オールカマー2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査

2017年9月24日(日)にオールカマーが開催されます。秋の古馬中距離戦線を展望する一戦です。

当記事では特別登録馬・予想オッズの他、過去のレースから予想に役立つ過去のレース傾向などを調査しました。

o-rukama-2017-1
オールカマーの過去10年では、単勝6番人気以下の馬は4頭しか連対しておらず、上位人気馬に支持された馬が手堅く好走する傾向があります。その一方で、3着には6番人気以下の馬が7頭入選しているポイントも特徴的です。

過去10年の結果を中心に、好走する馬の共通ポイントをピックアップしましたので、ぜひ、予想にご活用ください。

オールカマーの特別登録馬・予想オッズ

予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.6 ステファノス 戸崎 藤原 ディープインパクト 安田記念7
4.8 タンタアレグリア 蛯名 国枝 ゼンノロブロイ AJCC1
6.9 ルージュバック 北村宏 大竹 マンハッタンカフェ Vマイル10
6.9 アルバート 石橋 アドマイヤドン 天皇賞春5
9.4 モンドインテロ 田辺 手塚 ディープインパクト 札幌日1
12.9 カフジプリンス 矢作 ハーツクライ 新潟記3
36.7 グランアルマダ 津村 西園 ダイワメジャー 日本海1
37.6 ブラックバゴ 内田 斉藤 バゴ 五稜郭1
41.1 ツクバアズマオー 吉田豊 尾形 ステイゴールド 札幌記11
48.9 デニムアンドルビー 吉田隼 角居 ディープインパクト 鳴尾記6
57.8 ディサイファ 小島 ディープインパクト 札幌記12
66.6 マイネルミラノ 相沢 ステイゴールド 函館記11
87.1 マイネルサージュ 鹿戸 ハービンジャー 丹頂S4
107.6 マイネルディーン 鹿戸 ダンスインザダーク 福島TV5
112.6 ショウナンバッハ 柴田善 上原 ステイゴールド 関屋記念9
224.1 トルークマクト 大野 尾関 アドマイヤジャパン 新潟記17

現時点での1番人気はステファノス!

2017o-rukama--2
ステファノスは2014年の富士S以来、勝ち星をなかなかあげることができていませんが、G1の舞台で好走を続けています。格上げされた2走前の大阪杯でもキタサンブラックと0秒1差2着と激戦を演じ、実績はメンバー最上位です。

荻野助手は休み明けだが、ここ目標にしっかりと乗り込んできた。力は出せる仕上がり。能力はここでは上なので」とコメントを残しています。

※予想オッズは2017年9月21日時点のものです。こちらは馬券が発売された時点でのオッズとは異なりますのでご注意ください。

近走の単勝人気別成績をチェック

過去3走以内における芝のGⅡ・GⅢでの最高単勝人気別成績(過去10年)

最高単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 3-2-0-12 17.6% 29.4% 29.4%
2番人気 3-0-1-10 21.4% 21.4% 28.6%
3番人気 2-5-2-10 10.5% 36.8% 47.4%
4番人気 0-2-2-6 0% 20.0% 40.0%
5番人気 1-1-0-11 7.7% 15.4% 15.4%
6~9番人気 1-0-3-19 4.3% 4.3% 17.4%
10番人気以下 0-0-1-23 0% 0% 4.2%
該当レース不出走 0-0-1-20 0% 0% 4.8%

4・5歳の馬が好走

年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率  連対率 3着内率
3歳 0-0-0-2 0% 0% 0%
4歳 3-3-2-17 12.0% 24.0% 32.0%
5歳 3-4-4-37 6.3% 14.6% 22.9%
6歳 3-3-1-22 10.3% 20.7% 24.1%
7歳 1-0-3-16 5.0% 5.0% 20.0%
8歳以上 0-0-0-17 0% 0% 0%

過去10年のオールカマーの年齢別成績を調査しますと4歳馬が好走率でトップの数値を記録し、連対馬延べ20頭中19頭が4~6歳の馬となっています。過去6年に限定すると3着以内馬18頭中14頭が4歳と5歳の馬で締められています。近年は若い世代の馬が好走する傾向が強まっています。

出走馬数の少ない3歳を除けば若い世代の馬を選ぶのがベターでしょう。

近走の実績に注目しよう

過去4走以内における中山・芝コースでの最高着順別成績(中山競馬場で行われた過去9回)

最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 4-2-2-8 25.0% 37.5% 50.0%
2着 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3着 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
4着 0-0-0-4 0% 0% 0%
5着 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
6~9着 0-0-1-6 0% 0% 14.3%
10着以下 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
該当レース不出走 2-5-4-57 2.9% 10.3% 16.2%

新潟競馬場で施行された2014年を除く、2007年以降の過去9回の出走馬について過去4走以内における中山・芝コースでの最高着順別の成績を調査しますと、最高着順が1~3着の格組が好走をしています。過去4走以内に中山・芝コースのレースに不出走だった馬は3着以内に11頭いますが、好走率はいまいちです。

近走で中山・芝コースを経験し、かつ上位に入選した馬は要マークでしょう。

2017年オールカマーの展望

9月24日(日)にオールカマーが開催されます。天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、ジャパンカップへのステップレースです。今年も例年通り秋のG1に向けてオールカマーから始動します。毎日王冠や京都対大賞典に比べると見劣りするメンバー構成となりがちですがそれでもG2。今年も馬券的に面白い馬が揃いました。

今秋こそ悲願のG1制覇を狙うルージュバックがここから始動。前走のヴィクトリアマイルは10着と苦しいレースでした。東京コースとはいえ、マイル戦はやや忙しかったようです。今秋のエリザベス女王杯に向けて叩き台となる一戦ですが混合戦のほうが相性が良い馬です。距離やコース適性に問題がない分、好走が期待されそうです。

ステファノスもここから始動です。前走は得意としている東京コースで安田記念に参戦しましたが、マイル戦では7着と大敗を喫しました。今年も例年通りなら天皇賞(秋)と香港カップが目標になるでしょう。ステファノスは典型的な2000m馬なので、中山の2200mはこの馬にとって若干距離が長くなりますが秋に向けて実力を見せ付けたいところです。

アルバートはステイヤーズステークスを連覇している典型的なステイヤーです。この秋はメルボルンカップへの遠征を狙っています。適性距離的には京都大賞典でしょうが、日程や馬場を考慮しオールカマーに参戦。距離には不安がありますが、ここは叩き台として粘りたいところです。

モンドインテロは札幌日経OPを連覇。重賞では一歩届かないレースが続きますが、ここで重賞初制覇を狙います。今レースではそこまで強敵がいないだけに重賞初制覇のチャンス!?札幌で勝利していますので中山コースも適性問題はないでしょう。

今年のAJCCを勝利したタンタアレグリアが復帰しました。AJCCで重賞初勝利を飾った後、天皇賞(春)や宝塚記念を視野に入れたものの全休。オールカマーはAJCCと同条件なだけに期待ができそうです。

以上、2017年のオールカマーの展望を紹介させていただきました。是非予想にご活用ください。

オールカマー2017 登録馬・オッズ・過去の傾向を調査 はコメントを受け付けていません。 重賞レース
競馬予想サイト優良ランキング
競馬予想サイト優良ランキング