています。詐欺サイトだと低いプランだろうが高いプランだろうが予想は偽物です。考えるのは高いプランを買わせることなので、すぐに上のグレードへと誘惑してきます。「今回はこの下のグレードだったので外れてしまいましたが、上のプランの人は的中していますよ」と本当かどうか分からない情報で購入を進めてきます。もちろん上の方が良いというはあると思いますが、すぐに進めてくるような時は信用しない方が良いかもしれません。

詐欺手口その3:八百長レースの情報

詐欺手口その3:八百長レースの情報

3つ目の詐欺手口は「八百長レースの情報」です。公営ギャンブルには八百長レースというものは存在しません。そんなものがあれば完全に犯罪になりますし、JRAのホームページでも確実にないということが記載されています。しかし詐欺サイトはある情報の筋から八百長レースのネタを仕入れてきたと嘘をついてきます。絶対に当たる馬を知っているから確実に儲けることができますよ!と誘惑してきます。またこれは形が残っている犯罪になるので恐らく電話で誘導してくると思います。証拠が残ると問題になりますから。しかし恐らくその馬券を買っても当たりません。当たらないじゃないか!と言っても多分騎手のせいにしたり、情報の伝達ミスのせいにするはずです。というか騎手の腕だけで馬をそこまで誘導できると思いますか?テレビで映っているのに手を抜けばすぐにばれると思います。まず八百長レースの存在がないということを忘れずにいましょう。

詐欺手口その4:当たったら情報料を払う後払い制度

詐欺手口その4:当たったら情報料を払う後払い制度

4つ目の詐欺手口は「当たったら情報料を払う後払いシステム」です。一見当たらなかったらお金を払わなくても良いと良心的に見えるかもしれませんが、これは罠になります。どういうことかと言うと、確かに当たった時だけ情報料を支払いますが後で請求される金額が高額になったりします。払い戻された金額がほとんど手元に残らないくらいの金額を要求されることもあります。サイトの予想で当たったとはいえリスクを負って馬券を買ったのはあなたです。それなのに後で高額な情報を払うのは嫌ですよね。しかも的中しているので、お金を持っていることも知られています。後払いシステムを導入しているサイトは注意が必要かもしれません。

詐欺手口その5:的中実績の捏造

詐欺手口その5:的中実績の捏造

最後の詐欺手口は「的中実績の捏造」です。サイトを見て全然当たってなかったら予想を買おうとは思わないですよね?むしろバンバン的中しているサイトの予想を買いたいと思うはずです。そのため詐欺サイトでは当たってもいないのに的中したと捏造をすることが多くあります。架空の会員の「いやー最初は嘘だと思ったんですが、信じて馬券を購入したら1000円が5分で30万円になりました!」なんてことを記載します。え!?マジかよ!凄いじゃん!とはならないように気を付けてください!もちろん本物かもしれませんが、たまたま当たっただけの可能性もありますし、本当かどうかも怪しいです。特に怪しいのが的中実績が多すぎるサイトです。先ほども言いましたが3連単が当たる確率は0.02%とも言われています。予想で絞れたとしても当てることは容易ではないのです。

競馬予想サイトの詐欺手口を見抜く2つの方法

競馬予想サイトの詐欺手口を見抜く方法

数ある競馬予想サイトの中から詐欺だと思うサイトを見抜くことができれば信用できるサイトを見つけることができると思います。ちゃんとした予想をあなたの競馬ライフに生かすためにも詐欺っぽいサイトを見抜く方法をご紹介します!

IPアドレスを調べる

一つ目は業者によるサイト運営かどうかを見破る方法です。詐欺サイトを運営しているような業者は一つだけではなく二つ、三つと複数のサイトを運営していることが多くあります。なのでなんか作りが似ているサイトがあった時はおや?と怪しんでも良いと思います。また業者によるサイトを割り出す方法として「IPアドレス」を調べるというのがあります。IPアドレスと言うのは簡単に言えば住所のようなもので、同じ人が何個もサイトを作ったとしても住所が同じなら同一人物だと見抜くことができますよね?IPアドレスはネットで簡単に調べることができるので、気になったサイトを調べてみると良いと思います。1個だから安心、複数だから詐欺と言う訳ではないですが、複数だった場合そのサイトの作りなども注意してみると良いと思います。

ドメイン取得日を調べる

二つ目は的中したという実績が本当かどうかを見抜くことです。ほとんどの競馬予想サイトには過去にこんな的中実績がありますよ!デカデカと掲載しているところが多くあると思います。もし本当に当たっているなら捏造する理由はないですよね?もし捏造しているなら詐欺サイトの可能性がグンと高くなります。ではどうやって実績の捏造を調べるかというと、過去の実績とサイトができた日を照らし合わせることです。例えば過去の実績を見て2017年1月のレースで的中しているとします。しかしサイトができた日を詳しく調べると2017年5月。サイトがない時の的中は流石に捏造ですよね?どうやってサイトができた日を調べるかと言うと「ドメイン」の取得日を調べることで把握することができます。これもネットで簡単に調べることができるので是非やってみてください。

まとめ

今回は競馬予想サイトの中でも詐欺行為をしているサイトの手口についてご紹介しました。中には健全に予想をして売っているサイトもあるので、そこを見つけるためにも手口についてはよく理解しておきましょう!

世の中には色々とうまい話が転がっていますが、最終的に信じることができるのは自分自身だと思います。ゆとりある投資で競馬楽しみましょう♪