小倉記念2017 登録馬・過去の傾向を調査

2017年8月6日に夏の小倉競馬場を熱くする中距離重賞レース「小倉記念」が開催されます。

サマー2000シリーズ第3戦の小倉記念は第1戦の七夕賞、第2戦函館記念と同じくハンデキャップレースとなります。

当記事では特別登録馬や過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを分析しました。

2017kokurakinen-1
小倉記念の勝ち馬からは2006年のスイフトカレント、2011年のイタリアンレッドが同シリーズのチャンピオンとなっています。

当記事では過去10年の結果から小倉記念の傾向を調査します。2017年小倉記念の予想にご活用ください。

小倉記念の特別登録馬

 

馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎 戦績
カフジプリンス

牡4 55.0 中谷 矢作 4-2-2-13
クランモンタナ 牡8 56.0 熊沢 音無 7-8-5-26
ケイティープライド

牡7 52.0 鮫島駿 角田 5-5-4-23
サンマルティン

セ5 54.0 戸崎 国枝 5-0-0-6
シャドウパーティー

セ8 54.0 浜中 5-6-2-19
ストロングタイタン

牡4 55.0 川田 池江 5-1-0-4
スピリッツミノル

牡5 55.0 本田 5-1-1-24
タツゴウゲキ

牡5 52.0 M.デムーロ 鮫島 3-1-2-10
バンドワゴン

牡6 54.0 和田 石坂 4-1-0-4
フェイマスエンド

牡6 54.0 松山 鮫島 5-3-1-16
フェルメッツァ

牡6 55.0 北村友 松永幹 5-4-6-16
ベルーフ

牡5 57.0 D.ホワイト 池江 3-4-1-13
ヴォージュ

牡4 55.0 松若 西村 5-1-2-5

現時点での1番人気はストロングタイタン!

2017kokurakinen-2
小倉芝コースで3勝し5着に1回と好走を見せている1頭です。

5着は今年の小倉大賞典での成績で、2017年小倉記念で重賞レースは2回目の参加となります。

準オープン降級戦を勝利しての挑戦となりますが、得意コースで次こそはとストロングタイタン陣営の気合も十分でしょう。

しかし前走は休み明けで12㎏減と大幅に馬体を減らしていたのでその反動が今レースに影響するか気になるところです。いつも通りの力を見せれば好走が期待できるでしょう。

※予想オッズは2017年8月1日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

伏兵馬に注意

単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 0-3-2-5 0% 30.0% 50.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
6~9番人気 3-2-4-31 7.5% 12.5% 22.5%
10番人気以下 2-1-2-55 3.3% 5.0% 8.3%

小倉記念過去10年の単勝別成績を調査すると、3着内率では1番人気馬がもっとも多いですが、数値は50%と思いのほか高くなく勝利がありません。

小倉記念では人気馬が素直に勝つレースとはならないでしょう。一方で6万人気以下の馬が3着以内に14頭と好成績を収めています。ハンデキャップ重賞なだけ伏兵馬は台等を考慮することが大事です。

若い馬の好走

年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率  連対率 3着内率
3歳 0-2-0-1 0% 66.7% 66.7%
4歳 3-3-0-16 13.6% 27.3% 27.3%
5歳 4-2-7-34 8.5% 12.8% 27.7%
6歳 0-2-2-33 0% 5.4% 10.8%
7歳 2-1-1-20 8.3% 12.5% 16.7%
8歳以上 1-0-0-16 5.9% 5.9% 5.9%

小倉記念過去10年の年齢別成績を調査しますと出走頭数は3頭と少ないですが3歳馬が2着2回と連対率66.7パーセントを収めています。

その他の年齢は4歳と5歳馬が3着内率で好成績を残し、全体的に見ますと若い馬が好走を見せています。

2012年以降過去5年に限定しますと毎年3歳か4歳馬のいずれかが連対を成し遂げていることから2017年小倉記念も若い馬に注目すると良いでしょう。

近走で上位人気馬に支持されている馬に注目

過去3走以内の最高単勝人気別成績(過去10年)

最高単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 3-2-3-17 12.0% 20.0% 32.0%
2番人気 2-2-1-14 10.5% 21.1% 26.3%
3番人気 2-3-2-11 11.1% 27.8% 38.9%
4番人気 0-3-0-11 0% 21.4% 21.4%
5番人気 1-0-1-14 6.3% 6.3% 12.5%
6~9番人気 2-0-3-34 5.1% 5.1% 12.8%
10番人気以下 0-0-0-19 0% 0% 0%

小倉記念の過去10年の出走馬について最高単勝人気1~4番人気に支持された馬は連体率が20%以上となっており、それに対して4番人気と5番人気の成績には大きな差があります。

予想するにあたって過去3走で単勝4番人気以内に支持された経験のある馬を選ぶと良いでしょう。

2017小倉記念の展望

カフジプリンスは昨年の菊花賞で3番人気に支持された人気馬です。ペースに乗るのが遅く勝ちきれないレースが続いています。

今回の小回りのコースはあまり適性のあるコースとは言えないでしょう。

陣営としても距離短縮で新しい活路を見出したいようですが…どのような走りを見せてくれるのでしょうか・

ストロングタイタンは前走の降級戦で手堅く勝利を収めています。小倉コースは得意とし好走が予想されます。重賞初勝利なるか!?

ヴォージュは3番人気に支持されましたが前走の七夕賞では9着と初めての重賞レースの洗礼を受ける結果となりました。

それでも先行できる脚質を持ち、55㎏とハンデも問題なく大判狂わせが期待できます。

ベルーフは昨年の2着馬です。2015年の京成杯を最後に勝利を収めることができず一歩届かないレースが続いています。

今回もハンデは57キロと厳しいレースとなるでしょう。

例年素直に1番人気が勝利を掴むことのない小倉記念。

小倉の夏に白熱のレースが期待されます。

小倉記念2017 登録馬・過去の傾向を調査 はコメントを受け付けていません。 重賞レース
今一番評判のいい競馬予想サイト 投稿!!うまライブ!
競馬予想サイト優良ランキング
競馬予想サイト優良ランキング