新潟2歳ステークス2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査

2017年8月27日に新潟2歳ステークス(G3)が開催されます。

長い直線で繰り広げられる攻防が注目される一戦です。

当記事では特別登録馬・予想オッズの他、過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを分析しました。

2017niigatanisaisute-kusu-1
日本一長い直線(芝・外回りコースの4コーナーからゴールまでの距離が658.7m)が特徴の新潟競馬場。

粘り込みたい先行馬と差しを生かした馬とが繰り広げる目が離せない攻防で今年も大いに盛り上がるでしょう。一方で2006年以降は毎年6番人気以下の馬が3着に入選する特徴があります。

当記事では過去10年のレース結果から新潟2歳ステークスの傾向を調査しました。

2017年新潟2歳ステークスの予想にご活用ください。

新潟2歳ステークスの特別登録馬・予想オッズ

予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)
前走成績
4.5 フロンティア 岩田 中内田 ダイワメジャー 1.38.2
5.1 ムスコローソ 大野 手塚 ヘニーヒューズ 1.23.7
7.1 テンクウ 北村 奥村 ヨハネスブルグ 1.37.5
7.5 プレトリア 吉田隼 中川 ヨハネスブルグ 1.23.6
7.8 オーデットエール 柴田善 須貝 ハーツクライ 1.36.1
8.9 コーディエライト 津村 佐々木 ダイワメジャー 1.22.2
9.9 シンデレラメイク 中谷 鮫島 ディープブリランテ 1.22.4
19.9 グランデウィーク 柴山 畠山 スペシャルウィーク 1.51.2
46.8 キボウノダイチ 高倉 松元 バゴ 1.51.0
47.7 ダンツセイケイ 山内 ダイワメジャー 1.35.5
48.1 エングローサー 木幡巧 清水 トランセンド 1.35.8
50.1 マイネルサイルーン 清水 キャプテントゥーレ 中京2歳4
50.8 フィルハーモニー 柴田大 中館 ダイワメジャー ダリア4
68.8 トッカータ 丸田 和田 ブラックタイド 1.51.4
99.8 ラインギャラント 吉田豊 水野 スウェプトオーバー 1.11.0

現時点での1番人気はフロンティア!

2017nigatanisaisute-kusu-2
中京のマイルレースでデビューを飾ったフロンティア。稍重のスローペースで勝ち時計(1分38秒2)は平凡だが、ラスト2ハロン(11秒1-11秒2)の鋭い脚を見せました。

福永騎手は放牧に出して、ここを目標に調整してきました。気持ちが前向きなので、前走のように道中で落ち着いて走れるかですね」と期待のこもったコメントを残しています。

※予想オッズは2017年8月22日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

4番人気以内の馬がベター

単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-2-0-4 40.0% 60.0% 60.0%
2番人気 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
3番人気 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
4番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
6~9番人気 1-1-6-32 2.5% 5.0% 20.0%
10番人気以下 0-6-0-77 0% 7.2% 7.2%

過去10年の新潟2歳ステークスの単勝人気別成績を調べますと、優勝した馬10頭中9頭が4番人気以内の馬でした。中でも1番人気に支持された馬は4勝をあげる好成績を残しています。それに対して2番人気に支持された馬が2着以内に入っていないことが特徴的です。

また、10番人気以下に支持された馬が2着に6回、6~9番人気に支持された馬が3着に6回と偏りのかる成績となっています。

前走は東京・中京で開催された新馬戦だった馬が優勢

前走のレース別成績(過去10年)

前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
重賞、オープン特別 2-2-2-32 5.3% 10.5% 15.8%
新潟の牝馬限定を除く新馬 3-3-2-39 6.4% 12.8% 17.0%
東京の牝馬限定を除く新馬 1-2-1-3 14.3% 42.9% 57.1%
福島の牝馬限定を除く新馬 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
中京の牝馬限定を除く新馬 2-0-1-4 28.6% 28.6% 42.9%
その他の牝馬限定を除く新馬 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
牝馬限定を除く未勝利 2-3-1-29 5.7% 14.3% 17.1%
牝馬限定の新馬・未勝利 0-0-0-14 0% 0% 0%
地方競馬のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%

新潟2歳ステークスに出走する多くは前走で初勝利をおさめた馬となっています。過去10年の新潟2歳ステークスに出走した馬の前走レース別成績を調査しますと、好成績をマークしているのは東京・中京競馬場で開催された新馬(牝馬限定を除く)を勝利した馬となっています。

それに対して、該当馬の多い重賞・オープン特別や新潟の新馬(牝馬限定を除く)から参戦した馬はやや劣る成績となっています。また、牝馬限定の新馬や未勝利を勝利してきた馬は全て4着以下に敗退しています。

6月デビュー馬が強い!?

6月の新馬で3着以内に入っていた新潟2歳S連対馬一覧(過去10年)

年度 着順 馬名 新馬の日付 単勝人気 着順
2007年 1着 エフティマイア 6月24日 2番人気 1着
2着 シャランジュ 6月30日 9番人気 1着
2008年 1着 セイウンワンダー 6月21日 1番人気 2着
2010年 2着 マイネルラクリマ 6月26日 4番人気 1着
2012年 1着 ザラストロ 6月23日 2番人気 3着
2013年 2着 イスラボニータ 6月2日 2番人気 1着
2014年 2着 アヴニールマルシェ 6月15日 1番人気 1着
2015年 1着 ロードクエスト 6月7日 6番人気 1着
2着 ウインファビラス 6月28日 3番人気 3着
2016年 2着 オーバースペック 6月19日 9番人気 3着

過去10年の新潟2歳ステークスでは6月の新馬で3着以内に入選していた馬が2009年と2011年を除いて連対しています。2017年新潟2歳ステークスも6月にデビューを飾った馬に注目してみてはどうでしょうか?

左回の競馬場の新馬戦を勝利した馬が4連勝中

過去4年の優勝馬は左回りの競馬場の新馬で2着馬に1馬身1/4~2馬身の着差をつけて勝利していた

年度 優勝馬 競馬場 2着馬との着差
2013年 ハープスター 中京 1馬身3/4
2014年 ミュゼスルタン 新潟 1馬身1/4
2015年 ロードクエスト 東京 2馬身
2016年 ヴゼットジョリー 中京 1馬身1/2

過去4年に限定した新潟2歳ステークスでは左回り競馬場で新馬戦を勝利した馬が優勝しています。そしてこの4頭はその新馬戦で2着馬に「1馬身1/4~2馬身」の着差をつけてた点も共通しています。今年の出走馬の中でそのような馬がいるかチェックしてみてはどうでしょうか?

2017年新潟2歳ステークスの展望

8月27日に新潟メイン「新潟2歳ステークス」(G3)。今年2度目となる2歳世代の重賞レースです。

今年の新潟2歳ステークスは2勝馬が不在です。新馬戦を勝ちあがった馬がほととんどで、予想するにはなかなか難しい布陣。

昨年の新潟2歳ステークスの3着馬イブキの半弟のテンクウ。東京の新馬戦をせいして今レースに臨みます。デビュー戦は2番手から抜け出す安定した走りを見せました。東京マイルを経験済みなだけ新潟マイルにも十分適応するでしょう。

ドリームパスポートの半弟のフロンティア。デビュー戦は逃げ切りで勝利をあげました。ドリームパスポートの兄弟馬はその後目立った産駒が出ていませんが、フロンティアが兄に続くことを期待されます。

シンデレラメイクはデビュー戦を5馬身差で圧勝しました。今レースでは1ハロンの距離延長がポイントとなるでしょう。牝馬が活躍する傾向がありますので注目の1頭です。

来年のクラシック戦線にも繋がる重要な一戦となるでしょう。今年は新潟2歳ステークスから来年のクラシックに出走する馬は現れるのでしょうか?

新潟2歳ステークス2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査 はコメントを受け付けていません。 重賞レース
競馬予想サイト優良ランキング
競馬予想サイト優良ランキング