新潟記念2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査

2017年9月3日に新潟記念(G3)が開催されます。

人気が分散する傾向がある重賞レースとして有名です。

当記事では特別登録馬・予想オッズの他、過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを分析しました。

2017niigatakinenn-1
新潟記念はサマー2000シリーズを締めくくるレースで、昨年は単勝2番人気に支持されたアデイインザライフが1着に入選し、2着には1番人気に支持されたアルバートドッグとなり、3着には9番人気のロンギングダンサーが入選しました。

過去10年のうち6年で単勝5番人気以下に支持された馬が1、2着を占めたことから、荒れる傾向が強い重賞と言えるでしょう。

当記事では過去10年のレース結果から新潟記念の傾向を調査しました。

新潟記念の特別登録馬・予想オッズ

予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
3.1 アストラエンブレム デムーロ 小島 ダイワメジャー エプソム2
8.0 マイネルフロスト 柴田大 高木 ブラックタイド 七夕賞2
8.3 トーセンバジル 岩田 藤原 ハービンジャー 天皇賞8
8.3 タツゴウゲキ 秋山 鮫島 マーベラスサンデー 小倉記1
8.6 ルミナスウォリアー 柴山 メイショウサムソン 函館記1
16.4 フルーキー 北村宏 角居 リダウツチョイス エプソム9
16.8 ハッピーモーメント 戸崎 角居 ディープインパクト 目黒記3
19.5 ロッカフラベイビー 鹿戸 キングカメハメハ 佐渡S1
23.5 ウインガナドル 津村 上原 ステイゴールド ラジオ2
24.8 ソールインパクト 大野 戸田 ディープインパクト 七夕賞3
25.0 ロイカバード 横山典 松永 ディープインパクト 佐渡S2
30.6 カフジプリンス 中谷 矢作 ハーツクライ 小倉記5
31.6 マイネルスフェーン 丸田 手塚 ステイゴールド ラジオN5
38.1 ラストインパクト 田辺 角居 ディープインパクト 鳴尾記8
54.8 トルークマクト 尾関 アドマイヤジャパン 目黒記15
72.2 スピリッツミノル 三浦 本田 ディープスカイ 小倉記9

現時点での1番人気はアストラエンブレム!

2017niigatakinenn-2
未だ重賞勝利の経験はないが、前走のエプソムカップを2着を筆頭にあと一歩届かないレースをしてきました。今回は初の2000m挑戦と距離延長をしての参加ですが、父、母ともにこの距離でG1勝利があり血統的には問題ないでしょう。

左回りは重賞レース2戦を含み【4.3.1.0】と好成績を収めています。新潟実績もあり上がり勝負でも持ち前の瞬発力が生きることが予想されます。1週間前追い切りでは美浦坂路で1番時計をだし良い調子を保っています。

※予想オッズは2017年8月29日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

単勝人気別成績をおさえてるべき

単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
2番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
3番人気 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
4番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
5番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
6、7番人気 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
8~10番人気 1-6-2-21 3.3% 23.3% 30.0%
11番人気以下 1-0-3-64 1.5% 1.5% 5.9%

単勝オッズ別成績(過去10年)

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
4.9倍以下 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
5.0~9.9倍 6-3-3-26 15.8% 23.7% 31.6%
10.0~19.9倍 1-4-3-29 2.7% 13.5% 21.6%
20.0~29.9倍 0-3-2-20 0% 12.0% 20.0%
30.0~49.9倍 1-0-2-20 4.3% 4.3% 13.0%
50.0~99.9倍 1-0-0-20 4.8% 4.8% 4.8%
100倍以上 0-0-0-15 0% 0% 0%

2016年の3着馬は単勝9番人気に支持された馬でしたが、そのオッズは18.3倍でした。また、2008年に16番人気で優勝したアルコセニョーラの単勝オッズは49.1倍だったように単勝人気が荒れる傾向が強いです。

過去10年の新潟記念の単勝人気別成績を調査しますと、単勝1番人気、2番人気馬が支持された通りのレース運びを行っているとは言い難く、過去3勝をあげている5番人気馬や2着6回の8~9番人気馬が好走りをしています。

また、単勝オッズ別にも成績を調査しますと、「4.9倍以下」で3着以内に入選したのは2014年の勝ち馬マーティンボロだけでした。一方で「5.0~9.9倍」からは6頭の勝ち馬が誕生しています。また2着に入選した馬は「5.0~29.9倍」から全て出ていることが特徴的です。

特徴的な負担重量別成績

負担重量別成績(過去10年)

負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
51kg以下 0-0-0-9 0% 0% 0%
52kg 2-1-0-12 13.3% 20.0% 20.0%
53kg 0-0-1-20 0% 0% 4.8%
54kg 0-2-2-28 0% 6.3% 12.5%
55kg 2-1-4-22 6.9% 10.3% 24.1%
56~56.5kg 5-4-0-22 16.1% 29.0% 29.0%
57kg以上 1-2-3-25 3.2% 9.7% 19.4%

新潟記念はハンデキャップ重量で行われるますが、過去10年の負担重量別成績を調査しますと、比較的軽い負担重量で出走した馬の成績が振るいません。52㎏で優勝した2頭は共に牝馬で53㎏は21頭が出走して3着が一度だけでした。

それに対して重いハンデとなった馬の好走が目立ち56~57㎏の馬から連対馬9頭が出ています。しかし57㎏以上で優勝した馬は2011年のナリタクリスタルのみとなっています。

前走のレース別成績に注目

前走のレース別成績(過去10年)

前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
GI・GII 0-0-0-8 0% 0% 0%
小倉記念 5-2-3-31 12.2% 17.1% 24.4%
七夕賞 2-4-1-18 8.0% 24.0% 28.0%
札幌・函館のGIII 2-1-2-14 10.5% 15.8% 26.3%
新潟のGIII 0-0-3-22 0% 0% 12.0%
その他のGIII 0-0-0-10 0% 0% 0%
オープン特別 0-0-1-15 0% 0% 6.3%
条件クラスのレース 1-3-0-20 4.2% 16.7% 16.7%

新潟記念過去10年の出走馬について前走のレース別成績を調査しますと、前走もG3レースを走った馬が新潟記念で好成績を収めています。同じサマー2000シリーズ対象レースの「小倉記念」・「七夕賞」や「札幌・函館のG3」から参戦した馬が好走しています。

一方で、「新潟のG3」から参戦した馬は最高3着で前記以外のG3から参戦した馬は全て4着以下と芳しくない成績をおさめています。

左回りでの実績がある馬がベター

5走前までに左回りの競馬場で「重賞3着以内」または「条件クラスで1着」になっていた新潟記念連対馬一覧(過去10年)

年度 着順 馬名 該当レース
2007年 2着 トウショウヴォイス 前走 新潟 新潟日報賞(1600万下) 1着
2008年 2着 マイネルキッツ 3走前 東京 早春S(1600万下) 1着
2009年 2着 サンライズベガ 前走 新潟 日本海S(1600万下) 1着
2010年 1着 ナリタクリスタル 5走前 中京 小倉大賞典 2着
2011年 2着 サンライズベガ 4走前 新潟 新潟大賞典 3着
2012年 1着 トランスワープ 4走前 東京 アメジストS(1600万下) 1着
2014年 1着 マーティンボロ 2走前 中京 中日新聞杯 1着
2着 クランモンタナ 前走 中京 マレーシアC(1600万下) 1着
2015年 2着 マイネルミラノ 5走前 中京 中日新聞杯 3着
2016年 1着 アデイインザライフ 2走前 東京 1000万下 1着

過去10年の新潟記念では5走前までに左回りの競馬場で「重賞3着以内、もしくは条件クラスで1着」に入選した経験のある馬が2013年を除いて連対しています。今年の新潟記念も5走前に左回りで好走した馬をチェックすると良いでしょう。

2017年新潟記念の展望

9月3日に新潟記念(G3)が開催されます。今年もサマー2000シリーズのタイトルを狙う馬が新潟に集結しました。果たしてどの馬が今年のサマー2000シリーズの王者となるのでしょうか?

前走の函館記念で重賞初賞をおさめたルミナスウォリアー。多少湿っている馬場を早めに抜け出し完勝しました。今回はサマー2000シリーズのタイトルがかかった一戦。昨年の新潟記念は5着と敗れましたが新潟コースは本来得意としています。p

調子の良い今なら昨年以上の成績を収めることも可能でしょう。

小倉記念での優勝馬タツゴウゲキ。ハンデに恵まれたこともありますが見事な勝利でした。55キロの斤量を背負う今レースでは力量を試される一戦です。新潟コースへの適性は作戦2着があるので問題ないでしょう。

過去2戦が2着のアストラエンブレム。重賞でも大きく崩れない馬ですが、なかなか勝ちきれないレースが続きます。重賞レースは今レースで6回目の挑戦。今回こそ重賞初勝利をおさめたいところです。

小倉記念5着馬のカフジプリンス。小倉の小回りコースはエンジンのかかりの遅いカフジプリンスを苦戦させました。今回は直線の長い新潟となるのでカフジプリンスにとってプラス要素でしょう。

新潟記念はハンデ重賞ということもあり、頻繁に高額配当が出る穴党なら見逃すことのできない一戦です。今年はどの馬が新潟競馬場を沸かせるのでしょうか?

新潟記念2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査 はコメントを受け付けていません。 重賞レース
競馬予想サイト優良ランキング
競馬予想サイト優良ランキング