振込先が個人口座になっている競馬予想サイトは信用するな

ネットバンクが主流になった現代では、直接金銭のやり取りを行わずに商品やサービスを購入することが日常的になった。

競馬予想サイトもその波に乗り、ほとんどの競馬予想サイトではネット上の銀行振り込みやクレジットカード決済を利用することができる。

ネットで決済

便利な世の中になったのはいいが、悪徳競馬予想サイトは常に便利や安心の中に潜伏し虎視眈々と私たちを狙っているのが現状だ。

今回は悪徳競馬予想サイトの詐欺手口である「個人口座での振り込み」を紹介する。

競馬予想サイトの中には決済方法が銀行振り込みのみしかなく、振り込み先が個人口座になっている競馬予想サイトがたまにある。
振込み先の名義が特定商取引法に記載されている法人名ではないだけでも利用は遠慮したいのに、代表者以外の個人名義の口座の場合すらある。
ちなみに確認方法は、各競馬予想サイト「情報購入のページ」から「銀行振り込み」を選択し進めていくと振込み先を確認することができるだろう。

株式会社を示す「カ)」や有限会社を示す「ユ)」が表示されている場合だと個人名義の口座ではないが、特定商取引法に記載されている会社名と違う場合もあるので注意が必要にだ。
もちろん、個人で予想を販売されている方にも中にはいるが、あたかも競馬情報”会社”のように見せかけている可能性も捨てきれないし、そもそもただの振り込み詐欺の可能性すらある。

そもそも何故「個人口座」での振り込みが危険なのだろうか?

悪徳競馬予想サイトが「個人口座」を指定する理由をあげますと…

・以前に取得した法人口座が全て凍結してしまった
・最終的にバックレことを前提としているので足がつきにくい個人名義を選択する
・法人口座の審査が通らなかった

等々、決して振込側にポジティブな理由は上がりません。

特に3つ目の「法人口座の審査が通らなかった」に関しては、現在、法人口座の開設は銀行での審査が必要で、 少しで不安要素のある会社には口座開設をさせない銀行の審査基準があり、悪徳競馬予想サイトのような詐欺サイトは審査に通らないだろう。

また、サイト上から確認できないならその時点でアウトだ。口座を持っていても特定を避けるために表記を行っていないところや、何にも記載せずに電話を通して口頭で伝達するところなど詐欺ばっかだろう。
そんな競馬予想サイトとは絶対に関わらない方がいい。

その振込大丈夫?

最後に言いたいのは、振込前にもう一度「この競馬予想サイト、本当に信用できるの?」と冷静に考えてほしいということだ。
その講座に振り込んだお金は、もしかしたら戻ってこないかもしれないのだから。
それに競馬は結局ギャンブルだ。どんな有力な情報があっても、どんなに堅いレースであっても借金に困っている時などは行う出来じゃない。
これは調査員の意見というより個人的な意見だ。

他の悪質・悪徳な競馬予想サイトの特徴

悪質・悪徳な競馬予想サイトの特徴
登録に電話番号が必要な競馬予想サイトには気をつけろ!
JRAの関連団体と思わせてくる競馬予想サイトは危ない!
全額返金保証がある競馬予想サイトは詐欺の可能性が高い
100万円以上の情報料金を扱う競馬予想サイトは危険!
利用料という名目で多額の料金を要求する競馬予想サイトを利用してはいけない!

今一番評判のいい競馬予想サイト
今一番評判のいい競馬予想サイト