振込先が個人口座の競馬予想サイトは100%危ない

ネットバンクが主流になった現代では、直接金銭のやり取りを行わずに商品やサービスを購入することが日常的になった。

競馬予想サイトもその波に乗り、ほとんどの競馬予想サイトではネット上の銀行振り込みやクレジットカード決済を利用することができる。

ネットで決済

便利な世の中になったのはいいが、悪徳競馬予想サイトは常に便利や安心の中に潜伏し虎視眈々と私たちを狙っているのが現状だ。

今回は悪徳競馬予想サイトの詐欺手口である「個人口座での振り込み」を紹介する。

競馬予想サイトの中には決済方法が銀行振り込みのみしかなく、振り込み先が個人口座になっている競馬予想サイトがたまにある。運営責任者の個人名義の口座でも信用ならないのに運営とまったく関係のない個人名義の口座の場合すらある。

振込み先の名義が特定商取引法に基づき表記に記載されている法人名でないだけでも危険だろう。この場合は、特定商取引法に基づく表記に記載されている運営会社が実在しない可能性がある

口座名義の確認方法は、各競馬予想サイト「情報購入のページ」から「銀行振り込み」を選択し適当な情報の購入を選択すると振込み先口座の案内ページが表示される。

株式会社を示す「カ)」や有限会社を示す「ユ)」が表示されている場合だと個人名義の口座ではないが、特定商取引法に記載されている運営業者名と「カ)」や「ユ)」の後に続くカタカナ表記の名前が同じかどうかチェックしたほうが良いだろう。稀に違う場合もあるので注意が必要だ。

本当に特定商取引法に基づく表記に記載されている運営業者があるのなら運営業者の名前で口座を持っているのが一般的だ。

具体例をあげると競馬予想サイト「マスターホース」の振込先口座は法人口座ではなく個人口座となっている。

マスターホースはその理由として外部調査依頼による情報提供と言っているが鵜呑みにしないほうが良いだろう。

もちろん個人で予想を販売している方も中にはいるが、あたかも“競馬予想サイト”のように見せかけている場合もある。最悪な場合、ただの振り込み詐欺の可能性もある

そもそも何故「個人口座」での振り込みが危険なのだろうか?

悪徳競馬予想サイトが「個人口座」を指定する理由をあげると…

・以前に取得した法人口座が全て凍結してしまった
・最終的にバックレことを前提としているので足がつきにくい個人名義を選択する
・法人口座の審査が通らなかった

等々、決して振込側にポジティブな理由はない。

極まれに元々個人経営だったがが法人成りにより法人化し個人事業主の流れで個人口座を会社の口座として使っている事例もある。この場合、会社の取引のみに利用している口座は会社会計処理で、法人口座と同じく会計処理をし、決算書にも反映することで税務的に問題はない。

ただし、上記の場合は例外中の例外なので頭の隅っこに置いておく程度で良いだろう。

特に3つ目の「法人口座の審査が通らなかった」に関しては、現在、法人口座の開設は銀行での審査が必要で少しで不安要素のある会社には口座開設をさせない銀行の審査基準があり、悪徳競馬予想サイトのような詐欺サイトは審査に通らない。

また、サイト上から振込先口座を確認できない場合、その時点でアウトだ。口座を持っていても特定を避けるために表記を敢えて記載せずに電話を通して口頭で伝達するような悪質競馬予想サイトがある

もしそのような競馬予想サイトに入金することになった時は、口座を伝達された後、「一度確認する」と伝えて電話を切り、特定商取引法に基づく表記に記載されている運営業者名と口頭で伝達された口座名義が同じかチェックすると良いだろう。

もし運営業者名と口座名義が異なる場合はその競馬予想サイトとは絶対に関わらない方がいい。競馬予想サイトに矛盾を問い詰める方もいるかもしれないが、電話で口座名義を伝える競馬予想サイトは間違いなく危ない。電話越しで何を言われるかわからないし、逆に情報購入のキャンセル代を請求されるかもしれない。

運営業者と口座名義の矛盾が発覚した時点でその競馬予想サイトと完全に縁を切るべきだ。

その振込大丈夫?

最後に言いたいのは、振込前にもう一度「この競馬予想サイト、本当に信用できるの?」と冷静に考えてほしい。その講座に振り込んだお金は、もしかしたら戻ってこないかもしれないのだから。

それに競馬は結局ギャンブルだ。どんな有力な情報があっても、どんなに堅いレースであっても借金に困っている時などは行うべきではない。これは調査員の意見というより個人的な意見だ。

今一番評判のいい競馬予想サイト 投稿!!うまライブ!