キーンランドカップ2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査

2017年8月27日にキーランドカップ(G3)が開催されます。

シリーズチャンピオンの座を狙うべく札幌に人馬が集結します。

当記事では特別登録馬・予想オッズの他、過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを分析しました。

2017ki-nrandokappu
2016年のキーランドカップを戸崎圭太が鞍上するブランボヌールが勝利を収め、サマージョッキーシリーズの獲得ポイントを31をマークし、最終的には41ポイントを獲得してシリーズチャンピオンとなりました。

競走馬を対象としたサマースプリントシリーズでも2006年に2着に入選sいたシーイズトウショウ、2010年に勝利したワンカラット、2013年に勝利したパドトロワと過去の連対馬から計3頭のシリーズチャンピオンが出ています。

下半期のビッグレースへつながる前哨戦であると共に、サマーシリーズの終盤の行方を占う重要な一戦です。当記時では函館・芝1200mで行われた2013年を含む過去10年のレース結果からキーランドカップの傾向を調査しました。

2017年キーランドカップの予想にご活用ください。

キーランドカップの特別登録馬・予想オッズ

予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 前走成績
3.0 モンドキャンノ 戸崎 安田 キンシャサノキセキ NHK9
3.3 ソルヴェイグ 川田 鮫島 ダイワメジャー Vマイル5
7.9 シュウジ モレイラ 須貝 キンシャサノキセキ 函館SS10
8.8 ナックビーナス 石川 杉浦 ダイワメジャー 高松宮8
11.0 フミノムーン 勝浦 西浦 アドマイヤムーン BBC1
15.9 ヒルノデイバロー 四位 マンハッタンカフェ UHB賞2
16.7 エポワス ルメール 藤沢 ファルブラヴ UHB賞7
17.8 イッテツ 藤岡 斉藤 インヴィンイブル UHB賞1
28.8 ネロ 中野 ヨハネスブルグ アイビス10
29.6 ノボバカラ 田辺 天間 アドマイヤオーラ 函館SS7
30.1 ブランボヌール 三浦 中竹 ディープインパクト 函館SS9
78.6 メイソンジュニア デムーロ 渡辺 Mayson CBC賞12
79.1 ライトフェアリー 内田 石毛 サムライハート HBC賞1

現時点での1番人気はモンドキャンノ!

2017ki-randokappu-2
昨年函館でデビュー勝ちしたモンドキャンノ。函館2歳ステークスで2着に入選した後に京王杯2歳ステークスを勝利におさめ、朝日杯FSを2着と今年の活躍を期待されていましたが、距離延長したスプリングステークスで敗れ、NHKマイルカップも結果を残せず苦しいレースが続きます。

休養を経て迎えるキーンランドカップで立て直したいところです。1200mへの距離短縮と経験のある洋芝でスランプ脱却なるでしょうか?

※予想オッズは2017年8月21日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

サマースプリントシリーズ対象レースでの実績に注目

「前年か同年のサマースプリントシリーズ対象レース」における連対経験の有無別成績(過去10年)

連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-5-6-18 17.1% 31.4% 48.6%
なし 4-5-4-107 3.3% 7.5% 10.8%

「前年か同年のサマースプリントシリーズ対象レース」において連対経験がなかった馬の、性別成績(過去10年)

成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 1-3-2-71 1.3% 5.2% 7.8%
3-2-2-36 7.0% 11.6% 16.3%

過去10年のキーンランドカップの3着内率馬30頭中17頭は前年か同年のサマースプリントシリーズ対象レースで連対の経験を有する馬でした。該当する馬は3着内率48.6%と好走をしています。

前年か同年のサマースプリント対象レースで連対経験のなかった馬のうち、牡・せん馬は3着内率7.8%と苦戦しています。さらに2010年以降では優勝例がありません。サマースプリントシリーズ対象レースの好走実績がない馬や牡馬・せん馬には注意が必要でしょう。

5歳以下の馬を選ぶのがベター

年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 2-1-1-20 8.3% 12.5% 16.7%
4歳 3-3-3-16 12.0% 24.0% 36.0%
5歳 4-1-4-25 11.8% 14.7% 26.5%
6歳 0-4-1-33 0% 10.5% 13.2%
7歳 0-1-1-20 0% 4.5% 9.1%
8歳 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
9歳以上 0-0-0-2 0% 0% 0%
5歳以下 9-5-8-61 10.8% 16.9% 26.5%
6歳以上 1-5-2-64 1.4% 8.3% 11.1%

過去10年のキーランドカップ勝ち馬10頭中、2008年を除いて9頭は5歳以下の馬でした。今年も基本的には若い馬が好走するでしょう。

コース適性が高そうな馬はチェック

「前年以降に札幌もしくは函館競馬場の芝1200mで行われた1600万下から上のクラスのレース」における連対経験の有無別成績(過去10年)

連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-6-6-41 14.5% 24.2% 33.9%
なし 1-4-4-84 1.1% 5.4% 9.7%

「前年以降に札幌もしくは函館競馬場の芝1200mで行われた1600万下から上のクラスのレース」において連対経験がなかった馬の、「前年以降に中山・中京・阪神競馬場のいずれかで行われた、1600万下から上のクラスのレース」における優勝経験の有無別成績(過去10年)

優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 0-3-4-36 0% 7.0% 16.3%
なし 1-1-0-48 2.0% 4.0% 4.0%

過去10年のキーランドカップ3着内率馬30頭中21頭は前年以降に札幌または函館競馬場の芝1200mで開催された1600万下から上のクラスのレースにおいて連対経験の馬でした。該当する馬の3着内率は33.9%と好成績を残しています。

なお、上記のレースで連対経験のなかった馬のうち前年以降に中山・中京・阪神競馬場のいずれかで開催された1600万下から上のクラスのレースでも優勝経験のなかった馬は3着内率4.0%と苦戦を強いられています。2010年以降に限定すると全て4着以下に敗れています。

前走に好走した馬は優勢

前走の着順別成績(過去7年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 6-5-4-28 14.0% 25.6% 34.9%
4着以下 1-2-3-59 1.5% 4.6% 9.2%

前走の着順が「4着以下」だった馬の、そのレースの条件別成績(過去7年)

前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
JRAのGI 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
JRAのGI以外 0-1-2-55 0% 1.7% 5.2%

過去7年のキーンランドカップの3着以内率馬21頭中15頭は前走で3着以内に入選していました。一方で4着以下に敗れた馬は3着内率9.2%と低い数字をマークしています。

なお、前走で4着以下に敗れた馬のうちそのレースがJRAのG1以外だった馬は3着内率5.2%にとどまっています。

2017年キーンランドカップの展望

サマースプリントシリーズの第5戦キーンランドカップが開催されます。スプリンターズステークスに向けた重要な一戦です。

今年のスプリンターズステークスやサマースプリントシリーズの王座を狙う馬が集結します。確固たる主役がいないスプリント戦線に新星の誕生となるでしょうか?

ヴィクトリアマイルで5着のソルヴェイグ。初のマイル戦でも期待されましたが、走りを見る限りマイルは距離がやや長かった模様。ソルヴェイグがもっとも力を発揮できる距離はやはり1200mでしょう。昨年のキーンランドカップでは4着。

今年は休み明けですがどのような走りを見せてくれるのでしょうか?

前走のアイビスサマーダッシュで10着と大敗を喫したネロ。今年の2戦は負けが続いており、ピークが過ぎた印象もあります。今レースは正念場の一戦となるでしょう。

ナックビーナスは前々走のオーシャンステークスで2着に入選。前走の高松宮記念ではG1の洗礼を受けることとなりましたが、今年に入ってからおおむね好成績をマークしています。前走の大敗で人気が集まらないので穴で狙ってみても面白い1頭です。

レッツゴードンキは今年の高松宮記念で2着です。前走のヴィクトリアマイルでは11着と苦い結果を残したことから、現状はスプリント戦のほうが良いでしょう。秋はスプリンターズステークスを目標としています。

キーンランドカップ2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査 はコメントを受け付けていません。 重賞レース
今一番評判のいい競馬予想サイト 投稿!!うまライブ!
競馬予想サイト優良ランキング
競馬予想サイト優良ランキング