サウジアラビアロイヤルカップ2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査

2017年10月7日にサウジアラビアロイヤルカップが東京競馬場で開催されます。

出走格馬は今後に向けて賞金を加算したい一戦となるでしょう。

当記事では特別登録馬・予想オッズの他、過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを調査しました。

sauziarabiarc-1
2013年までオープン特別として行われていたいちょうSが2014年に重賞に格上げされ、翌2015年にサウジアラビアロイヤルカップに改称されて行われていますが、オープン特別のいちょうS時代を含めて、2歳の有力馬が集まる一戦として注目されています。

年末の2歳G1、そして来春のクラシックに向けて、ここで賞金を獲得して今後のローテーションを確かなものにしたいと考える陣営も多いでしょう。今回は、オープン特別時代のいちょうS(2007~2013年)と、新設重賞として行われたいちょうS(2014年)を含めた過去10年の結果をまとめ、好走する馬の共通点を調査しました。

サウジアラビアロイヤルカップの特別登録馬・予想オッズ

予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)
前走結果
3.4 ステルヴィオ ルメール 木村 ロードカナロア コスモス賞1
5.0 ダノンプレミアム 川田 中内田 ディープインパクト 1.48.7
8.5 テンクウ 北村 奥村 ヨハネスブルグ 新潟2歳3
8.8 スワーヴエドワード 四位 国枝 エイシンフラッシュ 1.52.3
10.5 カーボナード 岩田 栗田 ディープインパクト 1.35.3
11.1 ダブルシャープ 石川 米川 ベーカバド 札幌2歳3
11.7 シュバルツボンバー 福永 須貝 ディープブリランテ 1.34.2
12.0 ボウルズ 小牧 小崎 エイシンフラッシュ 1.38.3
33.3 バイオレントブロー 内田 佐々木 バゴ 1.35.9
35.5 ソイルトゥザソウル 田中勝 高市 ローレルゲレイロ アスター賞2
36.7 エングローサー 三浦 清水 トランセンド 新潟2歳4
37.1 ハクサンフエロ 石橋 シルポート 1.34.4
39.8 コスモインザハート 柴田 西園 ハーツクライ 札幌2歳5
40.8 ルッジェーロ 戸崎 鹿戸 キンシャサノキセキ アスター賞3
50.5 イイコトズクシ 柴田善 音無 キンシャサノキセキ ききょ3
55.1 マイネルサイルーン 津村 清水 キャプテントゥーレ 新潟2歳8
60.6 メルムサール 江田 田中 ヨハネスブルグ 1.36.6
65.1 タニノミステリー 松田 タニノギムレット 1.48.9
91.1 ニシノベースマン ノヴェリスト 野路菊8
105.8 スターリバー 大野 萱野 スクリーンヒーロー コスモス賞11

現時点での1番人気はステルヴィオ!

suteruvio
コスモス賞で圧倒的1番人気に応えて差し切りで完勝したステルヴィオ。ロードカナロア産駒ながら距離の適性幅の広さがあることも示しました。東京マイルは新馬でサトノオンリーワンを負かしている実力馬。

※予想オッズは2017年10月2日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

上位人気馬が優勢だが少し癖がある?

単勝人気別成績(対象とした10レース)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-4-2-3 10.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
3番人気 4-1-2-3 40.0% 50.0% 70.0%
4番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
5番人気 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
6番人気以下 0-0-2-60 0% 0% 3.2%

対象とした10レースの1着馬は全て単勝4番人気以内で、2着馬は全て単勝5番人気以内となっていますが、1着馬10頭のうち8頭は単勝3、4番人気で、2着馬は10頭中7頭が単勝1、2番人気というのが特徴的です。今年もその傾向を念頭に置いて馬券を組むと良いでしょう。

前走で好走をした馬が強い

前走の着順別成績(対象とした10レース)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 7-6-8-48 10.1% 18.8% 30.4%
2着 3-1-0-2 50.0% 66.7% 66.7%
3着 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
4、5着 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
6着以下 0-0-1-16 0% 0% 5.9%

前走で1着だった馬の、前走の2着馬とのタイム差別成績(対象とした10レース)

着差 成績 勝率 連対率 3着内率
タイム差なし 0-2-0-12 0% 14.3% 14.3%
0秒1~0秒2 3-2-4-20 10.3% 17.2% 31.0%
0秒3~0秒5 3-0-2-13 16.7% 16.7% 27.8%
0秒6以上 1-2-2-3 12.5% 37.5% 62.5%

対象とした10レースの連対馬20頭のうち、通算2勝を挙げていたのは2010年のいちょうS優勝馬ロビンフットと同年の2着馬エーシンブランだけ、出走馬の多くは通算1勝の馬でした。

そこで、前走の着順別成績を調べてみると、前走で1着だった馬が好成績をマークしています。前走が2着以下だった馬は全て初勝利を挙げた後に1戦以上していた馬でしたが、その中でも前走が2着だった馬が突出して好成績を収めています。

次に、前走で1着だった馬について、そのレースで2着馬につけたタイム差別に成績をチェックしてみると、2着馬とタイム差なしで勝利していた馬は14頭が該当したものの2着が2回あるだけでした。一方で、2着馬に0秒1以上の差をつけて勝利していた馬の成績が目立ちます。

早期デビューの馬が好走

7月上旬までにデビューしていた連対馬一覧(対象とした10レース)

年度 着順 馬名 デビュー戦
2010年 1着 ロビンフット 6月20日 函館
2着 エーシンブラン 7月4日 阪神
2011年 2着 ピタゴラスコンマ 6月19日 中山
2012年 1着 フラムドグロワール 6月9日 東京
2013年 1着 イスラボニータ 6月2日 東京
2着 ウインフェニックス 6月16日 東京
2014年 1着 クラリティスカイ 7月5日 中京
2015年 1着 ブレイブスマッシュ 6月7日 東京
2016年 1着 ブレスジャーニー 6月4日 東京
2着 ダンビュライト 7月9日 中京

対象とした10レースの連対馬について、デビュー戦の時期を調査しますと、2010年以降は7月上旬までにデビューしていた馬の連対が多いことがわかりました。2歳馬と成長途中なだけ今年も早い時期にデビューしていた馬には注目です。

瞬発力を見せていた馬に要マーク

34秒0以内の上がり3ハロンタイム(推定)をマークして3着以内に入った経験がある連対馬一覧(対象とした10レース)

年度 着順 馬名 該当レース
2007年 2着 スマイルジャック 2走前 新潟 新馬 33秒4 1着
2008年 1着 ダノンカモン 前走 新潟 新馬 33秒3 1着
2009年 1着 トーセンファントム 前走 阪神 新馬 34秒0 1着
2着 アーバンウィナー 2走前 新潟 新馬 33秒6 1着
2010年 2着 エーシンブラン 前走 阪神 ききょうS 34秒0 3着
2012年 2着 サトノノブレス 前走 新潟 新馬 33秒2 1着
2013年 1着 イスラボニータ 前走 新潟 新潟2歳S 33秒7 2着
2014年 1着 クラリティスカイ 前走 阪神 未勝利 34秒0 1着
2着 ネオルミエール 前走 新潟 新馬 32秒8 1着
2015年 1着 ブレイブスマッシュ 2走前 新潟 未勝利 33秒3 2着
2着 イモータル 前走 新潟 新馬 32秒9 1着
2016年 1着 ブレスジャーニー 2走前 東京 新馬 32秒9 3着

対象とした10レースでは、「34秒0以内の上がり3ハロンタイム(推定)をマークして3着以内に入った」という経験のある馬が、2011年のいちょうSを除いて連対しています。デビュー間もない2歳10月の時点ですが瞬発力を秘めた馬をチョイスすると良いでしょう。

2017年サウジアラビアロイヤルカップの検証

10月7日に2歳馬重賞のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)が東京競馬場で開催されます。今年で4年目となる歴史の浅い重賞ではありますが、過去の優勝馬にはブレスジャーニーやクラリティスカイ。2着馬にダンビュライトがいるなど来年のクラシック戦線を占う上でも注目の集まるレースです。

出世レースになるつつサウジアラビアロイヤルカップを制するのはどの馬でしょうか?

ダノンプレミアムがここから始動。新馬戦は2番手から抜け出し2着に4馬身差をつけ圧勝。タイムも1分48秒7と好成績。今季の2歳馬の中でも注目される1頭です。今レースではマイルへの距離短縮となりますが直線の長い東京なら問題ないでしょう。
休み明けの一戦となりますが今後のレースも踏まえて成績を残したいところ。

新潟2歳Sで2番人気3着のテンクウ。負けはしましたが上がり3Fはメンバー中最速の32.6。今回も前走と同じ左回りで直線の長い東京のマイル戦。好き走が期待されます。

すでにキャリアが5戦のダブルシャープ。地方馬ながらクローバー賞を勝利し、札幌2歳ステークスで3着など中央馬とも互角に戦っています。好走しても注目されないのは地方馬の欠点。今回は東京に舞台が替わり、時計勝負になった際に不安はありますが豊富なキャリアはプラスに働きそうです。

以上2017年サウジアラビアロイヤルカップの紹介をさせていただきました。ぜひ予想にご活用ください。

サウジアラビアロイヤルカップ2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査 はコメントを受け付けていません。 重賞レース
競馬予想サイト優良ランキング
競馬予想サイト優良ランキング